1. トップ
  2. 恋愛
  3. 新生カップル、破局、復縁も。セレブの冬の恋物語 2015。

新生カップル、破局、復縁も。セレブの冬の恋物語 2015。

  • 2015.12.11
  • 1107 views

【さらに写真を見る】新生カップル、破局、復縁も。セレブの冬の恋物語 2015。

新たな恋から散りゆく恋まで、今年も絶えずメディアを賑わせたセレブたち。寒さを吹き飛ばすほどラブラブなカップルもいれば、楽しいホリデーシーズンだからこそ好きではない人と過ごしたくないという駆けこみ破局をするカップルまで、今一番ホットなハリウッド冬の恋物語をお届けします。

クリスマス前に大物カップルが誕生。ゼイン・マリクとジジ・ハディッドの熱愛発覚!

今年の6月から交際をしていたジョー・ジョナスと5カ月の恋を経て破局をした20歳のジジ・ハディッドに新恋人が登場。そのお相手はなんと、元ワン・ダイレクションのメンバーで22歳のゼイン・マリク。2人は11月に行われたアメリカン・ミュージック・アワードのアフターパーティで熱愛が発覚し、その後手つなぎデートの様子がパパラッチされて噂は本当だと大騒ぎに。互いに交際を公には認めていないものの、食事やデートを重ねて早数週間経過している。さらに、今月ジジの母親でモデルのヨランダ・フォスターが、2011年に再婚したデヴィッド・フォスターとの離婚を発表。ライム病と闘っている母が再び独身になることをジジはとても心配しており、離婚に対して感情的になりがちな彼女を、ゼインが全面的にサポートしているのだという。この恋がホリデーシーズンの気分に流された一時的なものなのか、あるいは真剣交際なのか。しばし見守っていきたいところだ。

メアリー・ケイト・オルセン、ついに17歳年上の恋人とゴールイン!

ファッションブランド、ザ・ロウ(THE ROW)エリザベス & ジェームス(ELIZABETH&JAMES)のデザイナーとして活躍しているメアリー・ケイト・オルセンが、前フランス大統領ニコラ・サルコジの異母兄弟で、投資会社重役のオリヴィエ・サルコジと結婚した。2人は2012年に交際をスタートさせ、その後も順調に愛を育んできた。交際当時フランスではオリヴィエの兄のニコラ・サルコジが大統領だったこと、またメアリー・ケイトが26歳、オリヴィエが43歳という年齢差も大きな話題になっていた。

2人はニューヨークの邸宅で挙式を行い、招待客約50名には事前に携帯の電源をオフにするように指示。そして野外でカクテルを楽しんだ後、屋内に移動してディナーを楽しんだという。メアリー・ケイトの妹のエリザベス・オルセンも「とても私的なことだけれど、8年間ニューヨークで暮らして最近こっち(ロサンゼルス)に引っ越してきたばかりだから、また結婚式でニューヨークに戻れるのは嬉しいわ」と語った。式は携帯禁止だった変わりにタバコを解禁。メアリー・ケイト自身もヘビースモーカーのため、かなりの量のタバコが一夜にして消費されたそう。本来2人はもっと早く籍を入れたかったが、莫大な資産を抱えるメアリー・ケイトだけに、婚前契約に時間がかかりこのタイミングになったんだとか。とはいえ、今年は家族が増えて楽しいクリスマスになることは間違いない!

エリザベス・オルセンとトム・ヒドルトンの恋の行方はいかに!?

メアリー・ケイト・オルセンが結婚をし、オルセン一家にとっては今年のホリデーシーズンはおめでたムードなはずだが、3歳年下の妹エリザベス・オルセンのラブライフに関してはタフな1年だった模様。と言うのも、年初めには約3年間交際をしていたボイド・ホルブルックと婚約解消。シングル市場に戻りキャリアに邁進しているなか、新作映画『I saw the Light(原題)』の共演相手でもあるトム・ヒドルストンと出会い、密かにデートを重ねているという熱愛報道が流れたのだ。エリザベスはすぐにこの噂を「仲の良い友だちの1人で、一緒にディナーを食べに行っただけ」と否定。しかし、オルセン一家は双子の姉たちが幼いころからショービジネスにいるためプライベートは秘密主義で、家族のことや恋人のことをなかなか話さないことでも有名だ。頻繁に食事にも行っていたため、デートをしていたのは確実という声が高い。一部のゴシップ誌やネット上では、2人がつき合っていることを堂々と公にすべきというオープンな考えのトムに対し、エリザベスは踏ん切りがつかず考え方の違いからエリザベスの方から別れを告げたのだという。いずれにしろエリザベスはやはり、今は恋よりも仕事に集中したいのかも。

ザックと恋人のサミがお忍びで日本へ。寿司にパチンコに寺院巡りで大満喫!

今年の9月に交際1周年をお祝いしたザック・エフロンと恋人のサミ・ミロ。モデル、ビジネス・ウーマン、スタイリストというさまざまな顔を持つ28歳のサミは、同い年のザックとこの1年の間にヨーロッパやメキシコなどさまざまな国に旅行をしている。そんなカップルの今秋の渡航先は、なんと日本だった。完全プライベートのお忍び旅行となったこの旅では、東京の地下鉄を乗り回して渋谷に出没し、パチンコ店で「冬のソナタ」を体験。寿司やラーメンを堪能した後、京都で寺院を巡った。かなり精力的に動きまわり、日本を大満喫したようだ。もちろん、各所で2人のラブショットもインスタグラムにアップしており、仲睦まじい様子が伝わってくる。当初ザックとサミの恋の噂が立ったときには批判的な声も多く聞かれたが、大スターでありながらバックパッカーのように旅をする2人の姿に、今ではお似合いのカップルだという声も。サミの人柄がザックを自然体にさせているのだろうという意見も多く聞かれる。一部では来年辺り結婚も視野に入れているのではないかという噂も上がっているので、このカップルの動向から今後も目が離せない!

元夫の浮気で離婚のグウェン・ステファニーにひと足早い春が到来。

今年の8月に約13年間連れ添った夫のギャヴィン・ロズデイルと離婚を申請したグウェン・ステファニー。2人の間には3人の息子がおり、ハリウッドのオシドリカップルとして有名だったけれど突然の破局が報じられた。その原因はギャヴィンと一家の子どもたちの世話係との、3年にも渡る不倫関係にあったことだという。もともと女好きで知られるギャヴィンは、24歳のときにイギリス人デザイナーのパール・ロウと関係を持ち、デイジー・ロウが誕生している。子どもたちの親権は母親であるグウェンが持つことになるはずだが、今後も様々な手続きが控えており、彼女にとってはとんだ1年になってしまった。しかし悲しみの後にはすぐに幸せが到来。なんと6歳年下で39歳のカントリー歌手ブレイク・シェルトンとの恋が発覚したのだ。2人はオーディション番組『ザ・ヴォイス』を通じて知り合い、意気投合。当時はまだ交際前ではあったものの、全米TVショーで行われた口パク歌対決ではラブソングの『エンドレス・ラブ』をデュエットし、親密な様子を漂わせていた。当初グウェンの華やかなハリウッドライフスタイルにブレイクが対応できるのかという声もあったが、実際は彼女の友人たちも温厚なブレイクの人柄を絶賛しているとのこと。今年のクリスマスバケーションは、一緒に旅行をするのかが気になる!

50歳目前。ハル・ベリーとオリヴィエ・マルティネスが離婚。

ハル・ベリーとオリヴィエ・マルティネスが約2年の結婚生活にピリオドを打った。2人には2歳になる息子のマセオ君と、ハルと前恋人ガブリエル・オーブリーとの間に出産した7歳の長女ナーラちゃんがおり、子どもたちのためにも円満離婚を望んでいるという。しかしお互いに短気な性格であること、また息子の親権を巡りハルは、「勝手にLAの外に連れて行ってはいけない」など、いろいろと条件をつけているそうで、円満で別れるためにはお互いにどこまで辛抱できるかが鍵となっているようだ。米『ピープル』誌などによると、夫婦の離婚の直接的な原因は、結婚した後フランスに移住する手続きを行っていたカップルを、元彼のガブリエルが妨害。裁判により娘の父であるガブリエルの権利が尊重され、ナーラちゃんのフランス移住が不可能となった。そのため一家はアメリカに残らざるをえないという事態に。しかしLAでの生活は生粋のフランス人のオリヴィエに合わず、ストレスは溜まる一方。さらにハルは働きづめで家族とともに過ごす時間が少なく、夫婦の間に深い溝が刻まれていった。離婚後は収入格差のあるカップルだけに、オリヴィエがハルから慰謝料を手にするなどの噂も。ちなみにハルは元彼のガブリエルにも多額の養育費を支払っている。

参照元:VOGUE JAPAN

元記事を読む