1. トップ
  2. ファッション
  3. 【本気】クリスマスまで1週間!勝負服を編集部スタッフが着てみた

【本気】クリスマスまで1週間!勝負服を編集部スタッフが着てみた

  • 2015.12.18
  • 3170 views

今年のクリスマスは金曜日。働いている人の中には、25日が仕事納め……という方もいるかもしれませんね。まあ、いずれにしてもクリスマス当日まで残り1週間です。

そこで『今日のインサイト』は、Woman Insight編集部のスタッフがリアルに着用予定の「男子ウケする“クリスマス勝負服”」をご紹介していきます。

*普通のスタッフが、モデルまがいのポーズをとってコーデ紹介をしておりますゆえ、どうか広い心でお読みいただけますと幸いでございます。

まずは、現役女子大生スタッフ、かすみまりなのコーデから。

「クリスマスのデート服と言えば、やっぱりワンピース! 特別な日なので、短めのスカート丈×薄いデニールのタイツにこだわりました。落ち着いている彼に合わせて、大人っぽい柄をチョイス。一緒にイルミネーションを見て、のんびり、大人のデートが出来たらいいなぁ」(かすみ)

 

身長が高めなので、普段はフラットな靴を履くことが多いようですが、「ミニスカートで脚をキレイに見せたいから……」と、ヒール靴を履くあたりにも、“特別感”を感じさせます。

 

お次は、Woman Insight編集部デスクの大野康恵です。

シチュエーションとしては、「ふたりデートの後に友だちにもカレを会わせたいんだけど……な、長丁場なクリスマスイベントでのコーデ」ということです。

「年下くんとのデートなので、気合いは入れたいけど入れすぎると引かれるかな~ということもを加味して、カジュアルになりすぎないデニムのワンピースで。冬だけど、“コートを脱いだらノースリーブ”はマスト(笑)。アクセサリーは盛りすぎないほうが好感度が上がる気がするのでパールを。少しでもスタイルよく見せたいからヒール靴も外せない。でも、太めのヒール&ストラップで、カジュアルさと女らしさも忘れずに」(大野)

 

スタイルがいいので基本的にどんなコーデも決まるのですが、そこをあえてのカジュアルダウン。メイクは、以前掲載した「ズームイン・ズームアウト」を参考にしているとか。髪も盛らず「全体的にやりすぎない」ことがポイント。

続いて、Woman Insight編集部が誇る“モテ”と“自撮り”の伝道師、松本美保です。

テーマは「カレとイルミネーションからのディナーデート」。

「冬の外は寒いので、コートの下には、しっかり厚手のニットをON。指先をちょこっとだけ出す“萌え袖”に、肩がざっくり開いたニットは、華奢さもアピールできる女らしさたっぷりの優秀アイテムです。加えて、ふんわりとしたミニスカでかわいらしさもプラス。足元はショートブーツにして、イルミネーションを見て歩くときの動きやすさも考えました」(松本)

 

コートを着ているときにはわからない、肩開きニットを仕込んでくるあたり、かなりの策士です。しかもメイクは、「クリスマスらしいキラキラなシャドウをつけて、イルミネーションなど夜の暗いシーンでも輝くようにしました」とのこと。すべてにおいてぬかりありません。

 

最後は、“非モテ”や“ドルヲタ”企画を通して、独自の「リア充」街道を突き進む、後藤香織。

テーマも独特です……「握手会やライブからデートも行けちゃう☆最強冬コーデ」。

「メンバーカラーのグリーンを全身にまとって、推しに愛をアピール。ピアスはファーが好きな推しメンを意識。ちなみにちょうどいいピアスが見つからなかったので、自作しました。 ライブでのお決まり『最後にみんなでジャンプするよー!』も、足元はフラットシューズなら怖くありません」(後藤)

 

実はこれ、アイドルとの時間をすごした後のカレとのデートでも、ちゃんと男子を意識したコーデ。デート視点で解説すると、こういう解釈になります。

「やっぱり気合いの入ったデートと言えば、ワンピース一択! 袖がひらひらしていて女子感たっぷり。二の腕もアピール。男子は揺れるアイテムとかふわふわが好きらしいのでファーピアスもベストかと。そして身長が高め(164cm)なので、カレの身長を越さないように&歩きやすいようにキレイめフラットシューズで。ちなみに、ピアス・パールネックレス・靴は白でそろえて統一感を出しています」(後藤)

 

いかがでしたか? 実際のところ、Woman Insight編集部はクリスマス当日、仕事納めのためおそらく原稿に追われているかと思います。このようなコーデで街を闊歩し、美味しいディナーをいただいていない可能性もありますのであしからず。みなさんは楽しいクリスマスをおすごしくださいね。(さとうのりこ)