1. トップ
  2. スキンケア
  3. 冷やしちゃいけないのは肌も同じ!? NG肌冷えスキンケア4つ

冷やしちゃいけないのは肌も同じ!? NG肌冷えスキンケア4つ

  • 2014.9.2
  • 433 views

9月に入ったものの、まだまだ暑い日が続いています。涼しさを感じるためやメイク崩れ防止のためにも、肌を冷やすスキンケアを取入れている方も多いと思います。しかしながら、肌を冷やすことは、美肌作りの思わぬ落とし穴になってしまうのだとか……!? 肌を冷やすことによる知られざる影響と、NGスキンケアに迫ります。

■肌を冷やすことには肌に悪い!?

ポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランド株式会社decenciaの新たな研究結果によると、肌を冷やすことは敏感肌女性にとって、実はとても危険であるということが明らかになりました。なんと、肌の温度である皮膚温が下がることで、化粧品中の美容成分の運動性が低下してしまい、化粧品の効果低下につながってしまうのだとか。また、体温が下がると抵抗力が落ちて風邪をひきやすくなるのと同じように、肌を冷やしてしまうと肌のバリア機能も低下してしまうという研究結果も。いくら気持ちいいとは言え、いたずらに肌を冷やすのは好ましくないようです。

■肌を冷やすNGスキンケア4つ

NG1.冷たい水のシャワーで顔を洗う

冷たい水のシャワーを顔にあてることで、肌の温度を急激に下げ、バリア機能を低下させてしまうばかりか、水温が冷たいと毛穴汚れを落としにくくなってしまうので、冷たい水で顔を洗うことはおすすめしません。

NG2.冷蔵庫で冷やした化粧水を使う

お風呂上がりなどのスキンケアに爽快感を感じる冷やした化粧水ですが、冷蔵庫で冷やしてしまうと化粧水の美容成分の運動性が悪くなり、効果が低下してしまいます。美容成分を存分に享受するためにも、常温での保存がおすすめ。

NG3.入浴後やメイク中に扇風機の冷風を顔にあてる

入浴後に汗をひかせるため、あるいは、メイク中の汗を抑えるために、自ら冷房や扇風機の風に直接あたっていませんか? 冷房や扇風機の風は思いのほか強力で、急激に水分が蒸散し肌の乾燥を招いてしまいます。潤いを保つためにも、冷風に直接あたることは避けましょう。

NG4.ハンドプレスをしない

暑い時期はスキンケアをささっと終えてしまいがちですが、ハンドプレスで肌を温めることで化粧品中の美容効果を高めたり、肌自体の血流を促進してハリを出したり、くすみを改善してくれます。肌を温めるためにも、ハンドプレスの一手間ははぶかないようにしましょう。

汗がひいて気持ちいいからといって、これらのNG行動をしていた方も多いのでは? 肌の乾燥を避けるためにも、これを機に控えるようにしましょう。 (前田紀至子)