1. トップ
  2. 恋愛
  3. 関西の末っ子コンビ・小瀧&佐野、東京で突撃ロケ「嬉しすぎて」

関西の末っ子コンビ・小瀧&佐野、東京で突撃ロケ「嬉しすぎて」

  • 2022.11.26
  • 112 views

メンバーが記者となって日本全国の理解不能な人や場所に突撃する、ジャニーズWESTの冠番組『あなたの代わりに見てきます! リア突WEST』(ABCテレビ)。記念すべき100回目となる11月27日放送回では、メンバーの小瀧望とともに、直の後輩であるAぇ! groupの佐野晶哉が、東京・新橋で突撃ロケをおこなう。

『リア突WEST』11月27日放送回に登場する、ジャニーズWEST・小瀧望(左)、Aぇ! groupの佐野晶哉 (C)ABCテレビ

今回のミッションは「タイパ(タイムパフォーマンス)No.1の爆速グルメ探し」ということで、時間のかかる街なかでの聞き込みではなく、効率的な検索ワードを考えながらスマホで店探しをすることに。小瀧に次ぐお笑いセンスの持ち主として抜擢された佐野とともに、さっそく「タイパ」ワードを使っての大喜利合戦がはじまる。

しかし、不慣れな東京、かつグループを離れての先輩との2人ロケに緊張気味の佐野は、無言で検索に夢中に。小瀧は「佐野、これテレビやで?」と、さっそく先輩風を吹かせる。

最初に訪れたお店での「14秒」という提供時間を上回る速さのランチを探し求める2人。しかし、佐野から「めちゃめちゃ少食なんですよ・・・」と、小瀧は食べ歩くロケ中とは思えない衝撃の告白を受ける。後輩をカバーし、ロケを先導する小瀧の姿に、スタジオで見守るWESTメンバーが、「これが先輩やなー」と胸を熱くする場面も。

WESTではグループ最年少、かつ1番後輩の小瀧。今回が初の後輩との2人ロケということで、小瀧は「後輩とロケに行けるのがうれしすぎて!」と笑顔に。取材NGが続くなどロケの出来に手ごたえがなく、「『これでよかったんですかね・・・』と言いながら大阪に帰っていった」という佐野の裏話も明かした。

しかし、ロケを判定するロケの達人として迎えた銀シャリ・橋本からは、「これでいいのよ! 令和は」と思いのほか高評価。この模様は11月27日・昼1時25分から放送される。

元記事で読む
の記事をもっとみる