1. トップ
  2. LE SSERAFIM、日本での思い出は「メンバーとコンビニへ歩きながらいろいろおしゃべりしたこと」<ベストアーティスト2022>

LE SSERAFIM、日本での思い出は「メンバーとコンビニへ歩きながらいろいろおしゃべりしたこと」<ベストアーティスト2022>

  • 2022.12.3
  • 170 views
LE SSERAFIMが「ベストアーティスト2022」に登場 (C)NTV
LE SSERAFIMが「ベストアーティスト2022」に登場 (C)NTV

【写真】デニム衣装姿のLE SSERAFIM

櫻井翔が総合司会を務める日テレ系音楽の祭典「ベストアーティスト2022」(12月3日[土]夜7:00-10:54、日本テレビ系)に、LE SSERAFIMが登場。新曲「ANTIFRAGILE」をパフォーマンスした。

2nd Mini Albumのタイトル曲をパフォーマンス

Mini Album『FEARLESS』で5月2日にデビューしたガールズグループ・LE SSERAFIM。メンバーは、リーダーのKIM CHAEWON(キム・チェウォン)、SAKURA(サクラ)、HUH YUNJIN(ホ・ユンジン)、KAZUHA(カズハ)、HONG EUNCHAE(ホン・ウンチェ)の5名で、BTSをはじめ、グローバルスターを多数輩出している「HYBE」が手掛ける初のガールズグループとなる。

「ANTIFRAGILE(アンチフラジャイル)」は10月17日にリリースされた同グループの2nd Mini Album『ANTIFRAGILE』のタイトル曲。今回番組で披露するにあたり、パフォーマンスの見どころや楽屋での様子、2023年の抱負などを語った。

「ギャップを意識して練習してきた」

――「ANTIFRAGILE」での注目ポイントはありますか?

SAKURA:かなりパワフルな振りつけにはなっているんですが、表情はかなりかわいい感じで、ギャップを意識して練習してきたので、かっこいい振り付けとかわいらしい表情にぜひ注目していただけたらと思います。

KAZUHA:活動をしながらいろいろな衣装を着てきたのですが、今回はピンクで統一したかわいらしい衣装を着てきたので、そこも注目していただけるとうれしいです。

――2022年を振り返り、印象に残った出来事を教えてください。

CHAEWON:今年、LE SSERAFIMでデビューができて本当に幸せでした。

楽屋では「たくさんのものを食べました」

――楽屋やリハーサルでの出来事や、どんなふうに過ごされたかを教えてください。

EUNCHAE:フルーツタルトや焼き鳥、お菓子やお弁当など、たくさんのものを食べました。特にシャインマスカットタルトがめっちゃ美味しかったです。

――来日してからの期間、日本でどんなことを楽しみましたか?

YUNJIN:仕事が終わった後にコンビニへよく行ったのですが、メンバーと一緒に歩きながらいろいろなおしゃべりをしていたのがとても楽しくて幸せでした。

「習った日本語をファンの皆さんに対して使ってみたい」

――年末、そして2023年に向けての抱負があれば教えてください。

SAKURA:1月に日本デビューをさせていただいて、これから世界中のファンの皆さんにお会いできる機会も増えると思うので、私たちの目標であるツアーもしたいなと思っていますし、日本のFearnot(ピオナ:ファンダム名)の皆さんにもたくさん会いに行けたらいいなと思います。

――これから日本デビューを控え、ファンの皆さんと直接会う機会が増えると思いますが、日本の皆さんに伝えたいことや話してみたいことはありますか?

EUNCHAE:日本に来る度に、そして韓国にいる時も、メンバーのお姉さんたちから日本語を教わっているので、習った日本語をファンの皆さんに対して使ってみたいと思っています。

元記事で読む
の記事をもっとみる