1. トップ
  2. ファッション
  3. タロウ ホリウチ 2016年春夏コレクション - イマジネーションの世界、優雅でエレガントなパンク

タロウ ホリウチ 2016年春夏コレクション - イマジネーションの世界、優雅でエレガントなパンク

  • 2015.11.15
  • 1141 views

タロウ ホリウチ(TARO HORIUCHI)が2016年春夏コレクションを発表した。今季のテーマとなったのは「The PUNK」。デザイナーの堀内太郎が考える、空想上のパンクをコレクションに落とし込んだ。

彼が考えるパンクは、従来のイメージとは相反するエレガント。ブルーやピンク、今まであまり取り上げられることのなかったパープルが、淡いカラーで提案された。そして、ペールカラーのジャケットやパンツには、スタッズではなく丸いボタンが添えられている。それらは、シルエットが美しく見えるよう、パンツのセンタープレスやジャケットのウエストダーツに添うような形で列をなす。

また、今季の注目はリトゥンアフターワーズ(writtenafterwards)のデザイナー山縣良和による手書きのプリント。コレクションの中でも一際目を引くそのテキスタイルは、油絵の具を不躾に塗ったようなデザインだ。ヴィヴィットカラーで描いた抽象画の“立体感”が、そのまま映し出されている。

“立体感”は今季を象徴するにふさわしいワードだろう。例えば、コートからスニーカーまで、至る形で使用されていたカットジャカードのテキスタイル。熱を加えシワ加工を施したポリエステル素材を散りばめている。ほかにも、デニムには軽いクラッシュ加工を、柔らかなガーメンツは切れ端をぼろぼろにしてパッチワークのように。また、ライブハウスの壁の落書きをイメージしたという柄もあった。“立体感”を通して、少しずつ優しいパンクのテイストをのぞかせている。

こうして、攻撃的で強烈なイメージである「パンク」は、堀内の手によってエレガントでフェミニンな印象と変化を遂げた。彼のイマジネーションに合ったパンクは、私たちの日常にそっと寄り添う優しいものであった。