1. トップ
  2. <発達が遅い息子に悩んだ日々>うまいくいかない育児に苦戦した日々。しかし、乗りこえた先の景色は…

<発達が遅い息子に悩んだ日々>うまいくいかない育児に苦戦した日々。しかし、乗りこえた先の景色は…

  • 2022.12.1
  • 491 views

息子さんが1歳半になったころ、NEGIさんは発達に違和感を覚えるように……。同じことを何度言っても繰り返す、手を繋いでいられないなど、息子の行動がほかの子どもと違うことに気づいてしまったのです。そして1歳半健診に行ったとき、その疑問は確信へと変わります。たつき君は走り回っていましたが、会場にいたほかの子ども達は落ち着いてママの膝の上に座ったり、落ち着いて絵本を読んでいたからです。その夜、NEGIさんは今までずっと考えないようにしていたことをスマートフォンで調べ始めるのでした。

今まで通りたつき君のことをかわいいと思えるのか、今まで通り愛せるのかというこの2つの疑問が、頭をよぎってしまったNEGIさん。

不安で押しつぶされそうになりながらも、問題行動の解決策が分からないことに対して落胆するのでした。

そして、たつき君の行動が理解できないと困惑しながらも、ひとまず2歳になるまでは様子見にしようと決意することに……。

そんなある日、たつき君と一緒にスーパーに来ていたNEGIさん。

しかしスーパーに入った瞬間、たつき君は一目散に走り出してしまったのです。

NEGIさんは慌てて追いかけるのですが、たつき君の姿を見失ってしまいました。

あちこち懸命に探しても、一向に見つからないたつき君……。

すると、業者のお兄さんがやってきて、「その子ならさっき裏から出て行く所をすれ違いましたけど……」という言葉をかけてくれました。

その言葉を聞くと、ドラッグストアの周辺の情報をとっさに思い出します。

(裏口の先には従業員や関係者の駐車場があり、交通量の多い道路がある。……もしかして……!?)と一瞬パニックになってしまったのです。

ところがその後、駐車場にひとりで座り込み、静かに遊んでいるたつき君を見つけることに……!!

その姿を目にすると、安心感と張りつめていた緊張感が一気に緩み、膝から崩れ落ちてしまったのでした。

この一件がキッカケとなり、"もっとたつきのことを知りたい"と思うようになったNEGIさん。

発達相談窓口へ連絡を取り、早めの療育を始めることになったのですが……!?

うまくいかない息子の育児。次々に問題にぶつかって…

育児の壁にぶつかりながらも、

一つずつ乗り越えていったNEGIさん。

すると、あっという間にたつき君は

支援学校の小学2年生になっていました。

成長とともに多動の症状が薄れて、スクールバスまでの行き帰りは

NEGIさんと手を繋いで歩けるようになったたつき君。

ちょっと前まではひたすらNEGIさんが追いかけていましたが、

いつの間にかたつき君自身が変わっていったのでした。

たつき君の育児を通して、つらいことも苦しいこともたくさん経験してきたNEGIさん。かつては自分の存在意義を見いだせず、凹んだ日々もあったようですが、今ではたつき君のほうから抱きついてくれるようになるなんて、たつき君とNEGIさんの関係性は大きく変化したなぁと感じました。皆さんはどう思いましたか?


著者:マンガ家・イラストレーター NEGI

知的障害を伴う自閉症長男との日常漫画を投稿中。Instagramやブログを中心に、過去と現在の話や日々のおもしろ話を描いてます!

ベビーカレンダー編集部

元記事で読む
の記事をもっとみる