1. トップ
  2. ネイル
  3. ジェルを塗ると爪が強くなる?どのくらい持つ?ジェルネイルの疑問と秘密

ジェルを塗ると爪が強くなる?どのくらい持つ?ジェルネイルの疑問と秘密

  • 2015.11.26
  • 1799 views

ある程度ジェルネイルに慣れてきた人でも、ジェルネイルに関して分からないことがある人はいるのではないでしょうか。今回は、ネイルサロンなどにも多いジェルネイルのさまざまな疑問とその答えを解説しています。

ジェルネイルによくある疑問

【イットネイル】ジェルネイルの初心者はもちろん、ある程度ジェルネイルに慣れてきた人も、ジェルネイルに関して分からないことがある人はいるのではないでしょうか。

今回は、ネイルサロンなどにも多いジェルネイルのさまざまな疑問とその答えを解説しています。

ジェルネイルをすると爪が強くなるといわれていますが、実際は自爪そのものを強くする効果はありません。

ジェルをつけると爪は強くなる?

しかしジェルはマニキュアよりも厚みがあるため、自爪を保護・補強することはできます。

外部の衝撃などから守ることできたり、ジェルの種類によっては長さを出すことができるため、さまざまなネイルの中でも自爪が弱い人や爪が長くない人に向いているというわけです。

ジェルネイルはどのくらい持つの?

ジェルネイルの交換周期は、一般的に2週間から3週間であるといわれています。

リペアなどを繰り返していればそれ以上持つ場合もありませんが、あまり長期間同じジェルネイルをしていると逆にトラブルにつながります。

また気づかないうちにジェルがリフトして、その隙間に水分などが入るとカビが生えてグリーンネイルなど恐ろしいトラブルが生じます。

あまり頻繁にオフを繰り返すのもダメージの元ですが、2週間か3週間ごとにオフをするようにしましょう。

ジェルネイルが長持ちしないのはどんな人?

ジェルネイルの持ちの良さは、ジェルネイルの工程・爪の状態・ジェルを塗った後のライフスタイルなどに左右されます。

ジェルネイルがはがれたり折れたりするのには、以下のような原因が考えられます。

・爪とその周囲が乾燥している

・深爪の状態になっている

・爪の表面に油分が残っている

・水仕事が多い

・ダンボールやシールなどを扱うことが多い

・手作業が多い仕事をしている

・水泳や温泉によく行っている

・ガーデニングが趣味

・工程やした処理などが間違っている

・爪が長すぎる

長さを出せるからといってスカルプチュアほどの強度はありませんので、適度な長さを選ぶことも大切です。

他にわからないことがあれば、遠慮せずにネイリストなど専門家にたずねてみましょう。

Itnail編集部