1. トップ
  2. 恋愛
  3. 逆効果だった!すればするほど「本命男に嫌われる」女子の日常クセとは?

逆効果だった!すればするほど「本命男に嫌われる」女子の日常クセとは?

  • 2015.12.2
  • 74031 views

「好きな男性がいても男女関係に発展しない」「好きな男性は寄ってこないのに、恋愛対象ではない男性からは好かれる」など、恋はしているのになかなか思うようにいかないと悩む女性はたくさんいます。

そんなときほど「好かれるように頑張るっているのに好かれない……」そんなパターンに陥ってませんか?

そこで今回は数多くの女性の恋愛の悩みを解決してきた筆者が、“恋愛で空回りしない方法”をご紹介します。

 

■1:「遠慮」すればするほど好かれなくなる

好きな男性とコミュニケーションするとき、必要以上に前置きをつけてしまっていませんか? 例えば「迷惑だとは思ったのですが」「忙しいところすみません」「返事はいらないので」などです。

遠慮は必要ありません。「悪いかな?」「迷惑かな?」と自分のことを下げることをやめるだけであなたの恋愛が劇的に変化していきます。

自分のことを「迷惑かな?」と思うのは、実はあなたから距離をとっていることと同じこと。それでは男性もあなたの好意に気づかないばかりか相手も距離を置こうとしてしまいます。あなたから好きな人に距離をとることをやめるだけであなたの恋は進展するはずです。

 

■男性は「慣れなれしく」されたほうが嬉しい

女性は好きな男性になればなるほど気をつかって丁寧になりがち。ところが、男性はなぜか“慣れなれしい女性”が気になります。ここでいう“慣れなれしい”とは失礼なことをすることではなく、どれだけ“いつも通りの自分でいれるか”ということです。

「好きな人に好かれない」「好きな人の前だと素直になれない」「彼に大切にされない」などといった悩みをよく聞くのですが、それは“遠慮”しているからです。また、遠慮することで普段の自分の姿を隠しているのです。

相手に好かれたいあまり、自分を好きな人の前で良いも悪いも含め“隠していることが多すぎる”のです。好きな人に好かれたいならばまずは隠すことをやめましょう。

 

■とにかく「嫌われてもいい!」と吹っ切ろう

不思議なんですが「嫌われたくない」と思っていると、なぜか「嫌われる」という現象がおきます。逆に「嫌われてもいいや!」と考えて、思い切ってみたときほど嫌われません。むしろ好かれることが大半です。

好きな人はには「嫌われたくない」と思うのは人の常ですが、「嫌われてもいい」とつぶやきながら少しずつでも自分の色んな部分を出していけるようにチャレンジしてみてくださいね!

 

あなたが嫌われると思って隠しているものが相手にとっては“魅力的”に感じられるということは、恋愛では本当に多いです。勇気を出してみたら思わぬ展開があなたを待っているかもしれませんよ。

【著者略歴】

※ 広中裕介

Love Academy』代表ゆ~すけ。恋愛に対する考えを通して今までの自分を見つめなおせる恋愛の学校。独特の恋愛観から悩みの核心をつく講座・セミナーを全国で展開中。

・・・恋愛の学校『

【画像】

※ wavebreakmedia / shutterstock