1. トップ
  2. 恋愛
  3. 『ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション』ジョシュ・ハッチャーソンのコメント到着!

『ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション』ジョシュ・ハッチャーソンのコメント到着!

  • 2015.11.18
  • 1961 views

スーザン・コリンズの大ベストセラーを映画化し、これまでの3作が全世界で23億ドル突破と空前のメガヒットを記録した『ハンガー・ゲーム』シリーズ。11月20日(金)に全世界同時公開される完結編『ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション』から、ピータを演じるジョシュ・ハッチャーソンのコメントが到着した。

undefined

【関連動画】『ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション』アクション予告編

彼が演じるピータは、カットニス(ジェニファー・ローレンス)と同じ第12地区の出身で、彼女とともに"24人の少年少女が、最後の一人になるまで殺し合う"という究極のサバイバル、ハンガー・ゲームに出場し、史上初めて二人で勝者となる。しかし、カットニス抹殺をもくろむスノー大統領の画策により行われた翌年のハンガー・ゲームで、ピータは政府の人質に。拷問によってマインドコントロールされた彼は、愛するカットニスに対して激しい憎しみを抱くようになり、彼女を殺そうとする...。

ジョシュは自身の役柄について「ピータはかなりひどい目に遭った。キャピトル(政府の本拠)にいた間に拷問され、洗脳され、カットニスを襲うキャピトルの武器とされてしまうんだ。この完結編で、ピータは自分自身をゆっくりと取り戻していく。最後にはカットニスからダメ出しの一発をもらって、すっかり目が覚めるはずだよ」と、ピータとカットニスの間に何かが起こることを示唆するようなコメント。

2012年公開の1作目からピータを演じ続けてきたジョシュはまた、「この作品がエンディングを迎えること、ピータをもう演じられなくなることはとても寂しくもある。だって彼と一緒に成長してきたからね。でも、この作品は紛れもなくシリーズの締めくくりにふさわしい仕上がりになっているよ」と、一抹の寂しさをのぞかせつつも、完結編の出来栄えに大きな自信を見せた。

ピータとカットニスの関係の行方も気になる『ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション』は、11月20日(金)全世界同時公開。(海外ドラマNAVI)

Photo:ジョシュ・ハッチャーソン
Photo Credit Murray Close