1. トップ
  2. メイク
  3. 乾燥する季節!「ツヤ肌」になれる簡単ベースメイク術♪

乾燥する季節!「ツヤ肌」になれる簡単ベースメイク術♪

  • 2022.11.27
  • 7404 views

おはようございます。コスメコンシェルジュの稲毛登志子です。
寒い季節は、肌のうるおいが足りずカサカサになりがち。ますます乾燥がすすむ冬を前に、毎日のベースメイクを見直してみませんか?
今回は、みずみずしいツヤ肌を簡単に作れるベースメイクテクニックをご紹介します♪

ツヤ肌になる「化粧下地」の選び方

化粧下地
朝時間.jp

ツヤ感を簡単に出すなら、パール入りの下地がおすすめです。
パールが配合された下地を使うと、内側から発光したようなつややかな肌になれます。カラーは肌悩みや、なりたい肌に合わせて選んでくださいね。

下地のカラー選びのポイント
  • ホワイト…透明感をプラス
  • ピンク…血色を上げる
  • ブルー…くすみを和らげる
  • ラベンダー…ピンクとブルーの両方を叶える
  • イエロー…色ムラをカバー

ツヤ肌仕上げにするなら、化粧下地は必須です。パール入りの化粧下地で、ツヤ肌の土台をしっかりと作っておきましょう。

ファンデは「極薄く」

化粧下地で肌を整えたあとは、ファンデーションを塗ります。ファンデを厚く塗ると、肌のアラは隠せますが、途端にツヤ感が薄れてしまいます。
下地のツヤ感を打ち消さないよう、薄く塗ってくださいね。

朝時間.jp

おすすめは、軽い仕上がりになるリキッドファンデーション。
今回使ったのは、ルナソルの「グロウイングシームレスバームEX」です。
薄膜を一枚肌にまとったような仕上がりは「水ツヤ肌」になれると評判のファンデで、私自身、ツヤ肌にしたい日はこのファンデを手に取ることが多いんですよ。
ファンデで隠しきれなかったシミなどがあれば、コンシーラーで部分的に補正しましょう。

パウダーは「ブラシで」つける

仕上げに塗るパウダーは、ブラシを使います。
ブラシで塗ると薄付きのナチュラル仕上げ、パフを使えばマットな陶器肌になれます。

おしろい
朝時間.jp

パウダーのフタに少量出し、メイク崩れが気になるところにブラシで塗ります。
次にブラシに残ったパウダーで、顔全体に塗れば、ツヤ肌ベースメイクの完成!

ハイライト比較
朝時間.jp

さらにツヤを足したい時は、ハイライトを足してくださいね。
パウダータイプは、ツヤ感の調節が簡単。リキッドタイプは、にじみ出るようなツヤ感をプラスできます。
***
いかがでしたか?
今回はツヤ肌を作るベースメイク法をお届けしました。寒くなればなるほど、うるうるとしたツヤ肌は好印象を与えます。ぜひお試しを♪

元記事で読む
の記事をもっとみる