1. トップ
  2. レシピ
  3. 見た目命!クリスマスにこそ“ビジュアルフード”簡単レシピ

見た目命!クリスマスにこそ“ビジュアルフード”簡単レシピ

  • 2015.12.18
  • 251225 views

今年のクリスマスイブ&クリスマスは平日ですが、クリスマスだからこそ、豪華に見える料理で家族やカレをもてなしたいのが女ゴコロ。『SAKURA』冬号では、忙しいけど、ちゃんとクリスマスの料理を作りたい方にぴったりのレシピがたっぷり!

手間をかけたようなおしゃれなレシピの数々に、「料理上手だね」と言われること間違いなしです。

その中から今回、実際に編集部スタッフが作ってみました。クリスマスケーキに負けない“ビジュアルフード”レシピ、全4つをご紹介します!

◆テク1◆ 「カッティングボード」にのせる!

ナチュラルな雰囲気のカッティングボードは、野菜との相性も抜群。他にもパンの上に具材をのせただけの簡単メニューも、ぐっと豪華に見えます。ボードに盛りすぎず、余白を残して盛るのがステキに見せるコツ。

\作ってみました/

★野菜のディップ&オープンサンドイッチ

(野菜のディップ)スナップえんどうは塩ゆでを。マヨネーズとマスタードを混ぜたソースを添えて。

(オープンサンドイッチ)お好みのパンを食べやすくカットし、その上に、チーズをのせ、ブロッコリースプラウトを挟んだスモークサーモンをオン。少量のブラックペッパーを散らして完成。

◆テク2◆「アボカド」ボードをつかう!

オードブルにもぴったりなアボカド料理は、皮をそのまま器として使用すれば、見た目もおしゃれな雰囲気に。デリ風のメニューになるので、おもてなしに最適です。

\作ってみました/

★アボカドメキシカンディップ

トマトを角切りに。アボカドを半分にカットし、果肉をスプーンでかき出してフォークなどでつぶします。そこに、玉ねぎのみじん切り、ライム汁(今回はレモンを使用)、にんにくのすり下ろし、オリーブオイル、塩、こしょう、チリパウダーを入れて混ぜます。アボカドの皮に、果肉を混ぜたもの、トマトを盛りつけ、ライムの薄切りものせます。コーンチップを添えて完成。

◆テク3◆「スキレット」でつくって出す!

今年大ブームの“スキレット”。調理してそのまま出せる調理器具は、SNSを中心に話題沸騰中。ビジュアル映えは文句なし。直火調理もオーブン調理もOKなので、幅広いメニューが楽しめます。

\作ってみました/

★ハッセルバックポテト

じゃがいもをよく洗い、皮のまま切り込みを入れます。切り落とさないよう、割りばしなどで平行に挟むとうまくできます。カットして出てきたでんぷんを水で洗い流し、水をふき取ったら、切り込みの間にバターを塗ります。上からオリーブオイルをかけて、オーブンでこんがり焼き色が着くまで焼きます。できたらパセリを散らして完成。

★マッシュルームと舞茸のアヒージョ

にんにくの芽を取りのぞき、包丁の腹でつぶしたものと、鷹の爪をオリーブオイルの中に入れて煮ます。にんにくが色づいてきたら、ローリエ、マッシュルーム、舞茸を入れて5分程度煮たら、最後に塩をさっとふって完成。

 

『SAKURA』2015年冬号では、他にも、手軽で華やかな“ビジュアルフード”レシピが満載です。準備に手間はかけたくないけど、いつもより豪華にしたいという方、必見。これなら、パーティ映え&SNS映えもバッチリです!(さとうのりこ)

『SAKURA』2015年冬号(小学館)