1. トップ
  2. 旅行・おでかけ
  3. 千葉・幕張に新スポーツ施設「ゾゾパーク」誕生、サッカー日本代表 本田圭佑の所属事務所が運営

千葉・幕張に新スポーツ施設「ゾゾパーク」誕生、サッカー日本代表 本田圭佑の所属事務所が運営

  • 2015.11.9
  • 5774 views

スタートトゥデイが命名権を獲得した新スポーツ施設「ゾゾパーク ホンダフットボール エリア」

スタートトゥデイは、サッカー日本代表 本田圭佑選手の所属事務所「ホンダ エスティーロ」が運営するスポーツ施設のメインスポンサーとして、施設のネーミングライツ(命名権)を5年契約で取得。2015年12月に千葉県幕張にプレオープンすることを発表した。

同施設名は、「ゾゾパーク ホンダフットボール エリア(ZOZOPARK HONDA FOOTBALL AREA)」。社内公募の結果、幕張に子どもから大人までたくさんの人々が集い、新しい才能が開花する基点となってほしいという願いを込めたという。施設内には、フルサイズのサッカーコート1面、8人制のソサイチコート3面、フットサルコート(屋根付き含む)6面を完備。また、施設主催のサッカー・ソサイチ・フットサルの大会や様々なイベントを定期的に開催するほか、長時間利用のピッチレンタルも可能となっている。

12月25日には、同施設での初イベントとして、本田選手が子ども達に直接指導するサッカークリニックなどを行う、「ZOZOTOWN presents HONDA's SOLTILO SOCCER SCHOOL 2015 in LA & MAKUHARI」を開催する。なお、全施設の本オープンは2016年3月を予定している。

今回の取り組みは、2001年より本社と物流拠点を置く千葉・幕張での地域貢献活動の一環となっているが、同社はサッカー日本代表のアフガニスタン戦のスポンサードを今年9月に行い、「ゾゾタウン」主要ブランドのロゴを掲出して話題を集めるなど、スポーツマーケットへの協賛に積極的な動きをみせている。

2020年に向け、スポーツを軸としたライフスタイル提案がファッション業界でも潮流となるなかで、そのショーケースの一つとしても注目できる。

・「ZOZOPARK HONDA FOOTBALL AREA」 http://honda-sports-land.com/zozopark/

元記事を読む