1. トップ
  2. 恋愛
  3. 戦略的なアピール!モテる女性が実践する3つのあざとかわいいアプローチ

戦略的なアピール!モテる女性が実践する3つのあざとかわいいアプローチ

  • 2022.11.26
  • 3496 views

あざとくかわいらしい自分を見せられる女性は、自分を演出する能力が高いと言えるでしょう。

男性の心を確実につかむためには、冷静な分析を重ねることも重要なようです。

そこで今回は、あざとかわいい女性が、実践するアプローチを3つご紹介します。

彼の視線をつねに意識する

「彼に見られていることに気づいていないふりで、『自然体のかわいい私』をアピールします。
待ち合わせとか、デート中に彼がトイレに行ったときとか、じつは男性って遠くから見てるんですよ。
だからデートの日は、家を出た瞬間から帰るまで、ずっと口角あげっぱなしですね」(23歳女性/歯科衛生士)

好きな男性と一緒にいるときは満面の笑顔だったのに、彼が席を外した瞬間、真顔に戻る……なんてことはありませんか?

そういった場面を、意外と目撃している男性は多いようです。

目の前に彼がいなくても気を抜かず、つねにかわいい表情をキープすることが、あざとかわいい女性の鉄則と言えるでしょう。

天然っぽい言動

「好きな人の前では、あえてちょっと抜けたところを見せますね。
天然っぽくふるまってみたり、難しい話はなるべく避けたり。
ちょっと抜けてるぐらいの方が安心できるのか、男性の反応がいい実感があります」(26歳女性/美容クリニック)

完ぺきな女性を前にして、緊張や居心地の悪さを感じる男性は少なくありません。

だからこそ、彼が気を抜ける隙として、ちょっと抜けたところを作るのがおすすめ。

賢さを感じさせる言動より、天然なふるまいの方が、安心感を与えられるのかも。

かわいらしい小物を持ち歩く

「持っているだけで自分がかわいく見える小物は必須ですね。
ガーリーな手鏡とか、小ぶりなバッグとか……実用性よりもデザインとかサイズ感が大事。
デートのとき、かわいらしい感じをアピールするのに使えます」(24歳女性/病院受付)

手軽に実践できるテクニックが、小物でかわいらしさを演出する方法です。

これまで使ってきたものより、ガーリーなアイテムを揃えて。

女子力の高さをアピールすると同時に、小物を使う様子から小動物的なかわいさを作り出してみましょう。

自分をよく知って「かわいい」を演出

「あざとい」という言葉には、少なからずネガティブなイメージを持つ人は多いと思います。

けれど「あざとかわいい」というのは、戦略的に演出されたかわいらしさを指すもので、その土台には繰り返した自己分析があるのです。

自分のことをよく知って、より魅力的に見せることを恥ずかしがらないからこそ、「あざとかわいい」は実現できるのだと言えます。

(愛カツ編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる