今さら聞けない洗顔のやり方基礎の基礎3ステップ

洗顔は顔を洗うだけではなく、正しいやり方で行えば美肌にも効果的です。

肌荒れなどの肌トラブルなども洗顔によることが原因の場合もあります。

基礎からチェックしてみましょう。

1.汚れを流す

就寝中に着く顔の汚れは水洗いでも流せる程度です。

人肌の温度位のぬるま湯か水を使い、手でやさしく洗い流していきます。

顔にすくった水を軽く当てるような感覚で、顔と手が擦れないようにしてみましょう。

そうすることで肌への負担が少なくなります。

古い角質などの汚れは流れていきますので、

流すことを十分に行えば洗顔を終わりにしてもかまいません。

それでも洗顔フォームを使いたいと思う人は、次の洗うへ進みましょう。

 

2.洗う

洗顔フォームなどはよく泡立てることが基本です。

手で洗うのではなく、泡で洗うと肌への負担が軽減されます。

洗顔フォームなどの石鹸類は必要な時間だけ肌にのせるようにしましょう。

洗顔は1分を目安に行います。

よく泡立てた洗顔フォームを顔にのせ、泡を転がす感覚で行いましょう。

手でゴシゴシと擦って洗う男性も多いですが、肌に負担がかかってしまいます。

泡で洗顔すると美肌効果も期待できますので、男女問わずおすすめです。

目や口の周りはデリケートな部分ですので、優しく行いましょう。

 

3.すすぐ

3ステップの中で一番重要なのがすすぎです。

ここで気を付けたいことは、汚れを流す時と同じく手で顔を擦らないことです。

やり方は汚れを流す段階とほぼ同じですが、

顔に着いた洗顔フォームをすべて落としきるように繰り返しすすぐことです。

すすぐ回数の目安は30回です。

こめかみや生え際は泡が残りやすいところですので特に意識しましょう。

熱いお湯は肌を乾燥させてしまいますので、ぬるま湯で行います。

最後に清潔なタオルで顔を拭くときも、擦らず押し当てるようにすることも大切です。

ここでは洗い方の基礎をお伝えしましたが、

大切なことは肌を刺激しないように扱うことです。

正しい洗顔をすると、肌のターンオーバーが正常になり肌もつやつやになります。

洗って汚れを落とすことだけの洗顔ではなく、

美肌につながる洗顔を心がけてみるとよいですね。

元記事を読む
提供元: 愛カツの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。