1. トップ
  2. メイク
  3. ざわちんの“エビちゃん”マネメイクが、完コピすぎてやばいレベル!

ざわちんの“エビちゃん”マネメイクが、完コピすぎてやばいレベル!

  • 2015.12.8
  • 49225 views

現在発売中の『AneCan』1月号の別冊付録で、あのざわちんが、“エビちゃん”こと蛯原友里さんに!?と、話題沸騰中!

ざわちんのマネメイクの始まりは、中学3年生のとき。「桐谷美玲さんが好きすぎて、『桐谷ちゃんみたいになりたい!』ではなく『桐谷ちゃんそのものになりたい!』までつきつめた」結果、いまでは、マネメイクの元祖とも言われる存在に。

そんなざわちんが、大人の上品さと女性らしさを兼ね備えた蛯原友里さんのマネメイクを大公開。この完コピぶりは、驚異レベルと編集部スタッフも絶賛。


蛯原友里さんのメイクのポイントは、「上がりめ直線眉」と「輪郭を強調したアーモンドのような目」。どうやってメイクを仕上げたのか、早速見ていきましょう!

[How to Make-up]

輪郭を強調した“アーモンドアイ”をつくる

(1)まぶた全体に薄いベージュのシャドウをのせて、なじませます。上から色を重ねるので、ごく薄めに。

(2)次に明るめのオレンジブラウンをアイホールに重ね、さりげない立体感を。

(2)まぶたの二重幅に、ベージュブラウンと濃いブラインをブレンドした締め色をのせます。二重幅よりやや広めに。ただし強すぎないカラーにしましょう。

(4)下まぶたに明るめのオレンジブラウン(2で使用)をふわっとのせて、“涙袋”の下地をつくります。

(5)続いて、涙袋の下を明るめのブラウンのアイブロウペンシルでなぞり、ぷっくり感を強調します。

(6)上まぶたにアイラインを。黒のリキッドライナーで、まぶたに沿ってキワ全体に細く入れます。目尻は自然に、1~2mm延長します。

(7)ブラウンのアイペンシルでインラインを。目頭と下の目尻に入れ、目の形を際立たせます。

(8)ビューラーでカールをつけてから、黒のマスカラを上下たっぷりのせてパッチリとさせましょう。これでアイメイクは完成です。

 

続いて、「アイブロウ」! ざわちんメイクいわく、「ヘアと眉を完コピすれば、8割似せられる」とのこと。眉もしっかりメイクアップしていきますよ。

眉山は後ろの位置に設定。淡太の直線眉に

(1)眉はまず、下のラインを先に決めます。目と近い目頭の位置から、角度をつけて上がりめに描きます。

(2)眉尻のあたりに眉山がくるように、眉の上のラインを描きます。なるべく直線眉を意識しながら描くとうまくいきます。

(3)眉頭を中央よりにして角をつけるように作り、内側をペンシルで少しずつ埋めて色をつけます。

(4)はみ出た眉毛は、綿棒につけたコンシーラーで消せば完璧。

(5)明るめのブラウンのアイブロウマスカラで上から色をなぞり、毛流れを整えつつ、淡い印象に。

 

頬は、薄めのピンクピーチを選び、頬骨に沿うように楕円形にのせます。肌に溶け込ませながら、落ち着いた血色感を出すのがポイント。

さあ、いかがですか? エビちゃんになれなくても、このメイクテクで、エビちゃんみたいなエレガントな雰囲気の表情に仕上がるはず♪

『AneCan』2016年1月号の別冊付録「美女マネ★メイクBook」では、他にも、AneCanモデルや読者のみなさんが、井川遥さん、石原さとみさん、北川景子さん、佐々木希さん、柴咲コウさん、ローラさん、中村アンさん……と、7人の美女にメイクで大変身しています。ハイレベルなマネメイクは、必見です!(さとうのりこ)

★今夜は「5→9」放送日♪石原さとみ&中村アンのなりきりメイク教えちゃいます

『AneCan』2016年1月号(小学館)