1. トップ
  2. 恋愛
  3. イヤだね!ボタンを押したくなる…Facebook投稿ワースト10

イヤだね!ボタンを押したくなる…Facebook投稿ワースト10

  • 2015.11.15
  • 866 views

毎日、友人たちの様々な近況が流れてくるFacebook。長い間会っていない友人の結婚報告から、会社の先輩が今日食べたオシャレなランチ、若い子の意識の高いシェア……と、その投稿は様々。そんな止まらない情報の渦の中、スマホで流し読みをしていると……

あります。ええ、正直にどうぞおっしゃってください。ありますよね? そう、思わず「イラッ」とする投稿が!

(C)Shutterstock

 

今回はそんな『イヤだね!』ボタンがあれば、思わず何度も押したくなるような、イヤ~なFacebook投稿をアンケートで意見収集してみました。

集まった意見を見ていると、それぞれにあわせて私個人のFacebookへのイラッとした普段の思いも爆発してしまい、なんとも辛口で皮肉なコメントもたっぷりと書いてしまいました。

「こういう投稿あるある!」と笑っていられない状況になること間違いなし。これを読めばあなたも誰かにイヤ~な思いをさせないFacebook投稿ができるようになるかも?

★タグ付けを回避!会社の人に見られないように!Facebookを賢く活用する5つの方法

それでは『イヤだね!』ボタンを押したくなる、ワースト10です! 覚悟してご覧あれ!

10位 …… え、わざわざ投稿する?『髪型変えました♡』

⇒ 自撮り付きで新しい髪型を毎度公開する女子が、日本各地で観測されている模様。彼氏にでも送ってあげてくださいね、と思わず言いたくなるこちらの投稿。ちなみに類似の投稿として『ネイル変えました♡』というのもあります。知らんがなボタンがあればいいのにな、と笑顔で思わず画面を閉じてしまいますね。

 

9位 …… 別に知りたくないです『交際ステータスの変更』

⇒ ある日、突然更新される、意味深な交際ステータスの変更。結婚や離婚ならまだしも、見るたびに彼氏が変わっているような子こそ、この恋人ステータスの変更をしがちという意見が多数ありました。ええ、あなたの交際ステータスは毎度知らせなくて大丈夫ですよ、そっと心に閉まってくださって結構ですからね。

 

8位 …… 意識の高さゆえなのか『あとで読む』シェア

⇒ リンクを張り付けては「あとで読む」とだけ書かれた投稿。自分用にリンクをメモするだけのつもりなら、わざわざここでシェアする必要とはいったい何なのでしょう? 意識が高い人が世の中の諸問題を取り上げる、あの投稿です。大丈夫、そいつはたぶん、この先もそのリンクを後で読むことはないでしょう。こんな意識高いものをシェアする俺、を見せたいんですよね、わかります。

 

7位 …… なぜか顔の途切れている『自撮り』

⇒ 自分に自信がないけれど、自撮りはしたい。そんな気持ちが見え隠れしているのか、顔の半分だけ切れたような自撮りをあげてくる人、あなたの近くにもいらっしゃいませんか? しかも、それをプロフ写真にする人も。揺れ動く、自意識との勝負。イラっとする人が多いようです。潔く出すか引っ込ませるかにしてみましょう。

 

6位 …… 『もう●年前か…』 はい、引っ張り出さなくてよろしい!

⇒ Facebookには謎の機能がついておりまして、『数年前の同じ日にあなたはこんな投稿をしています』という紹介をしてくれます。あーこんなこともあったなー、と懐かしい思い出に浸る良い機能である反面、『3年前の俺ってこんなんだったんだぜ』と最近知り合った人にまでもシェアできる機能もついています。あなたの思い出を共有されても、こちらは戸惑うばかり。そっと胸に閉まっておいてくれると、これ幸いです。

★FacebookやTwitterを使った企業キャンペーン、6割の人が参加しない理由とは?

5位 …… あのサングラス商品はもういいです!『スパム招待』

⇒ あなたの友人にもいらっしゃいませんか、突然の某有名ブランドのサングラスの画像にあなたをタグ付けする輩が! スパムを踏んでしまい、謎の招待をしてしまうスパム。本人に悪気はなくとも、一斉送信で送られてきたダイレクトメールに友人たちはイラッとすること間違いなし。この被害、若い人よりも少し上の世代の人が多くやりがちとの意見も。

 

4位 …… いいねを押さねば記事が読めない『心があったまる話』リンク

⇒ 時々、ありますよね。意味深な書き出しで誘導する記事のリンク。読んでみようとしても、なぜかそのメディアへいいねを押さなければ、または会員登録をしなければ先が読めないという仕様になっている記事です。ちょっと読みたかっただけなのに、ともやっとする気持ちの人多数。私の周囲でも、こういう記事への不満、よく聞きます!

 

3位 …… 対岸にいるのは誰? 『異性を隠し切れない写真』

⇒ カフェやレストランでの料理を映したオシャレな写真。しかし、その写真をよ~く見てみると対岸には……異性の影が。さりげなく映った男性っぽい手などを見ると、投稿には「おいしかった♪」とだけ書いていても、デート中かなということをいやでも察してしまいます。異性匂わせ写真、ご注意です。

 

2位 …… そりゃ何買ってても自由だけど… 『ブランド品の買い物』

⇒ わかりやすい投稿が2位にランクイン! 高価なブランド品の新しいバッグ、新しいアクセサリー。自慢したくなる気持ち、わかります…! そんな商品を単体で撮影して「ゲットしました~!」と投稿するこちら。さらなる高等テクニックとしては、3位の匂わせ写真の中にブランド品を写し込み(特に指輪の傾向が高いとのこと)、異性から買ってもらったことを誇示するマウンティングが若い女性の間では多発中。イヤミ感、強めです!

 

1位 …… ドヤ顔が透けて見える『婚約・結婚報告』

⇒ 栄えある第1位はこちら! とにかくめでたいものだと思いきや、意外とイラッとする人も多いよう。幸せそうに微笑むふたりの写真。多くの人にはほほえましい光景に見えるものの、結婚をしていない独身女性にはグサッと多く刺さりがちな模様。また、「●●会社の△△さんと~」という文章を織り込むことでさりげなく旦那のステータスを自慢する技を使う人も。この投稿がよっぽど嫌なのか「Facebook宛に結婚報告だけを表示しない機能が欲しいと、意見を送ったことがあります!」という35歳の女性もいらっしゃいました。幸せ投稿は、ご注意あれ。

 

いかがでしたか? 特に上位では女性同士の戦いが多く見られた、思わずイヤだね!ボタンを押したくなるFacebook投稿ランキング。あなたもこんな投稿、してませんか?(末成あゆみ)

 

元記事を読む