1. トップ
  2. レシピ
  3. 冬のインナービューティーレシピ ~白菜・きくらげ・春菊の出汁浸し~

冬のインナービューティーレシピ ~白菜・きくらげ・春菊の出汁浸し~

  • 2015.12.27
  • 7723 views

こんにちは。インナービューティー研究家・フードコーディネーターの國塩亜矢子です。本格的な冬の寒さがやってきましたね。寒い冬はぽかぽか温まるお料理が恋しくなります。煮込み料理に欠かせない冬野菜といえば白菜!

そこで今回は白菜のビューティーポイントと、白菜が主役の冬のインナービューティーレシピをご紹介。妊活レシピとしてもおススメです! もちろん料理初心者さんでも失敗しらずの簡単レシピですよ。

冬といえばやっぱり白菜!

お鍋に、お漬物に、八宝菜などの炒め物に……なにかと便利な冬野菜といえばやっぱり白菜! クセがなくどんな食材とも合わせやすいおいしい白菜は、お財布にも優しいのがうれしいですよね。そんな白菜、一見たんぱくな食材に見えますが美容にうれしい栄養素もしっかり詰まっているんです。

カリウムが豊富

白菜には可食部100gあたり約200mgのカリウムが含まれています。カリウムはむくみの防止や高血圧症状の緩和に効果が期待されています。利尿作用もあり、老廃物の排出にも役立ちます。

ビタミンKが豊富

白菜には可食部100gあたり約59μgのビタミンKが含まれています。ビタミンKは血液の凝固をサポートするほか、骨の健康に大きく関わっているビタミンです。主に食べ物から摂取しカラダの中に入ってきたカルシウムを、きちんと骨の中にとり込むのをサポートする働きがあります。妊娠・出産後の女性や骨粗しょう症が気になる年配の女性は意識的に毎日の食事にとり入れましょう。

ビタミンCが豊富

白菜の外側、緑色の葉部分にはビタミンCが多く含まれています。ビタミンCは美肌作りだけではなく免疫力UPにも不可欠なビタミン。この時期は風邪など感染症が気になります。ビタミンCが豊富な食材を毎日とり入れ、免疫力をしっかり維持して健康なカラダを作りましょう!

白菜・きくらげ・春菊の出汁浸し

水分に溶けだしやすいカリウムやビタミンCを無駄なく摂取できる出汁浸し。栄養たっぷりのお出汁は残さず飲み干しましょう!

<材 料> 2人分

・ 白菜……8分の1個

・ 春菊……6分の1束

・ きくらげ……5枚

・ 出汁……約200ml

・ 薄口醤油……小さじ1

・ 七味……適宜

<作り方>

1: きくらげを水に浸して戻す(約10分)

2: 白菜、春菊はよく洗って約5cm幅に切る

3: 鍋に出汁、薄口醤油を入れ中火で温める

4: すべての材料を入れ、落し蓋をして白菜がくたくたになるまで中火で煮込む

<料理のポイント>

・ 出汁はカツオと昆布の出汁がおすすめです

・ 落し蓋をすることで少ない煮汁でもしっかり味が染み込みます

・ 食べる直前にお好みで七味を振りかけていただく

主役の白菜以外にも、鉄分豊富なきくらげ、ベータカロテン豊富な春菊を使ったシンプルな栄養満点のひと皿です。お肉やお魚などの主菜と合わせてぜひご活用ください。