1. トップ
  2. ファッション
  3. 女を上げるなら、この冬は“赤”!【人気プレスの私物公開】

女を上げるなら、この冬は“赤”!【人気プレスの私物公開】

  • 2015.11.27
  • 4157 views

『グレースコンチネンタル』のプレス担当・伊藤有佳が個人的なハマりものをご紹介する連載、本日は2回目をお送りします!

 

いよいよ本格的に冬が到来しそうな予感。

ですが、私の仕事では春夏新作の展示会やカタログ撮影、イベント企画などが始まり、頭は次のシーズンのことでいっぱい。気持ちは春夏なのに、体は冷えている……という、心と体が噛み合わないことは、アパレル業界あるある。ただ、まだ見ぬ未来を考えるこの瞬間は、わくわくしてとても楽しい時期であったりもします。

そもそも、“赤”って、ドキッとしませんか?

挑発的で、グラマラスでセクシー。それが、私の“赤”へのイメージ。“赤”をポイントにしたルックやドレス、バッグやリップなどは、いつの時代も他人の目を奪うセクシーな存在だと思っています。

歳を取ったせいか、それとも自分にセクシーさが足りないせいか(笑)、ポイントで使うことが多くなりました。

 

例えば、王道ですがネイル。

2人目の子供を産んでからというものの、なかなかネイルサロンにも行けず、知らぬ間にセルフネイラーに。

自然と選ぶのは“赤”。ビビッド、モーブなど、ひと口で“赤”と言っても様ざま。いつもカラーのチョイスは息子がしてくれるのですが(笑)、これがなぜか私にぴたりとフィットします。休みの日のカジュアルスタイルにも、子育て真っ最中の短いネイルにも、赤は女子度をぐっとUPさせてくれます。

あー、私まだ女だなぁ、って(笑)。なので、最近はいろんな“赤”を楽しんでいます。

お次はボトム。

InstagramにUPした写真に「#派手好きBBA」というハッシュタグをつける、派手なものに心を奪われがちなのですが、そんな私にとっても初挑戦のアイテムが、ビビッドなピンクボトム。この存在感は、もはや“赤”レベルのパワー!

 

「アイテムは派手でも、着こなし自体はシックに」が、私の信念なのですが、ピンクは意外にも、ブラックやカーキ、ネイビーなどメンズの要素が強いカラーとも相性ばっちり。

ライダースジャケットや白Tシャツなどのトランスジェンダーなアイテムと合わせても、グッとフェミニンに仕上げてくれます。

一見派手に見えますが、着ていてももちろん派手ですが(笑)、着こなしの幅がぐっと増えました。ワードローブにダークカラーが多い方には、ぜひおすすめしたい一品です。

で、知らない間に増えていたの“赤”い小物。

特に、マストアイテムのiPhoneケース。

これも、今までの私だったら考えられないチョイス。でもなぜ?……それはやっぱり、女子度を意識している、からかと。(笑) 大人気のステラマッカートニーのリップ型ケースと、アップル社純正のピンクのケース。まるで、女の子(当たり前)。だけど、これが机の上や手のひらにあると、なんだか可愛く見えるし“女”を感じます。自己満足といえばそうですが、おしゃれの基本は自己満足。これがなければ始まりません!

出産を経験したり、キャリアを積んだりすると、母であること、上司であることが主になってきて、“女”でいることをすっかり忘れてしまうことも。だからこそ“女”を感じるおしゃれはやらなきゃ損損、です。忘れちゃだめ。

私にとって、“赤”は女でいる為の必須アイテムなのかもしれません。

いつか、深紅のドレスが似合うイケてる淑女になりたいなー、なんて。(笑) (伊藤有佳)

★『グレースコンチネンタル』プレス・伊藤有佳さんのInstagram「@gracenoito」もチェック!