1. トップ
  2. 恋愛
  3. 本当にいいの? 結婚へ踏み出す前にココロに問うべき、究極の質問3つ

本当にいいの? 結婚へ踏み出す前にココロに問うべき、究極の質問3つ

  • 2015.12.2
  • 1015 views

女性の前に立ちはだかる“結婚”という壁。

年を重ねるごとに焦りも増し、

それなりに付き合った人がいると「この人でいいかな」と妥協してしたくなることもあるでしょう。

でも、本当にいいんですか?

一緒にいて楽だからと選んで後悔しないでしょうか?

本当に現在の彼とこのまま結婚に踏み込んでものか、しっかりと見極めましょう。

1:プライドを捨ててでも付き合いたいか?

「好きと言ってほしい」「抱きしめてほしい」という想いを心の中に抱きつつも、

我慢している方は多いはず。

結婚したら、彼が生まれ変わるわけでも、関係が発展するわけでもありません。

今「愛してる」と言ってくれない彼は、これからも言ってくれないでしょう。

こういった女子的自尊心を満たしてくれなくても、

ストレスを溜め込まずに一緒に暮らしていけますか?

「愛されたい」というプライドを捨てて、

彼の分かりづらい愛情表現や性格を理解する努力をしていこうと思えるかを、

自身に問うてみてください。

 

2:SEXがなくてもいい?

男性は年齢を重ねるごとに性欲が減退し、女性は増すという説もあるほどです。

今はいいかもしれませんが、結婚してからのことを真剣に考えてみましょう。

またSEXがなくても、心が満たされるかどうかも合わせて判断することがオススメです。

体に相性があるように、心にも相性があります。でも期限はありません。

あなたの心を満たしてくれる相手と結婚した方が幸せだと思いませんか?

それに加えて、最悪の場合、性欲は自己処理できたりしますからね。

性欲が満たされる相手と、心が満たされる相手、

あなたの中での優先順位をはっきりさせておきましょう。

 

3:相手の嫌なところも受け止めて、消化できる?

誰しも”嫌な部分”を持っているもの。

そんな相手の「嫌なところ、合わないところをどうするか」が、

関係を長続きさせることができるかの正念場になります。

もちろん指摘して直してもらえるのが一番ですが、

全てを完璧に直すのは難しいでしょうし、時間もかかることでしょう。

特に結婚となると、より難しさは増します。

相手のマイナスな部分をマイナスと捉えず、

あなたの中で消化してあげて受け入れてあげることがうまくいくコツでもあります。

あなたはそれができますか?

 

一緒にいるとしんどいかもしれないけれど、自分に成長をもたらしてくれる。

そんな人が結婚相手としてはベストといえるかもしれません。

もう一度、彼のことを見つめ直してみてはいかがでしょうか?