1. トップ
  2. 「ウィロー」の勇ましい剣士役がドハマリ!注目女優エリン・ケリーマンの魅力

「ウィロー」の勇ましい剣士役がドハマリ!注目女優エリン・ケリーマンの魅力

  • 2022.12.4
  • 128 views

ディズニープラス「スター」のオリジナルシリーズとして配信中のルーカスフィルムが贈る冒険ファンタジー「ウィロー」。本作で気性の荒い剣士ジェイド役を演じている若手女優エリン・ケリーマンに熱い視線が向けられている。

【写真を見る】34年ぶりに新たな物語として展開される「ウィロー」、壮大な冒険の扉が開く!

「スター・ウォーズ」シリーズのジョージ・ルーカスが原案と製作総指揮を務め、アカデミー賞受賞監督のロン・ハワードが監督した映画『ウィロー』(88)。魔法使い見習いの主人公ウィロー(ワーウィック・デイヴィス)が、仲間たちとともに邪悪な魔女から世界を救う冒険譚は、公開当時、大きな話題を呼んだ。そんな本作が34年の時を経て、前作の20年後となる世界を舞台に、新たな物語として展開される。

ケリーマンといえば、『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(18)で盗賊団クラウド=ライダーズを率いた反乱者のエンフィス・ネスト役を演じ、映画初出演ながらも大作「スター・ウォーズ」シリーズで重要なキャラクターを見事に演じ切った。

【写真を見る】34年ぶりに新たな物語として展開される「ウィロー」、壮大な冒険の扉が開く! [c] 2022 Lucasfilm Ltd.
【写真を見る】34年ぶりに新たな物語として展開される「ウィロー」、壮大な冒険の扉が開く! [c] 2022 Lucasfilm Ltd.

その後もMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマシリーズ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」で謎の武装集団フラッグ・スマッシャーズのリーダー、カーリ・モーゲンソウ役を演じ、超人兵士のパワーを持って戦う圧巻のアクションを繰り広げるなど、注目度の高い若手女優の1人となった。

そんなケリーマンが本作で演じるジェイドは、プリンセスのキット(ルビー・クルス)や王子エイク(デンプシー・ブリク)らと一緒にお城で育った気の強い女性剣士だ。20年前に追放されたはずの闇の勢力が再び王国に迫りくるなか、ウィローたちとともに王国の危機を救うべく冒険に出る。

これまでも勇ましい戦士役を好演してきたケリーマンは、今回のジェイド役について「とても強い女性で、本当に深みのあるキャラクターです。また、私がこれまで演じたきたなかでもっとも力を注いだ役柄でもあります。私とプロデューサーのジョナサン(・カスダン)は、時間をかけて彼女の過去を探り、一生懸命理解を深めていきました」と明かした。

実はこの役は『ハン・ソロ~』での好演を見たプロデューサーのジョナサン・カスダンが彼女をイメージして書いたキャラクターなのだという。ケリーマンは「ジェイドというキャラクターの説明を聞いて、とても興奮しました。このキャラクターには、私がやってみたいことが全部詰まっていたんです。そしてジョナサンが私をイメージしてジェイドを生み出したと知って、とてもうれしかったです。ジョナサンは『ハン・ソロ~』の脚本を担当していて、撮影期間中にこのキャラクターを書いてくれていたそうです。その時は一切教えてくれませんでしたけどね」と語り、自身にとっても思い入れのあるキャラクターになったことを告白した。

「ウィロー」はディズニープラスで配信中 [c] 2022 Lucasfilm Ltd.
「ウィロー」はディズニープラスで配信中 [c] 2022 Lucasfilm Ltd.

個性豊かでバラバラなウィローたち6人が、危険と隣り合わせの冒険を通して少しずつ絆を深めていくストーリーについてケリーマンは「この物語にはとても多くの要素が詰まっていて、たくさんのことが起こります。アクションはもちろん、魔法も、ユーモアも、時には感情的なことも。本当にいろいろなものが8話に凝縮されています」と見どころについて語る。

果たして彼らは、邪悪な魔法使いやトロールたちが住む危険な世界に平和をもたらすことができるのか。魅力あふれる冒険者たちが繰り広げる冒険の行方をぜひ見届けて!

文/山崎伸子

元記事で読む
の記事をもっとみる