1. トップ
  2. 恋愛
  3. 大人のための星占い!2022年11月28日~12月4日の運勢【おひつじ座~うお座】

大人のための星占い!2022年11月28日~12月4日の運勢【おひつじ座~うお座】

  • 2022.11.28
  • 22598 views
2022年11月第5週の12星座占いです。この時期どんなことが起こるのか、星の動きからひも解いていきましょう。【大人のための星占い】をお届けします。
2022年11月第5週の12星座占いです。この時期どんなことが起こるのか、星の動きからひも解いていきましょう。【大人のための星占い】をお届けします。

占術研究家・心理テストクリエーター章月綾乃の12星座占い。2022年11月28日~12月4日の運勢を西洋占星術で占います。

希望の光が差し込みます。まだ条件付きですが、「よくなっていく」「うまくいく」という予感に包まれるでしょう。

実際に物事が動き出すのは少し先、でも、心が軽くなるため、ゆとりが生まれ、前向きさや優しさを取り戻せるはず。これからについて身近な人と話してみると、楽しみな計画や約束がまとまるでしょう。

おひつじ座(3月21日~4月19日生まれ)

おひつじ座さんの魂に深く刻み込まれているのは、燃え尽きて灰になる系の“完全燃焼型ハッピーエンド”です。でも、薄々感じているように、これは昭和の価値観と言えそう。

抜け殻になった後も人生は続くと、令和の私たちは知っているのです。時の経過と共に色褪せていく過去の栄光にすがりながら、要介護で生きていくなんてイヤでしょう?

そこで、オススメなのは、“ゆるっと本気を出す”スタイル。全集中で勝負をつけ、時間が来たらオフモードに切り替えて。今週は新しいやり方を試すベストタイミングです。

愛は有言実行で。やるやる詐欺は不和のモト。

おうし座(4月20日~5月20日生まれ)

ステルスモード。一緒にいるのに数に入れてもらえなかったり、気楽に順番を抜かされたりしそう。相手に悪気や他意はなく、単にあなたの存在感が薄いせい。ミスや無礼は咎めず、鷹揚に対処しましょう。

また、この流れを逆手に取って、師走前のボーナスタイムとして骨休めさせてもらうのはいい考え。するっと輪の中から抜ける、お休みをもらうなど、少し気ままにやらせてもらうと、疲れが抜けきらずに覇気が足らない問題も解決に向かっていくでしょう。

おしゃれは、無彩色で風景に溶け込んで。愛は、秘密めいたムードを作ると盛り上がります。

ふたご座(5月21日~6月21日生まれ)

やったつもり、言ったつもりで、ふたを開けてみたら大慌て。そんなトラブルが起こりそう。

今週は割りを食う側、フォローする立場になってしまいそうですが、これも浮世の義理と割り切って、大急ぎでつじつまを合わせましょう。あなたの瞬発力、応用力が光って、周囲をあっと言わせることに。

気分的には「二度とやらないで」でしょうが、嫌味や説教よりも「いつでも言って」「このために私がいる」的な大人の余裕を見せた方が有効な教訓になるみたい。

月末や週末は、旧交を温めるのによい流れ。デートは、エスコート次第。下調べをしっかりと。

かに座(6月22日~7月22日生まれ)

健康寿命を延ばすチャンス! 意志が強く、行動力も高まっている今こそ、節制を始めましょう。年末年始を楽しんでからと考えると、ダメダメスタイルから抜けるきっかけを失います。今年はストイックにやると決めて。胃腸だけでなく、お財布への負担も減ってヘルシーライフの良さに気付くはず。

対人面では、反面教師が現れるでしょう。あの人みたいになったらおしまい、ああはなりたくないと軽蔑して終わりではもったいない。具体的に何がイヤなのか、簡単にメモに残して。この先迷った時の指針になるはず。

愛は、定時連絡で安心を育てましょう。

しし座(7月23日~8月22日生まれ)

捨てる神あれば、拾う神あり。ちゃんとしているつもりなのに、なぜかうまくいかないこともありそうですが、代わりに、あなたを買ってくれる人、分かってくれる人も現れるでしょう。

万人に好かれたい、愛されたい、すごいと思われたい幻想は捨てて、評価してくれる場所で、大事にしてくれる相手とつきあえばいいのです。今週はズレたら、「またね」でOK。深追いせずに引きましょう。また、条件や状況が整えば、関係性も変わってくるはず。

お楽しみは、話題のカルチャーに。流行モノは、要チェックで。愛は、歴史を感じるデートが充実。

おとめ座(8月23日~9月22日生まれ)

独り言が増えそう。それだけ、抱えているものが多く、分かってほしいのです。でも、ブツブツ言っている人って、客観的に見てどうですか? ヤバいですよね?

いわゆるアブナイ人になりかけているので、孤独を自覚しましょう。寂しいし、つらい。キツいし、先が見えない。これはボヤいてガス抜きをしなくては!

友達をつかまえる、スナックに行ってみる、いきなり電話をかけてもいい。人と話すと、こんがらがっていた糸がほどけて、いつものあなたに戻れるはず。泣ける映画でデトックスするのもオススメ。愛は甘えず、かっこつけておいて。

てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)

今週、思い出していただきたいのは、バブル前後にあった「一生もの」のレトリックです。高い物を買っておけば間違いがない、ずっと使えてかえってお得。そう言われてそろえた喪服もサイズの問題、デザインの古さなどで、買い替えを余儀なくされていませんか?

つまり、絶対に間違いのないものなんてないのです。未来のあなたは変化し、成長していきます。その時々で必要な物が変わっていくから、先の心配をし過ぎないように気を付けて。基準は今必要か、好きかでOK! 肩の力を抜いてチョイスして。

愛も、刹那の情熱に身を任せて。

さそり座(10月24日~11月22日生まれ)

やっと心が決まりそう。優先順位が明確になって、「こうしたい」が見えてきます。ただ、実行するとなると、周囲に波紋が広がるのは防げないでしょう。

ずっと続けてきたことを終わりにする、あなたの分も頑張ってもらうなど、申し訳ないお願いをしなくてはならないはず。罪悪感や責任感、また、愛着や同情で決心を覆すのは愚の骨頂です。

移行期間を長めに取るなど、いくらでも手は打てるし、本気を示せば、周りも考えてくれます。永遠に続くことなどありません。ここが潮時、強い意志で人生の乗り換えを図って。愛は、遠出がよい気分転換に。

いて座(11月23日~12月21日生まれ)

考えるのがイヤになりそう。今のあなたは、「どっちでもいい」し、もっと言えば、「なんでもいい」のです。だから、「こっちだよ」って言われたら「そっちですね」でフラフラついて行ってしまうはず。それを見て、別の人が「なんでそっち?」と言うから「えっと」と混乱するハメに。

そんないて座さんはこの先、「人」で選びましょう。「〇〇さんと一緒」でいいのです。丸投げ、お任せでうまくいくし、分かりやすいから横やりも入らなくなって、ラクチンで過ごせるはず。

SNSで流れてきた面白そうなことは、試す価値が。愛は、放任主義で。自由度高めに。

やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)

「ちょっとお願い」のススメ。やぎ座さんは苦労人、みんなが気付かないところで面倒を一手に引き受けて、全体をうまく動かす芸当をやってのけているはず。だから、いつもやることが多く、時間がなくてくたくたなのです。

今週は部分的に人に肩代わりをしてもらいましょう。「こんなにやっていたんだ」が伝わればいいのです。すぐに「ごめん、ありがとう」で引き取って。予想以上に負担がかかっていると分かってもらえれば、後日、劇的な改革が起こります。あざとく賢く立ち回りましょう。

愛は、リサーチが大事。一人合点で進めないこと。

みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ)

「ま、いっか」パワーで押し切れそう。価値観の違い、ライフスタイルのズレが際立ち、悪くはないけれど、よくもない、ちょっと引っ掛かりやすい一週間です。明らかに違和感、異分子は残るのですが、ここは無邪気を装い、「楽しかった」「また会いたい」でキレイにまとめてしまいましょう。

すると、空中分裂しそうな関係も、「よく分からないけれど、いいのかも」で、なんとなくキープができるはず。深く追求しない、いちいち反省しない、ある意味、雑にこなせば、次の流れがきてうまくほとぼりが冷めるでしょう。愛も、超ドンカン主義で。

うお座(2月19日~3月20日生まれ)

12月に入った途端、ムードがガラリと変わるでしょう。11月中にピッチを上げてやるべきことをやっておくと、スムーズに移行ができるはず。

大幸運期のファイナルに差し掛かっているため、意見や希望は通りやすくなっています。あれもこれも叶えてもらうよりも、的を絞って大きな望みを通すのがオススメ。いつかこうしてほしいなど、未来のレールを敷くのもいい考え。

自己改革は、効果抜群です。ダイエットや体質改善、資格取得などで、新しいあなたに生まれ変わって。おしゃれは、旬のオーバーサイズで。愛は、尽くすほど深まりそう。

文:章月 綾乃(占いガイド)

元記事で読む
の記事をもっとみる