1. トップ
  2. グルメ
  3. スタバの「振って食べるサラダ」が関西に上陸、ワンコインの魅力

スタバの「振って食べるサラダ」が関西に上陸、ワンコインの魅力

  • 2022.11.29
  • 289 views

カフェチェーン「スターバックス」(本社:東京都港区)の、カップ入りサラダ「シェイクンミール ボロネーゼ」が待望の関西初上陸。11月30日からの発売を前に、編集部がひと足先に実食してきた。

「スターバックス」で11月30日より発売される「シェイクンミール ソイボロネーゼ」

「食べてもおいしくて、心も体もみたしてくれる」をテーマに、さまざまなフードでプラントベースに挑戦する同店。現在販売されているメニューでいうと「シュガードーナツ」がプラントベースとなっており、植物性のフードにありがちな「味気なさ」が一切感じられず、満足感の高い仕上がりには定評がある。

今回登場する「シェイクンミール ボロネーゼ」は、商品名の「シェイクン」にもあるように振って食べるサラダ。10〜15回ほどシェイクして、なかに入っているトマトドレッシング風味の雑穀ビーンズサラダ、ソイボロネーゼソース、赤ピーマン、プラントベースチーズをバランスよく食べられるというもの。

味の決め手となるのは「雑穀ビーンズサラダ」と「ソイボロネーゼソース」で、それぞれに濃厚な味付けがされているため、混ざっても存在感が際立つ

完食すると、食べ応えやしっかりとした味付けにはかなりの好印象を受け、なかに入っている雑穀ビーンズサラダがボリューム満点で個人的にはお気に入りだった。そして、材料のなかでも「果たしてお味は?」と疑問を抱いていた「ソイボロネーゼ」も口に運んでみたが、お肉同様、噛めば噛むほど出てくる旨味には驚きが隠せなかった。

広報担当者は「関東ではファンの付いている商品ですね。味わいも満足していただける渾身の1杯に仕上がってますので、選択肢のひとつとして選んでいただければ。あと、みなさんには『混ぜるのを忘れないで』と言いたいです」と、同商品に込めた思いを話す。

11月30日より関西エリア282店舗での発売がスタートする同商品。価格は持ち帰り452円、店内利用460円となっており、軽いランチとしていただけそうなボリュームながらにもワンコイン以下。ドリンクと一緒にオーダーしても1000円程なので、お昼時、またちょっとした小休止にも良いかもしれない。

元記事で読む
の記事をもっとみる