1. トップ
  2. 日本初の音響体感プレミアムシート「FLEXOUND Augmented Audio」を体験レポート!

日本初の音響体感プレミアムシート「FLEXOUND Augmented Audio」を体験レポート!

  • 2022.11.29
  • 99 views

2022年12月1日(木)より、映画館「ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場」にて、日本初となる音響体感プレミアムシート「FLEXOUND Augmented Audio(TM)」が導入される。これに先駆けてプレス向けの体験会が開催されたので、同シートにどのような特徴があるのか、ひと足早くチェックしてきた。

【写真を見る】導入する劇場は10スクリーン。それぞれ中央1列に設置、全85席を導入!

【写真を見る】導入する劇場は10スクリーン。それぞれ中央1列に設置、全85席を導入!
【写真を見る】導入する劇場は10スクリーン。それぞれ中央1列に設置、全85席を導入!

音響体感プレミアムシートは、フィンランドの拡張音響システム開発会社FLEXOUND(TM)社の特許技術による、音と振動を発生させるスピーカーが内蔵された椅子だ。

振動を通じて肌からも音を感じられる
振動を通じて肌からも音を感じられる

イヤフォンには骨伝導といった空気の振動以外の方法で音を聴く技術があるが、同シートも振動技術を応用。椅子全体をスピーカーに変え、耳だけでなく身体でも音を感じさせてくれる。耳から聞こえる音は“より鮮明に”聞こえ、さらに振動を通じて“肌からも音を感じられる”という。

体験会では同社のCMや、『トップガン マーヴェリック』(公開中)の冒頭部分、新作『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』(12月16日公開)の予告などを見ることができた。そんななか、いきなり驚いたのが、登場人物のクリアな“ささやき声”だ。椅子の枕や背部から音と振動が伝わってくるのだが、小さな声にもかかわらず、誰かが耳の側に立って話しているような臨場感や、こそばゆいような感覚をリアルに覚えた。

椅子の枕や背部から音と振動が伝わってくる
椅子の枕や背部から音と振動が伝わってくる

背中からズシンとくる重低音も気持ち良かった。ライブハウスの音圧よりも心臓に届くイメージだ。『トップガン マーヴェリック』では、戦闘機の飛行シーンで感じられる、力強い轟音が印象的。『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』に登場する巨大なクジラのような生き物から発せられる鳴き声も、身体全体を包み込むような壮大な音となっていた。

映画館「ユナイテッド・シネ マ アクアシティお台場」のスクリーン
映画館「ユナイテッド・シネ マ アクアシティお台場」のスクリーン

同社の広報担当者は「近年、爆音上映やライブ音響機材による上映など、映画音響に対するお客さまの関心度合いが高まってきていますが、音量の増幅とは別方向で、『音に包まれるような上質な音響環境を、お客さま一人一人にどのようにしたら提供できるか?』という課題の1つの回答がFLEXOUNDの音響椅子でした。このシートは、お客さま一人ひとりが個別に音に包まれるような上質な音響環境を提供することを目指して設計されています」と説明。

「個人的にも、大きな音だけでなく小さな音も鮮明に聞こえ、クオリティの高い音だと感じました」と胸を張り、「音響に対してこだわりの強い方をはじめ、幅広い方々に楽しんでいただきたいです」とアピールしていた。

アクション、コメディ、恋愛、ホラーなどジャンルを選ぶことなく、あらゆる作品においてこれまでにない音響体験ができる音響体感プレミアムシート「FLEXOUND Augmented Audio」。正直、1度体験してしまうと、ほかのシートに座れなくなるのではないかというほど、満ち足りた気持ちになった。

なお、利用料金は通常料金プラス200円(※一部作品除く)。通常シートより隣席との間隔も広く、筆者はかなりお得なのではないかと感じた。

隣席との間隔も広い!両サイドのひじ掛けが使えてうれしい
隣席との間隔も広い!両サイドのひじ掛けが使えてうれしい

取材・文/平井あゆみ

元記事で読む
の記事をもっとみる