1. トップ
  2. ファッション
  3. 【今週の服装】寒くなってきた日の「大人カジュアル」コーデ7選【アラサー女子】

【今週の服装】寒くなってきた日の「大人カジュアル」コーデ7選【アラサー女子】

  • 2022.11.28
  • 1241 views

「CLASSY.ONLINE」およびCLASSY.公式インスタグラムで毎日更新している「今日の服装」。1週間分をまとめてお届けします。

いつものスカートコーデを今っぽく見せるコツは?
スカート派の定番コーデ「ニット×プリーツスカート」には、あえてスポーティな小物を合わせると新鮮です。足元は、重厚感のあるハイテクスニーカーでインパクトたっぷりに。トレンド再来の白リュックでクリーンな抜け感をプラスすれば、爽やかなキレイめカジュアルが完成します。

カーディガン¥49,500ニット¥44,000(ともにスローン)スカート¥38,500(ハイク/ボウルズ) リュック¥10,450(THIRD MAGAZINE × OUTDOOR PRODUCTS/THIRD MAGAZINE)スニーカー¥84,700(ピエール アルディ/ピエール アルディ 東京)メガネ¥29,700(アイヴァン/アイヴァン 東京ギャラリー)バングル¥6,330(エイチアッシュ/フォーティーン ショールーム)
『CLASSY.』2022年11月号より

カーディガンよりオシャレ!?今年らしい「羽織り」って?
トップスにもう1枚羽織りを重ねるなら、今年は断然「ジレ」がおすすめ。インナーの存在感を残しつつ、温度調節や体型カバーが叶う優れものです。トップスをグレーのワントーンでまとめることで、鮮やかなカラーパンツを大人っぽく、落ち着いた印象で着られます。仕上げにスニーカーでカジュアルダウンすれば、周りと差のつくオフィスコーデに。

ジレ¥14,850アシンメトリーニット/参考商品 テーパードパンツ¥14,300(すべてAKTE)バッグ¥146,300(ザンケッティ/エリオポール代官山)スニーカー¥24,200(NOVESTA/ドレステリア 渋谷スクランブルスクエア店)ネックレス¥46,200(アルポ/ZUTTOHOLIC)バングル¥29,700(アダワットトゥアレグ)
『CLASSY.』2022年11月号より

「いつもの黒ニット」がグッと見違える裏技って?
ジャストサイズの「ニット」を着るときは、白カットソーをインナーに仕込むだけで、こなれた印象に。首元、裾、袖の3点から白をチラリと覗かせるだけで、コーデに奥行が生まれます。カジュアル度の高いジョガーパンツを合わせて、メンズライクに着こなすのが今っぽい。

ニット¥20,900バッグ¥75,900(ともにポロラルフ ローレン/ラルフ ローレン)カットソー¥16,500(サクラ/インターリブ)パンツ¥35,200(DES PRÉS)パンプス¥22,000(ユナイテッドアローズ/ユナイテッドアローズ 渋谷スクランブルスクエア店)メガネ¥39,600(アイヴァン/アイヴァン 東京ギャラリー)バングル¥6,480(アビステ)
『CLASSY.』2022年11月号より

この冬、「カーディガン」を新調するなら?
寒暖差対策アイテムの定番「カーディガン」。今年らしさで選ぶなら、トラッド風デザインがおすすめです。紺ブレ感覚で着こなせて、何気ないスカートコーデがたちまち今っぽく。ジャケットよりもリラクシーなのに、どこか上品な印象に仕上がります。

カットソー¥24,200(タトラス/タトラス コンセプトストア 青山店)フレアスカート¥26,400(マルティニーク/マルティニークルコント ルミネ有楽町)ニットカーディガン¥19,800(スピック&スパン/スピック&スパン ルミネ新宿店)パンプス¥58,300〈ネブローニ〉イヤカフ¥29,700〈シンパシー オブ ソウル スタイル〉(ともにフラッパーズ)バッグ¥50,600(マイケル マイケル・コース/マイケル・コース カスタマーサービス)バングル¥4,590(アビステ)
『CLASSY.』2022年11月号より

オフィスで浮かない「華やかブラウス」の着こなし方って?
存在感たっぷりの袖コンシャスブラウスをオフィスで着るなら、ボトムスにはキレイめのタックパンツを。ハンサム要素を加えると、バランスよく、すっきりまとまります。モノトーンでもどこか華やか&知的なお仕事コーデの完成です。

フリルスリーブブラウス¥17,930ワイドパンツ¥19,910(ともにハッシュニュアンス)トートバッグ¥52,800(ア ヴァケーション/ノーベルバ)フラットシューズ¥37,400(ファビオ ルスコーニ/ファビオ ルスコーニ ルミネ有楽町店)フープピアス¥15,290(パズコレクティブ/ZUTTOHOLIC)
『CLASSY.』2022年11月号より

スタイルが悪く見えない「コート」選びの正解は?
冬にロングスカートを穿くときは、アウターとのバランス調整があか抜けのポイント。ゆったりシルエットのショート丈コートを選ぶと、野暮ったくならず、スタイルアップが叶います。ソックス&スニーカーでハズしたり、ファーバッグで華やかさを散りばめたりするのが◎。

ブルゾン¥94,600スカート¥86,900(ともにebure GINZASIX店)ニット¥24,200(ドローイング ナンバーズ/ドローイング ナンバーズ 新宿店)ピアス¥8,800(ワンエーアールバイウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)ソックス¥3,850(ロンハーマン/ロンハーマン)スニーカー¥15,290(ニューバランス/ニューバランス ジャパンお客様相談室)バッグ¥159,500(ザンケッティ/エリオポール代官山)
『CLASSY.』2022年11月号より

休日の「コート未満アウター」には何を選ぶ?
コートはまだ早い…そんな日は、今シーズン再注目の「Gジャン」を選んで、2022年流に。デニムシャツに重ねても、ボトムスとスニーカーを安定の黒でまとめるとうまくいきます。甘いパールネックレスとスポーティなリュックでテイストMIXすれば、一歩先を行く上級者コーデの完成です。

バックパック¥27,500〈THIRD MAGAZINE × OUTDOOR PRODUCTS〉デニムシャツ¥29,700〈THIRD MAGAZINE〉(ともにTHIRD MAGAZINE)Gジャン¥61,600(シチズンズ・オブ・ヒューマニティ/シチズンズ・オブ・ヒューマニティ)ティアードスカート¥27,500(マリハ/ショールーム セッション)パールネックレス¥43,200 イヤリング¥7,560(ともにアビステ)スニーカー¥14,300(ニューバランス/ニューバランス ジャパンお客様相談室)
『CLASSY.』2022年11月号より

再構成/CLASSY.ONLINE 編集室、岩本亜有美
※本記事は過去の「CLASSY.」「CLASSY.ONLINE」の記事を再編集したものです。完売の可能性がありますのでご了承ください。また、価格は掲載当時の価格です。

元記事で読む
の記事をもっとみる