1. トップ
  2. 恋愛
  3. 別れへの第一歩になるかも…男性が彼女のふるまいに不安になる3つの瞬間

別れへの第一歩になるかも…男性が彼女のふるまいに不安になる3つの瞬間

  • 2023.3.29
  • 4870 views
別れへの第一歩になるかも…男性が彼女のふるまいに不安になる3つの瞬間

自分からデートに誘わない

デートに誘って計画を立てるのは毎回彼氏、というカップルは要注意です。 つねに誘われる側の女性は、彼が自分に向ける好意を受け取って満足しているかもしれません。 しかし一方で「どうして自分からは誘ってくれないんだろう?」「面倒くさいと思われているのかな?」と、彼を不安にさせている可能性があります。 自分から誘うまではいかなくとも「来月は〇日が空いてるよ」「今度は○○に行きたいな」など、具体的な日程やプランを提案して、デートに積極的な姿勢を見せてあげてください。

第三者に紹介しない

職場や学校以外で出会ったカップルは、共通の知人が少ないため、周囲から隔離された「2人きりのお付き合い」になりがちです。 そのため、どちらかが紹介する機会を作らない限り、第三者に知られない関係が続くことになります。 付き合いがある程度長くなっても、友達や家族への紹介がないと「今だけの付き合いのつもり?」「恥ずかしくて紹介できない彼氏と思われてる?」と悩ませることになるかも。 彼との将来を考えているのであれば、友達を交えて食事する機会などを設けてみましょう。

LINEの返信が遅すぎる

男性の中には、LINEでの雑談に苦手意識があり、連絡を返す頻度が高くない人もいます。 彼への気遣いのつもりで、ペースを合わせて返信を遅らせる女性もいるかもしれませんが、それは逆に彼を不安にさせる可能性がある行動です。 「女性はこまめに返信するもの」というイメージを持っている男性は少なくなく、連絡の頻度を落とすと余計な心配につながりかねません。 たとえば、丸一日音沙汰がなく、夜になっても彼女から連絡が返ってこないと、「そこまで俺に興味がないのかもしれない」「他の男と遊んでいるのかも」と落ち込んでしまう場合も。 不快感を与えないように気をつけたうえで、いつも通りの返信をし、忙しいときでも一言くらいは送るようにすると、彼の不安を解消できるはずですよ。

好意は分かりやすい形で示して

付き合いが長くなり、お互いのふるまいにも慣れてきた頃こそ、彼を不安にさせない言動が大切です。 「男性だからこのくらい気にしないだろう」という思い込みは捨てて、分かりやすい形で好意を示し続けましょう。 ストレートな愛情表現で、彼を安心させてあげてくださいね。 (オルカ/ライター) (愛カツ編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる