1. トップ
  2. スキンケア
  3. 透明感とツヤをキープ!色っぽくて崩れないベースメイクのコツ3つ

透明感とツヤをキープ!色っぽくて崩れないベースメイクのコツ3つ

  • 2015.11.26
  • 8822 views

朝、鏡の前で化粧をし終えると、よし完璧!という気持ちになりませんか? 化粧したての顔は、まさに理想的にキマっているもの。特に塗りたてのファンデーションは、美肌に見せてくれる魔法そのもの。


……な、はずなのに! 時間が経ち、夕方頃になるとその魔法は解けるどころか、いつの間にかくずれて悲惨なことになる人、多いのではないでしょうか。確かにスキがある人は魅力的だというけれど、ただのベースメイクのくずれはだらしない印象にしかなりません。

『美的』1月号では、そんなくずれを防ぐ、一日中くずれないベースメイクを紹介しています。透明感とツヤのある、まるで微熱をおびて発光する肌。そんな「微熱発光肌」になるためのそんなコツを今回は抜粋してご紹介致します。

ビューティ ブラッシュアップ コンサルタントの神崎恵さんがアドバイスする、ベースメイクのくずれないコツ基本3つはコチラ!

 

1. 美容液をつけた後に、シートマスクを15分!

「透明感とツヤを出すためには、いつなんどきも枯れない潤いがマスト」という神崎さん。ここで活用すべきはシートマスク! 化粧水、美容液を通常より多めに塗った肌へやや長めの時間使うと、うるおいが深くまで浸透し、カサつきもくすみも一掃されるそう。毎朝必ず使うのもあり!

 

2. メイク下地からハイライトまで少しずつ重ねて完璧を追求!

メイク下地で透明感を、ハイライトでツヤをプラス。色ムラは、コンシーラーで1点ずつ丁寧にカバーしていきます。神崎さんのポイントは、欲しい要素を少しずつ重ねていくこと。こうすれば、くずれの原因となるファンデーションの厚塗りを防げるんです!

 

3. スキンケアの所々にオイルを投入!

神崎さんによると、オイルは肌を柔らかくして水分の吸収を高めたり、蒸散を防いだりするなど、肌の透明感とツヤを育み、守りぬく働きがあるとのこと。洗顔後に行うマッサージやクリームにオイルを混ぜるなどして、積極的にオイル活用をすると◎。ベタつく部分だけスポンジでオフすれば、化粧もちもアップ。

 

つまり、くずれないベースメークには、丁寧な下準備とオイル活用が決め手ということ。これだけでも効果絶大ですが、特に気になる乾燥とくすみには、更なる対策も必要。次回は、この時期最大の悩みとなる乾燥とくすみの原因を対策をご紹介します。(末成あゆみ)

『美的』2015年1月号(小学館)