1. トップ
  2. お仕事
  3. 運転手「安心してください!」ぐずる息子に乗客の冷たい視線が…。そこで流れた”車内アナウンス”で→場の雰囲気が和んだ!!<スカッと体験談>

運転手「安心してください!」ぐずる息子に乗客の冷たい視線が…。そこで流れた”車内アナウンス”で→場の雰囲気が和んだ!!<スカッと体験談>

  • 2022.12.1
  • 22296 views

子どもを連れて外出するのは何かとトラブルが起こりがちですが、時には思わぬところから助け舟が出ることも。 みなさんは周囲に助けてもらったことはありますか?

ベビーカーを持ってくれたサラリーマン

1人目の子どもが、幼い頃の話です。 子連れの電車移動には不慣れで、 特に乗り降りのときにはホームの隙間に車輪が落ちてしまいそうでヒヤヒヤしていました。 まもなく駅に着き、片手に抱っこして片手でベビーカーを持って慌てて降りようとしたところ、 後ろからサラリーマンの方がスッとベビーカーを持って降り、人混みから少し離れたところに運んでくれました。 すぐに去ってしまったのでお礼を言う暇もなく、 お顔も見るタイミングもないくらいでしたが、颯爽とした素敵な後ろ姿でした。 (45歳/自営業)

アナウンスで和んだ車内

子どもがまだ6ヶ月くらいのときにバスに乗ったエピソードです。 まだバスに慣れていないせいか、乗ってすぐに大声で泣き出してしまいました。 周りの冷たい視線を感じて次の停留所で降りようとしていたときに、 いきなりバスの運転手さんがアナウンスをしてくれました。 「バスは初めてですか?とても乗りやすい乗り物なので、親子で安心して乗ってください!」 その言葉に周りの空気も和み、何故か子どもも泣き止みました。 あのときの運転手さんにお礼を言いたいです。 (45歳/パート)

あなたの周りにもこんな人いませんか?

いざという時助けてくれる存在って心強いですよね。 みなさんの周りはどうですか? ※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。 (liBae編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる