1. トップ
  2. 恋愛
  3. 飛行機に乗らなくてもOK!日常でマイルを貯める3つのコツ

飛行機に乗らなくてもOK!日常でマイルを貯める3つのコツ

  • 2015.12.4
  • 7295 views

日常生活で貯めたマイルで毎年海外旅行ができたら最高ですよね。実際、頻繁に飛行機に乗らない人でも、やり方次第でたくさんマイルを貯めることは可能なんだとか。ポイント交換案内サービス『ポイ探』を運営、All Aboutの「ポイント・マイル」ガイドを務める菊地崇仁さんに、マイルの貯め方のコツを伺いました。

飛行機に乗らなくてもマイルは貯まる

そもそもマイルとはどんなものなのかを、まずは教えてもらいました。

「マイルとは、航空会社が行なっているマイレージプログラムのポイントのこと。マイレージが貯まるカードを持って、飛行機に乗ったり買い物をすると、マイルが貯まり、特典航空券などに交換することができます。うまく利用すれば、普段全く飛行機に乗らない人でも日常生活のみでマイルを貯めて、特典航空券で旅行に行くことは可能です。」(菊地さん)

日常でマイルを貯めるには、航空会社が発行しているクレジットカードを持つ必要があります。

「ただし、特典航空券に交換できるほどマイルを貯めるには、意識的に取り組まなければなかなか貯められません。ANAやJALの特典航空券は国内線の片道でも5,000マイル以上は必要です。年間5,000マイル貯めて3年間で15,000マイル。15,000マイル以上あれば、国内ならほとんどどこでも往復できるでしょう。マイルの有効期限が3年なので、その間に戦略的に貯めていく必要があるのです。」(同)

<主な目的地の必要マイル数> ※エコノミーの場合

東京→沖縄(往復)

ANA:18000マイル(レギュラーシーズン)

JAL:15000マイル

東京→ホノルル(往復)

ANA:40000マイル(レギュラーシーズン)

JAL:40000マイル

東京→バンコク(往復)

ANA:35000マイル(レギュラーシーズン)

JAL:35000マイル

【コツ1】年会費プラスαを支払うことで貯めやすく

まず最初に覚えておきたいのは、JALカードもANAカードも、年会費によって貯まりやすさが変わるということ。どちらも、最も一般的なクレジットカードで年会費が2,000円です。でも、年会費2,000円のカードの移行レートでは、マイルを大きく貯めるのが難しいといいます。

「JALカードは支払いをすると直接マイルが貯まるので移行手数料がありませんが、200円に付き1マイルです。100円で1マイルを貯めるには別途年間3,000円払って、ショッピングマイルプレミアムに加入する必要があります。

ANAカードは支払いをして貯まったポイントをマイルに移行する必要があり、そのときに手数料がかかります。手数料0円のコースだと1,000円で1ポイント=5マイルです。移行手数料5,000円(JCBの場合)か6,000円(VISA・マスターカードの場合)を支払うことで、1ポイントで10マイルになります。かなりの金額ですが、これはマイルに移行した場合に年1回支払えば良いので、2年分のポイントをまとめて交換するなど工夫すれば、手数料を浮かせることも可能です。」

マイルの有効期限は移行した時点から3年なので、ANAの場合、自動的に移行するよりも、ある程度たまってからその都度移行したほうが、最終的に有効期限を長くすることができるとか。そういった工夫も、マイルを活用するためには大切なのですね。

カードの年会費として考えると高めではありますが、マイルの貯まり方が倍になると思えば、実はかなりお得かもしれません。

【コツ2】生活費の支払いをカードに集約する

地上でマイルを上手に貯めてお得に旅行をするには、ANAカードやJALカードなど航空会社が発行するクレジットカードを持ち、日常の様々な支払いをそのカードに集約することが基本なんだそう。

「日常的な買い物はもちろん、水道光熱費、携帯電話料金、NHK受信料、新聞代など、毎月の固定費の支払いも全てカードに集約しましょう。最近では、家賃もクレジットカード決済できるところが増えてきています。」(同)

「さらに、JALとANAの場合、それぞれ提携しているネットショップがあるので、そこで買い物をすればクレジットカードでの支払い分プラスαのマイルを貯めることができます。そのほか、ANAカードとJALカードそれぞれの特約店があり、お得にマイルを貯めることができるので、把握しておくと良いでしょう。」(同)

<提携している主なネットショップ>

ANA:楽天市場、ZOZOTOWN、GAP、ヤマダモール、ピーチジョン、ロフトネットストアetc.

JAL:アマゾン、ビックカメラ.COM、イオンネットスーパー、FLOWER Plus、ハンズネット、iLumine etc.

<ANAカードマイルプラスの主な加盟店>

・高島屋

・イトーヨーカドー

・マツモトキヨシ

・アイシティ

・三井のリパーク etc.

※ANAカードで支払うと、クレジットカードのポイントとは別に100円につき1マイル(または200円につき1マイル)

<JALのマイルが2倍貯まる主な特約店>

・ロイヤルホスト

・プランタン銀座

・イオン

・デジタル家電専門店 ノジマ

・ENEOS

・紀伊國屋書店 etc.

※JALカードで支払うと、200円につき2マイル(ショッピングマイル・プレミアムに入会の場合100円につき2マイル)

【コツ3】マイルに移行できるポイントカードもある

「Tカードと楽天ポイントカード、nanacoのポイントはANAのマイルに、Pontaカードや12月から始まるドコモのdポイントはJALのマイルに換えることができます。ただし、還元率や移行の手間などを考えると、それほどたくさん貯まっていない場合は、そのままポイントとして使っても良いでしょう。」

もしマイルに移行するためにこれらのポイントを貯めるなら、自分が貯めている航空会社のマイルに変換できるポイントに絞って貯めたほうが効率が良いとのこと。

すべてをマイルに集約していく気持ちで貯めないと、なかなか航空券まではたどり着かなそうですが、ゲーム感覚で楽しめるのも面白いところ。まずはどこのマイルを貯めるのかを検討するところから始めてみてはいかがでしょうか。