1. トップ
  2. ダイエット
  3. コレで「たるみ女子」卒業!お尻とお腹をスッキリさせるバレリーナエクサ♡

コレで「たるみ女子」卒業!お尻とお腹をスッキリさせるバレリーナエクサ♡

  • 2015.11.18
  • 19959 views

年齢を重ねるとともにやはり気になるのが、“身体のたるみ”。特に、お尻とお腹は油断すると重力に負けてしまい、たるみやすくなってしまいます。

このまま何もせずにいると、だらしのない体型の“たるみ女子”になってしまいます! 

そこで今回は姿勢調律士の筆者が、“たるみの原因”と“たるみを撃退するエクササイズ”をご紹介します。

 

「お尻たるみ女子」チェックリスト

1つでも当てはまったらアウトの「お尻たるみ女子」の特徴は以下の4つ。

・座り姿勢が長時間続いている

・座っているときに猫背になっている

・座っているときに足を組んでいる

・歩くことはおろか、必ずエスカレーターやエレベーターを使うなど楽をしたがる

身体の中でたるみやすいのは、重力に逆らわず“だらんとした姿勢”でいる箇所です。

例えば、骨盤は本来、立っている状態が理想的。骨盤を立たせるためには、座骨を座面にあてて座らなければなりません。しかし、パソコンを使っているときなど、ついつい力を抜いて腰を丸めて座ってしまうこともあるのでは?

そのまま腰を丸めて座っていると、重力に対抗して身体を引き上げる力を使うことがなくなるため、みるみるお尻が肥大化していってしまいます。

さらに普段運動を全くしない場合は、脚力も衰えてしまうため、足とお尻の境目がわからなくなることも!? ピタっとしたパンツを履いて、まずはお尻の形をチェックしてみましょう。足とお尻の境目がわからず、ハッとするかもしれません。

 

■「お腹たるみ女子」チェックリスト

こちらもチェックしてほしい“お腹たるみ女子”のチェックリストは次の2つ。

・腰を丸めたCの字で座った姿勢で座っている

・足を組みながら食事をしている

お腹のたるみの最大の原因は、“座り姿勢!であることをご存知ですか?

腰を丸めた姿勢でいると、お腹に力が入りません。すると、たるみはだらんとした箇所を好むため、みるみる脂肪を溜め込んでいってしまうのです。

また、足を組んだ姿勢で食事をしていると、満腹感がなかなか得られずダラダラと食べ続けてしまいます。ちなみに、お菓子を食べる癖がある方は、余計なカロリーを摂取しすぎてしまってる可能性も。

 

■たるみ撃退!「お尻とお腹」を一度にすっきりエクサ

そこで今回は「お尻とお腹を」一度にスッキリさせることができる、究極のバレエアチチュードを使ったエクササイズをご紹介します。

(1)真っ直ぐ立ちお腹を引き上げましょう。両手をあげるとお腹を引き上げやすくなります。

(2)写真のように片足を上げ、なるべく90度になるのを目指して、頑張って引き上げます。

(3)上げた足側のお尻を意識しながら、ぐっとウエストを寄せるイメージで膝を天井方向へ持ち上げます。

最初はなかなか難しいですが、毎日続けると徐々にお尻の筋力が養われていきますので、足を持ち上げられるようになります。

ポイントは下の軸足の膝は曲げないこと。そして、お腹は引き上げ続けることです。はじめは壁に手をついてバランスを保ちながら行ってみるとよいでしょう。このポーズができるようになるということは、ヒップアップと美しいウエストへと変化している証拠です。

 

いかがでしたか? 「たるみ女子から解放されたい」と思っている方は、毎日1回の“すっきりエクサ”を続けてみくださいね!

【著者略歴】

※ 野口早苗・・・3歳からのダンス経験を生かし、ニューヨーク、国内にてプロダンサーとして活躍後、ピラティス、オステオパシーを学び、姿勢調律士として活 動を始める。青山sanareサロンの代表を勤め、アーティスト、モデル、スポーツ選手など著名人から一般の方まで幅広く支持を受ける。

「正しい姿勢」が自らの身体、メンタルを整える方法として役立つことを痛感し、姿勢の研究を行い、(社)日本姿勢調律協会を立ち上げる。協会では「L で座ってIで立つ•Aウォーキング」をキャッチコピーとして姿勢指導を行う他、「心×技×体」の教えを元に、痛みのケア方法やメンタルコーチングも行う。 講師養成と共に子供の健やかな成長へのサポート、高齢者のケアなど幅広く活動を広げる。

【画像】

※ Nina Buday / Shutterstock