1. トップ
  2. 本田翼“あす花”と高橋文哉“弾”の熱愛報道で8LOOMに危機…不安で胸がいっぱいに<君の花になる>

本田翼“あす花”と高橋文哉“弾”の熱愛報道で8LOOMに危機…不安で胸がいっぱいに<君の花になる>

  • 2022.12.7
  • 136 views
「君の花になる」第8話より (C)TBS
「君の花になる」第8話より (C)TBS

【写真】手を握って見つめ合う本田翼“あす花”と高橋文哉“弾”

本田翼が主演を務める火曜ドラマ「君の花になる」(毎週火曜夜10:00-10:57、TBS系)の第8話が12月6日に放送された。あす花(本田)と8LOOMに危機が訪れる様子が描かれ、不安で胸がドキドキと苦しくなった。(以下、ネタバレを含みます)

「君の花になる」概要

「君の花になる」第8話より (C)TBS
「君の花になる」第8話より (C)TBS

同ドラマはある出来事により挫折した元高校教師の主人公・仲町あす花(本田)が、崖っぷちの7人組ボーイズグループの寮母となり、一緒に“トップアーティストになる”という夢に向かって奮闘する物語。脚本は、「花のち晴れ~花男Next Season~」(2018年、TBS系)、「恋せぬふたり」(2022年、NHK総合)などを手掛けた吉田恵理香氏が担当。30歳の節目を迎え、恋も仕事も友情も新たなステージへ進む主人公の成長と胸キュンを完全オリジナルで描く。

同ドラマの鍵を握るボーイズグループ・“8LOOM(ブルーム)”のメンバーを演じるのは、高橋文哉、宮世琉弥、綱啓永、八村倫太郎、森愁斗、NOA、山下幸輝の7人。期間限定のボーイズグループとして実際にデビューし、主題歌・劇中歌などの楽曲発表や物語と連動したライブ、イベントなど多岐にわたる活動を行っている。

また、あす花の姉・優里を木南晴夏が演じるほか、宮野真守、内田有紀、竹中直人、夏木マリら個性豊かな面々がストーリーを盛り上げる。

手のひらに花丸を書いて褒め合うあす花と弾だが…

「CDTVライブ!ライブ!」にも出演し、順調に人気が高まる8LOOM。弾(高橋)とあす花は夜に屋上で会い、お互いを褒めて手のひらに花丸を書き合っていた。

新曲「Forever or Never」のPV撮影で海辺を訪れる8LOOMのメンバーと撮影クルーたち。前夜に花丸を書けなかった弾は、休憩時に「最近のあんた全部最高」と言ってあす花の手のひらに花丸を書いてやる。忘れずに花丸をする優しさを見せる弾だったが、それが裏目に出てしまう。

「君の花になる」第8話より (C)TBS
「君の花になる」第8話より (C)TBS

弾とあす花のスキャンダル報道が!

海辺のロケ地での弾とあす花がスクープとして撮られてしまい、「寮で育んだ美しすぎる寮母との愛」と銘打ってスキャンダル記事が出てしまう。

会社で香坂(内田)が弾に詰め寄ると、弾は「確かに俺はあいつが好きです」と断言。そして「でも、互いに励まし合ってるだけで、それ以上でもそれ以下でもありません」と続けた。

香坂は「みんなが納得すると思う?」と反論する。世間はこれまでの言動や曲もこのニュースに絡めて勝手に解釈して拡散していく、8LOOMもあす花も貶められていく、と苦言を呈する。弾は言葉をなくして悔しがるほかなかった。

寮にいるあす花のもとになる(宮世)がひとりでやってくる。そして思い詰めた表情で「あす花さん、寮母やめてもらえますか? 今すぐ、この寮から出てってください」と告げるのだった。

ショックを受けるあす花を見ていると悲しくて胸が詰まる。あす花と弾の、そして8LOOMの未来はどうなってしまうのか。ドキドキと不安で今後の展開が気になって仕方がない第8話だった。

◆文=ザテレビジョンドラマ部

元記事で読む
の記事をもっとみる