1. トップ
  2. 恋愛
  3. <生理中に気絶>「仕事遅くない?」先輩の圧がすごい。新人の私は追い詰められ…

<生理中に気絶>「仕事遅くない?」先輩の圧がすごい。新人の私は追い詰められ…

  • 2022.11.29
  • 518 views

「社交的だけれど繊細さん(HSS型HSP)」気質の看護師のぷみらさん。小学生のときと看護師として働いている時、急に気絶した経験があるといいます。2度の気絶経験が気になり、クリニックへ受診してみると「血管迷走神経反射」だろうと言われ……。

看護師として働いているぷみらさんは、昔からストレスや疲れをため込みやすい気質。学生時代に一度突然気絶してしまった経験があります。特に異常はなかったのですが、社会人になり忙しく働いていると、また異変が起こりました。

日々の業務に追われる私を見て、先輩は…

社会人になり、看護師として働くことになったぷみらさん。働き始めてから半年が経過し、日々の業務に追われていました。

そんなぷみらさんには気がかりなことがありました。それは、先輩による厳しい指導です。先輩はまる監視するかのようにぷみらさんの業務をチェックし、トゲのある言葉を投げかけます。

そんな状況にモヤモヤしながらも「命に関わる仕事だから絶対に失敗できない」と自分自身を追い詰めてしまうぷみらさん。

学生時代に気絶したときも、体調不良なうえに苦手な状況でのプレッシャーに押しつぶされそうな状態だったので心配ですね……。

医療監修/天神尚子先生(三鷹レディースクリニック 院長)

※血管迷走神経反射とは:緊張やストレス、強い痛みなどが原因となり、血圧の低下や脈拍減少などをおこすことです。脳への血の流れが減少することで、血の気が引くような感覚をおこしめまいや失神症状が表れることがあります。血管迷走神経反射がおこる原因は人それぞれですが、まれに生理による不調や生理痛が原因となる場合もあります。


ぷみらさんのマンガは、このほかにもInstagramで読むことができます。
ぜひチェックしてみてくださいね!

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!


著者:マンガ家・イラストレーター ぷみら

HSS型HSPの看護師。
Instagramでは、気にしすぎ体験談とかHSPあるある漫画を描いています。
失敗だらけだけど頑張って生きてます!

ベビーカレンダー編集部/ムーンカレンダー編集室

元記事で読む
の記事をもっとみる