1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 占いで100円が3万円に! 競馬で大勝ちした占い師がギャンブル好き芸人を鑑定

占いで100円が3万円に! 競馬で大勝ちした占い師がギャンブル好き芸人を鑑定

  • 2022.11.26
  • 3860 views

11月24日深夜放送の『占いなんて信じない』(テレビ東京)。番組前半はハリセンボンの近藤春菜さんが鑑定を受け、後半はお笑いコンビ、ザ・マミィの林田洋平さん、酒井貴士さんが登場します。ザ・マミィの2人の悩みとは?

■話題の占い師がザ・マミィを占う
この番組には毎回、深い悩みを抱えるゲストが登場。全国から集結した最強占い師軍団が悩みを占いで解決していきます。番組の特徴は、見届け人である加藤浩次さんが鑑定に立ち合い、占い師とゲストの両者に忖度なしに吠えまくること。

「占いを信じない男」加藤さんだからこその鋭い質問やツッコミに、ときには占い師がたじろぐ場面も。超リアルな占いバラエティ番組です。

今回は、暮れの酉さんと初登場の法演さんがゲストを予想した後、登場したザ・マミィの2人を鑑定しました。

-------------------------
◎今回の占い師はこの2人
・暮れの酉(くれのとり)さん
古今東西の占術を極め、大阪で19年間行列を絶やさなかった伝説の占い師
占い:【鳳凰数術(ほうおうすうじゅつ)】

・法演(ほうえん)さん
痛い所にズバッと切り込む“心の足つぼマッサージ”鑑定が評判の修験者占い師
占い:【MITSURI(みつり)】
-------------------------

■ゲストは「ギャンブラー」と「医療関係」?
修験者占い師の法演さんは初登場ということで、自己紹介からスタートしました。法演さんのオリジナル占術は「MITSURI」と言い、生年月日から導き出した12種類の暴露数を用いて、人の性格や考え方を観ていく占いです。

この日もゲストが登場する前に、2人の占い師が生年月日、性別、出生時間、出生地だけで人物像を予想しました。

法演さんは「2人組の芸人」で、なおかつ「この2人には華がない」と鑑定します。すると暮れの酉さんが「そこまで言う? 僕はそこまで思ってない」と反論。

暮れの酉さんの占いでは、6月生まれの人は「華がありそう」とのことです。「ギャンブラー」や「お酒好き」など、昭和の芸人さんっぽい空気の星を持っている人なのだとか。

片や、9月生まれの人は「医療関係の星」があるそうで、「なぜテレビの世界へ?」と暮れの酉さん。鑑定の模様を別室で見守っていたゲストは「当てすぎだよ」「そこまでわかるの?」とびっくり。

なお、この9月生まれの人は20歳頃に遅れて反抗期がやってきて、道がそれたとも占いました。

■登場したのは医師の息子とギャンブル好きのコンビ
占いで予想した後、登場したのは『キングオブコント2021』で準優勝したザ・マミィの林田洋平さんと酒井貴士さん。2人が自己紹介を終えると、加藤さんはさっそく答え合わせをしていきます。

9月生まれの林田さんは、お父さんが医師で以前は医学部を目指していたそう。でも、20歳頃から大学に行かなくなり、中退してお笑いの道に向かったと明かしました。「当たってるね」と言う加藤さんに、林田さんは「当たりすぎて怖いです」と返答します。

6月生まれの酒井さんについては「酒とギャンブルと言ったらお前だもんな」と加藤さん。酒井さんは「どっちもやらないんですよ、僕」とすまして見せますが、すぐさま「ゴリゴリやるじゃねぇか」と突っ込まれました。

加藤さんは以前、別の番組のロケで酒井さんと一緒にギャンブルをやったことがある様子。その際、大金を賭けるのかと思いきや、100円ずつ賭けていたと振り返ります。

■競艇で「当たる数字」を知りたい
酒井さんの相談内容は「借金が400万円」ほどあり、なかなか返せないので、ボートレースで当たりやすい番号を教えてほしいということ。買ったら当たりやすい番号、もしくは配当が高い番号を知りたいそうです。

「競馬とか競艇とか当てられます?」と加藤さんが質問したら、暮れの酉さんは競馬で一度、3万円を当てたことがあると打ち明けました。しかも100円賭けて3万円買ったので、倍率は300倍! もし1000円買っていたら、30万円になっていたと酒井さんは色めきたちます。

ただしギャンブルは、その都度、星を出して観る必要があるので「面倒くさいです」と暮れの酉さん。そんなに簡単には勝てないことがわかり、酒井さんは落胆の表情を見せました。

加藤さんが、人によって「ラッキーナンバー」はあるのか? と問うと、法演さんは「あると思います」と即答。暮れの酉さん、法演さんの順で、それぞれ酒井さんのラッキーナンバーを伝えます。

■ザ・マミィ酒井のラッキーナンバーは2と8
暮れの酉さんの占いでは、酒井さんのラッキーナンバーは「8」。酒井さんは、競艇の数字は「6までなんですよ」「8買えないよ」と残念そう。ちなみに「8」がいいのは、九星気学で出した数字みたいです。

一方、法演さんの占いではラッキーナンバーは「2」。酒井さんは「2は使えるよ。黒のフネですね」と喜びました。

ちなみに暮れの酉さんいわく、ラッキーナンバーは、部屋の番号や名前の画数、車のナンバーなどに取り入れて「ヨシ」と思うくらいのものでいいかな、とのこと。すると酒井さんは「今住んでる部屋が208なんです」と声を上げ、加藤さんが「あらあら」と反応します。

酒井さんは、昨年の『キングオブコント』の後にそこに住み始めると、仕事が増えたとか。部屋が「208」で、住所にも「2」と「8」が入っていることがわかり、一同びっくり。

「208」に住んでいるから仕事が増えたのか? と加藤さんが質問しますが、暮れの酉さんは冷静に「たぶん現実的に『キングオブコント』準優勝されたから」と答えました。

加藤さんは笑って「その通りだと思う」と言うと、酒井さんは「なんだ」と言いつつ、「でも信用できる人だ」とコメント。加藤さんも「乗っかるもんな。普通だったらな」と応じます。

法演さんは、自分の占いでは、ギャンブルを続けている限り「お金持ちにはなれません」ときっぱり。すると酒井さんは「その番号、どこで使うの?」としょんぼりしました。

次回の放送では、ザ・マミィの、知られざる過去の闇が占いで暴かれるそうです。お楽しみに!

■暮れの酉公式サイト:暮れの酉の「鳳凰数術」

元記事で読む
の記事をもっとみる