1. トップ
  2. グルメ
  3. アリスがゆく!女子旅で人気急上昇。鳥取県グルメを食べ尽くしました!

アリスがゆく!女子旅で人気急上昇。鳥取県グルメを食べ尽くしました!

  • 2015.12.17
  • 962 views

アリスがゆく!女子旅で人気急上昇。鳥取県グルメを食べ尽くしました!

【アリスがゆく!】Vol.13 文・斉藤アリス

こんにちは! 旅が大好き、モデルの斉藤アリスです。第6回目の旅の目的地は「鳥取県」。

いま観光に一番力を入れている県といわれる鳥取県。その真偽を確かめるべく現場へ直行! 旅の前半では鳥取県でやりたいアクティビティの魅力をたっぷりお伝えしました。

後半では、鳥取の最新グルメ情報をご紹介! 前回に引き続き、アンアン総研から旅が大好きな3人娘が参加してくれています。案内人&カメラマンは毎度おなじみ私、斉藤アリスがお送りします。

超お得!蟹づくしランチ

鳥取県は蟹の水揚げ量が日本一って知っていましたか?

「え! 蟹といえば北海道じゃないの?」と思った方。実は北海道で多く収穫されるタラバガニは、生物学上はヤドカリ科に分類されるため、蟹ではないのです。

山陰沖に広がる日本海は、大きくて身の締まった蟹がたくさん採れることで知られています。鳥取県の水揚げのほとんどを占めるのがズワイガニとベニズワイガニ。その中でも蟹の王様と呼ばれる「松葉ガニ」を、お特にお腹いっぱい食べられるお店があると聞いてさっそく行ってきました。

左から、斉藤アリス、御堂もにかさん(No.151)、五位渕のぞみさん(No.158)、尾谷萌さん(No.063)。 鳥取市賀露町という漁港場の海沿いに位置する『お食事処 若林』。大きな蟹のオブジェが目印のお店は、1階が鮮魚の販売所、2階と3階がお食事処となっています。

かにランチ(1,750円) 11月から2月末まで食べれられるのが、お昼限定の蟹ランチ。『若林』は母体が蟹の卸問屋だから、おいしくて新鮮な蟹がお得にいただけるんです。

焼きガニ、茹でガニ、カニ汁、カニ味噌とまさに蟹づくし! 蟹の美味しいところを一度に全部堪能できちゃうんです。さらには、サバの味噌煮やらお刺身やらまで付いてきて、見るからにボリューム満天。こんなにたくさん、アンアン総研メンバーは食べきれるのでしょうか?

蟹を食べると無言になるって本当でした。 私の心配をよそに蟹に食らいつくメンバーたち、頼もしい。殻を外すと中にはたっぷりのカニ味噌と卵。蟹も然ることながら、おまけだと思っていたサバの味噌煮の美味しさに箸が止まらない4人でした。

五位渕さん 「市場で見た親ガニでも一匹1000円だったのに、これ全部で1,750円はコスパよすぎでしょ。お腹いっぱいなのに止まらない!(笑)」

新B級グルメ! 牛骨ラーメンバーガー

日本人のソウルフードといっても過言ではないラーメン。しかしどんなにラーメンが進化しようとも、ベースとなるダシに使うのは決まって豚骨か鶏ガラ。そんな中で鳥取県ではなんとダシを牛骨から取るというのです。その名も『牛骨ラーメン』。そんな鳥取のご当地グルメをさらに進化させた一品がいま話題沸騰中なんです。

牛骨ラーメンバーガー(500円) これがこちら、牛骨ラーメンバーガー。牛骨ラーメン専門店『たかうな』のご主人・山根武さんが研究に研究を重ねて開発した、この店だけの自慢の一品なんです。ラーメンの麺をバンズにして、自慢のたれで煮込んだチャーシューと煮卵に見立てた目玉焼きをサンド。ネギとモヤシをアクセントに、自家製牛骨スープから作ったソースでこだわりの味を表現しています。

麺や具材はラーメン一杯分と同じ量。 いざ、実食! インパクト勝負のB級グルメと思いきや、予想以上の繊細な味にメンバーもこの表情。ラーメンどんぶりの中のさまざまな具材のハーモニーがバンズの中で完全再現されています。実はこのバーガー、2012年の鳥取バーガーフェスタにて、モスバーガー賞なるものを受賞しているんです。あのモスバーカーも認めた味。ラーメン一筋、この道21年の主人の本気に脱帽です。

スープにINで、ラーメンに変身! さらにさらに、バーガーを頼むと付いてくる牛骨スープを使えば、ラーメンとして楽しむこともできちゃうんです。一度で二度おいしいとはまさにこのこと。お店は山陰道・琴浦東ICから車で2分のところにあるので、車での遠出にサクッと寄って腹ごしらえにもってこいです。

尾谷さん 「正直、出落ち予想で味への期待をしていなかったから、本当に美味しくてビックリ!! サッカー観戦が趣味でスタジアムへよく行くのだけど、これは片手で簡単に食べられるからスタジアムで売ってたら嬉しい」

産みたて卵のふわふわパンケーキ

緑豊かな鳥取県の南部に、極上のパンケーキが食べられる場所があると聞いた一行。そうと聞いたらもちろん行かないわけには行きません。JR鳥取駅から車で約30分、山裾の緑に囲まれた大自然の中にオシャレな建物を発見。

緑に囲まれたココガーデン 養鶏場直営のスイーツショップ&カフェ『cocogarden』。

カフェの側にある養鶏場『大江ノ郷自然牧場』では、平飼いにこだわった養鶏方法で、砂浴びをしたり日光浴をしてのびのびと鶏を育てています。エサには合成添加物を使わないなどの徹底ぶりで、丹念に作られた「天美卵」は全国から注文が殺到する人気のブランド。その採れたて新鮮卵を使った牧場スイーツが、この『cocogarden』で食べられちゃうんです。郊外にも関わらず、カフェは開店前から行列ができる程の人気っぷり。これは期待できそう!

大江ノ郷パンケーキ(680円)、林檎のパンケーキ(1,080円) こちらが一番人気のパンケーキ。焼き上げる直前に天美卵をメレンゲして作られた生地は、ふわっふわで溶けるような口どけが特徴。とても軽いので2枚の厚焼きパンケーキもあっという間にペロリと平らげた4人。

たまごかけご飯セット(580円) 「パンケーキでこんなにおいしいんだから、卵そのものも食べてみたい!」というメンバーの声で天美卵をダイレクトに味わえる卵かけご飯も注文することに。1日30食限定のこだわりセットは、有機無農薬栽培のコシヒカリと、天美卵のために作られたお醤油『天のしずく』の最強タックでいただく極上の卵かけごはんなのです。

卵かけごはんが大好物なアリスと尾谷さん。 アリス 「黄身が濃厚で甘くておいしい! 卵が新鮮だから生臭さがまったくなくて、お箸ですぐには割れないくらい弾力が強い。それに山間の緑溢れるこの場所が心地よくて、より一層美味しく感じちゃう」

湖に浮かぶ癒し系カフェ

山の自然を堪能したあとは、今年できたばかりのとっておきの場所へ。JR松崎駅から徒歩1分、湖のほとりにあるカフェ『HAKUSEN』は、カフェマニアの間で噂になっている、いま注目のスポットなんです。

白を基調としたシンプルな内装。 実はこちらの店主・小島さんは、カフェブームのはじまりとも言われる栃木県の那須にある『SHOZO CAFE』で昨年まで店長をしていたそう。そして、そのカフェの近くにあった古本屋『白線文庫』を営んでいたのが奥さんの小島佳織さんだったんです。

子供から大人まで安心して食べられるものを手作り。

さまざまな本を販売するコーナーも。 2人は新しい家族が増えたのを機に、佳織さんの実家である鳥取県へ拠点を移し、2015年7月にこのお店をオープン。そんな2人が営むカフェには焼き菓子や珈琲豆のほかに、佳織さんの揃えた本が一緒に販売されています。本もお菓子も見ているだけで心がほっこりするものばかり。

「本は古本も新刊も、世界を知る本、読むと新しい自分に出会えるような本、置いているだけでうれしくなってしまうような美しい本、そんな本を選んで置いています」と佳織さん。

チーズケーキ、テリーヌ・ショコラ、マサラチャイ。 「まず自分たちが心からおいしいと感じるかどうかを大切にしています」と語るご主人の手作りスイーツは、どれもきめ細やかで優しい味。濃厚なテリーヌ・ショコラには岩塩が添えてあったりと、ところどころにお洒落なアクセントが効いています。

まるで湖の上に浮かんでいるみたい! そして、このカフェの最大の魅力ともいえるのが店内からの眺め。すべての席から湖が一望できるんです。というか、湖の上に浮かんでるみたい! 屋形船ならぬ、屋形船カフェ。

御堂さん 「窓のすぐ側で白鳥の親子が仲良く泳いでいたりするのをボーッと眺めたりしていました。観光に疲れたときにホッと一息つく場所にはピッタリ」

以上。鳥取の旅はこれでおしまい。

鳥取県の魅力はなんと言っても、自然に恵まれたその地形。砂漠に山に海、すべて揃っているからグルメも充実しているんですね。今回も大満足の旅になりました。

帰りは米子鬼太郎空港から出発。 次はどこへ行こうかな? まだまだアリスの旅はつづく・・・

最後に白兔神社でお参り。

Information

紹介したお店はこちら

お食事処 若林

住所:鳥取県鳥取市賀露町北1-8-12

営業時間:11:00~21:00

定休日:不定休

電話:0857-31-1178

たかうな

住所:鳥取県東伯郡琴浦町下伊勢527-6

営業時間:11:00〜15:00

定休日:月曜日

電話:0858-53-2550

大江ノ郷自然牧場 cocogarden

鳥取県八頭町橋本877

営業時間:10:00〜18:00

定休日:年中無休

電話:0120-505-606

HAKUSEN

住所:鳥取県東伯郡湯梨浜町旭127-2 HAKUSEN Bld.1F

営業時間:9:30〜17:30

定休日:日曜日・水曜日

電話:0858-32-1033

鳥取県への行き方

飛行機をご利用の場合

羽田空港⇒(約1時間20分)鳥取空港

新幹線:片道15,690円〜

鳥取県観光連盟HP