1. トップ
  2. 旅行・おでかけ
  3. NYの新名所!地下鉄の廃駅を利用した緑あふれる”地下公園”とは?

NYの新名所!地下鉄の廃駅を利用した緑あふれる”地下公園”とは?

  • 2015.11.8
  • 1059 views

人気グルメやおしゃれなショップが立ち並ぶ、ニューヨークのロウアーイーストサイドに、緑豊かな“地下公園”が誕生したと話題になっている。

地下公園

その地下公園の名は「lowline(ロウライン)」。

現在は廃駅となっているウイリアムスバーグ・トローリー・ターミナルに、光ファイバーを通じて自然光が直接採光される公園を建設し、街路の地下で少しずつ草木を成長させているらしい。

「リモートスカイライト」と呼ばれるこの計画では、地上に設置された採光器によって、地下まで光を届けるというシステムを採用。

このプロジェクトの創案者、ダン・バラシュ氏とジェームズ・ラムゼイ氏曰く、将来的にはこの公園を、市民の憩いの場にすることを目指しているそう。

先日、実験的に一般公開された「ロウライン」は、ニューヨーカーたちにも好評のようで、それぞれ地下に咲く草花を興味津々で見つめていた模様。

今後は、2020年頃までの完成に向けて、公園スペースを拡大していく予定だそう。

住所は140 Essex Street。一般公開時間など詳細は、Facebookでも発表されているので、NYを訪れる予定がある方は、ぜひ立ち寄ってみては?

Lowline
http://www.thelowline.org/

旅行(まとめ)

元記事を読む