1. トップ
  2. スキンケア
  3. コンシーラーの“前”に仕込むだけ!目の下のシワやひび割れを目立たせないメイクテク

コンシーラーの“前”に仕込むだけ!目の下のシワやひび割れを目立たせないメイクテク

  • 2022.11.29
  • 6960 views

シミやクマなどの肌トラブルを隠してくれる「コンシーラー」。しかし、いざ目の下に塗ってみると、つけた場所がヨレたり、乾燥してひび割れたりして、余計にシワが目立ってしまうことも…。そんなコンシーラーのメイク崩れをおさえるメイクテクを海外のプロが伝授。(フロントロウ編集部)

目の下のシワを目立たせないコンシーラーの使い方

コンシーラーは、気になるクマやくすみ、小じわなどの目元悩みをカバーするのに便利なアイテム。しかし、実際にコンシーラーを使ってメイクしてみても、シワに入ったり、ヨレてしまったりと、なかなか上手くいかないという人も多いのでは?

画像: 目の下のシワを目立たせないコンシーラーの使い方

今回はそんなコンシーラーでよくある失敗を解決するメイクテクニックをプロが米Byrdieで紹介。目元にコンシーラーを塗ってもすぐヨレてしまうという人は要チェック。

コンシーラーの前に「アイクリーム」を仕込む

ニューヨークで活躍するメイクアップアーティストのアズラ・レッドによると、目元のコンシーラーがヨレてしまう最大の原因は、ずばり「乾燥」。肌が乾燥していると、コンシーラーの密着力が下がるため、時間とともにヨレや浮きが生じやすくなるだそう。

そんなコンシーラーのヨレを予防するためにプロが行なっているのは、メイク前に「アイクリーム(目元用クリーム)」を仕込むこと。

画像: コンシーラーの前に「アイクリーム」を仕込む

アズラは「コンシーラーを塗る前に、目の周りのデリケートな肌を保湿することは、シワやヨレを防ぐだけでなく、コンシーラーのキープ力も向上させます」という。

アイクリームは“さっぱりタイプ”を選ぶ!

とくに重要なポイントとなるのは、さっぱりと保湿できる軽いテクスチャーのアイクリームを選ぶこと。ニューヨークを拠点に活動するメイクアップアーティストのスージー・ガースタインいわく、こっくり濃厚タイプのアイクリームだと油分が多いため、コンシーラーによっては相性が良くない場合があるのだとか。

スージーは、「コンシーラーを塗る前に使うアイクリームは、効果的でやさしく、肌に素早く吸収されるアイクリームがいいでしょう」とコメント。

画像: tatcha.com / renskincare.com
tatcha.com / renskincare.com

ちなみにスージーのお気に入りは、タッチャ(Tatcha)の「ルミナス ディープ ハイドレーション アイセラム」もしくは、レン・クリーン・スキンケア(REN Clean Skincare)の「キープ ヤング アンド ビューティフル アンチエイジング アイクリーム」だという。

なにかと乾燥しやすいデリケートな目元周り。コンシーラーを塗るとシワが目立つという人は、まず目元の保湿ケアから見直してみるのもいいかも。(フロントロウ編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる