本当においしいの?「ホットヨーグルト」の効果と正しい摂り方

街のいたるところでクリスマスソングが流れはじめ“1年の終わり”を感じるこの頃。2015年がはじまったときには「○㎏痩せる!」と宣言したものの、痩せるどころかブクブク太ってしまったという人も多いのでは?

アサイーが流行ればアサイーを食べて、スムージーが人気になればスムージーばかり飲んで……いつまでもそんなダラダラな毎日を送り続けていると、今よりも年を重ねたときに後悔することになりますよ!

全身が本格的にたるむ前に、一度スリムな体型にしておきたいですよね。最近、女性から人気を集めているものといえば「ホットヨーグルト」。美容・健康ともに効果があるといわれていますが、具体的にどんな働きがあるのか、どのようにして摂取すればいいのか、意外と分からなかったりしませんか?
そこで今回は「ホットヨーグルト」の効果と正しい摂り方についてご紹介してまいります♪

■ホットヨーグルトの作り方

作り方は至って簡単♪
プレーンのヨーグルトを用意しておき、水を大さじ1、ハチミツを混ぜて、あとは電子レンジ(500w)で1分ほど温めるだけ。味つきのヨーグルトにすると、食べづらくなってしまうので、必ずプレーンを用意しましょう。また、加熱しすぎると、乳酸菌そのものが死滅するので、温めすぎないように気をつけて!

はちみつを足しただけではちょっと…という場合は、冬にピッタリの生姜やシナモン、バナナを入れると、さらに食べやすくなります♪そのときの気分に合わせて、ホットヨーグルトをアレンジしていきましょう。

■ホットヨーグルトに期待できる効果とは?

(1) 腸内環境をサポート
ホットヨーグルトには乳酸菌が含まれています。この乳酸菌は、皆さんもご存知の通り、腸内環境を整える働きがあるといわれており、便秘解消にも期待できます。もちろん、日頃ダイエットに関心がある人にもオススメですよ♪

(2) 体ポカポカ!代謝もUP!
ヨーグルトを冷たいまま食べると、体が冷え切ってしまいます。手間は多少かかりますが、一度温めることによって食べてからも体がポカポカ。体全体の代謝も上がるため、脂肪も燃焼しやすくなります。

■デトックス重視なら夜がベストタイム!

ホットヨーグルトの効果が分かっても、どのタイミングでとればいいのか分かりませんよね。
基本的に自分の好きなタイミングでとって構いませんが、どちらかというとダイエット重視であれば朝、便秘を解消したい場合は夜がオススメ。

腸内環境を整えたいなら、夜の22時~2時の間に摂取した方がいいでしょう。この時間帯は、腸内運動が最も活発になるときといわれており、ホットヨーグルトを摂取するにはベストタイミング♪
ただし、プレーン以外のヨーグルトを選んでしまうと、ただカロリーを摂取しているだけになるので気をつけてくださいね。

いかがでしたか?
ホットヨーグルトは人によって好き好き。なかには温めると食べづらいと感じる人もいるでしょう。温かいヨーグルトに抵抗がある場合は、少しでも食べやすいようにフルーツやハチミツを入れて調整してみましょう♪

元記事を読む
提供元: GODMake.の記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理