1. トップ
  2. 韓国の“新星イケメン俳優”2人が異なる魅力を発揮 ロモン&ソ・ジフン解説<代理リベンジ>

韓国の“新星イケメン俳優”2人が異なる魅力を発揮 ロモン&ソ・ジフン解説<代理リベンジ>

  • 2022.11.26
  • 167 views
(写真右から)ジェボムを演じるソ・ジフン、オソンを演じるチェ・サンウ 「代理リベンジ」ディズニープラス スターにて独占配信中 (C)2022 Disney and its related entities
(写真右から)ジェボムを演じるソ・ジフン、オソンを演じるチェ・サンウ 「代理リベンジ」ディズニープラス スターにて独占配信中 (C)2022 Disney and its related entities

【写真】 細マッチョな肉体美にうっとり…!ロモンが演じるスホン

韓国の大ヒットWEBドラマ「A-TEEN」の主役としてブレイクした女優シン・イェウンが主演を務める、新たな韓国ドラマ「代理リベンジ」。“ハイティーン復讐スリラー”と銘打つ同作には、シン・イェウンをはじめ今注目の“新星”俳優=ライジングスターが多く出演している。その中で今回はメインキャストのイケメン男子2人、ロモンとソ・ジフンを解説する。

ロモン扮するスホンは“復讐代行”人

「代理リベンジ」は、双子の兄の死にまつわる真実を探し求める主人公・チャンミ(シン・イェウン)と、不公平な世の中に立ち向かって“復讐代行”を始めたスホン(ロモン)が人生を揺るがす衝撃的な事件に巻き込まれて繰り広げられる、ハイティーン復讐スリラー。毎週水曜にディズニープラスの「スター」にて2話ずつ追加され、全12回の編成。11月26日時点では第6話まで配信されている。(以下、ネタバレを含みます)

チャンミは、釜山の施設で暮らす高校2年生。ある日、別々に暮らす双子の兄・チャンギュ(カン・ユル)が不審な死を遂げる。彼の養父母も警察も「自殺」と断定。納得できない彼女は、死の真相を探るため、彼の通っていた高校に射撃部の特待生として転校する。

チャンギュは養子となってからは“パク・ウォンソク”という名前になっていて、学内ではチャンミが妹であると誰も分からない。妹だと知れたら真実が明かせないかもしれない、と、彼女は兄との関係を隠したまま真実を探る。

ロモン演じるスホンは、転校先でのチャンミのクラスメイト。チャンミの転校初日にひょんな事から仲良くなった。そんなスホンだが、学校でイジメを行っていたジュンギョン(チン・ホウン)に、“復讐代行”として人知れず暴力的な制裁を加えるなど、ダークヒーローとでもいうべき役どころだ。

ソ・ジフンは謎の多い記憶喪失の生徒役

 「代理リベンジ」ディズニープラス スターにて独占配信中 (C)2022 Disney and its related entities
「代理リベンジ」ディズニープラス スターにて独占配信中 (C)2022 Disney and its related entities

一方、ソ・ジフンは1年前に事故に遭い、昏睡状態から奇跡的に目覚めて復学してきたジェボムを演じる。第5話、第6話でジェボムの謎が少しずつ明らかになってきた。

ジェボムは、家で本に挟まった1枚の写真を見つけた。それは見覚えがない男子生徒との仲の良さそうな2ショット。そしてジェボムの隣に写っているのはウォンソクだった…。少しずつ記憶が戻りだしたジェボムは、自分は交通事故ではなく実は自殺未遂だったと思い出す。そして、ウォンソクを殺したのは自分ではないのか…と思い始める。

チャンギュ=ウォンソクを殺したのは誰なのか…この作品には多くの人物が登場するが、その誰もが犯人の可能性を秘めている。実は、撮影の最終日まで、出演者たちは誰が犯人なのか知らなかったんだそう。撮影の合間には、みんなで「犯人はオマエじゃないの?」と人狼ゲームのようなことをして遊んだほどだという。

常に初心を忘れずデビュー作を見返すソ・ジフン

 「代理リベンジ」ディズニープラス スターにて独占配信中 (C)2022 Disney and its related entities
「代理リベンジ」ディズニープラス スターにて独占配信中 (C)2022 Disney and its related entities

犯人捜しの糸口として、ジェボムが失った記憶の中にすべての事件の始まりが隠されているようだ。ジェボムを演じたソ・ジフンは、その「記憶が無い」という部分に魅かれたんだそう。「消えた1年間の記憶が、どんな重要な事件と関係してるんだろう、と予想しながら演じました。それが少しずつ明らかになったときのジェボムの感情は、僕自身も共感するところがあり、楽しく撮影しました」と語り、今回の役は彼にとって挑戦でもあった、と製作発表で語っていた。

ソ・ジフンは若く見えるせいか、この「代理リベンジ」の前に出演した「青春ブロッサム」でも高校生役だったが現在25歳だ。中学時代にドラマ「ドリームハイ」のキム・スヒョンの演技を見て俳優に興味を持つようになり、映画「BLEAK NIGHT 番人」を観て本格的に演技を学ぶために大邱から上京した。大学では映画演劇科を専攻。2016年に「シグナル」の女子高生の集団暴行の主犯格役でデビューし、出番は少なかったが、強烈なインパクトと甘いルックスで「彼は誰!?」と注目を浴びた。

「シグナル」の後も「ソロモンの偽証」や「恋するレモネード」などで学生役を中心に重要な役割を次々に演じて人気と実力を着実に上げてきたが、大きく飛躍したのは、2018年の「ケリョン仙女伝」。彼は動物や植物とも話せ、枯れた花も生き返らせる不思議な能力を持つ心やさしい大学院生・クムを演じた。純真無垢で一途な恋心の癒されキャラ「クム先生」に胸キュンした女性が続出。演技面でも、コ・ドゥシム、ムン・チェウォンなどの大先輩たちと堂々と渡り合い、存在感を見せつけた。

だが本人的には、振り返ってみると「もっと上手くやれたのではないか?」と残念な気持ちになったようだ。この作品だけでなく、彼はいつも自分に厳しく満足することがない。「“俳優”と言うにはまだまだ足りない部分が多い」と、常に謙虚だ。そして今でも初心を忘れないためにデビュー作の「シグナル」を見返すのだという。

その人物が実在してると感じてもらえるように演じたい

「1つのイメージにとらわれずに、毎回新しい姿を見せて驚きを与えられる俳優になりたい」と言う彼は、「シグナル」で見せた集団暴行の主犯格に始まり、「あいつがそいつだ」の明るくおちゃめな姿や「青春ブロッサム」での冷たさを内包したキャラクターなど、幅広い多面性を見せてきた。「実際の僕は無愛想だし静かな性格なので、そんな僕にみなさんが善良でやさしいイメージを持ってくださったのが、自分では意外でした。自分では強い役を演じるのがラクだと思ってたんですけど。そんなイメージを生かしつつ、後悔しないようにできる限り多くの役に挑戦していきたいです。そして、その人物が実際に居そうだと感じてもらえるように演じたい」と語っていた。

そして「作品で自分が出てきたときに、劇の流れが壊れないように演じたい」と努力する彼にはオファーが途切れない。2023年には四柱推命をテーマにしたミステリーに、天才占い師役で主演が決定している。

2023年には日本でファンミーティングを開催するロモン

 「代理リベンジ」ディズニープラス スターにて独占配信中 (C)2022 Disney and its related entities
「代理リベンジ」ディズニープラス スターにて独占配信中 (C)2022 Disney and its related entities

ソ・ジフンやシン・イェウンと共に「代理リベンジ」でメインの1人を務めるスホン役のロモンは、2022年のNETFLIXの学園スリラー「今、私たちの学校は…」(以下「学校」)のスヒョク役で、世界的な人気を受けたライジングスター。この作品に出演して、彼のInstagramのフォロワーは数十万人から一気に増え、現在は550万人を超え、2023年には日本でのファンミーティングも決定するほど、人気爆発中だ。

本作で彼が演じるスホンは、文武両道の人気者。兄をイジメ自殺で亡くし、母親はそのせいで入院中。入院費を稼ぐためにアルバイトに精を出している学生だ。最近脳腫瘍が見つかり、余命半年の宣告を受けてしまった。そして、報酬につられて復讐代行を始める人物だ。ロモンはスホンの魅力を「厳しい状況でも前向きにしっかり生きていこうという点。そして責任感」と語っている。

キックボクシングが得意な設定のため、彼は撮影前から週に3~4回の訓練をし、それでは足りない、と明け方に河原で練習するほど努力した。併せて、復讐代行するイメージに合わせ、毎日1~2時間のウェイトトレーニングで体を大きくしたのだとか。また、バイクのシーンのために免許も取ったそう。

今回、ロモンをはじめキャスティングで重要視されたのは「制服がよく似合いながらも成熟した感じが出せる」こと。彼は「学校」に続き制服姿を見せたが「今じゃなきゃできない役なので大切にしているし、ワクワクしました」と語り、「『学校』では、ゾンビが発生して友達と共に逃げて戦ったが、今回は1人寂しく置かれた状況で真っ直ぐに立ち向かって戦う」と、自身の役柄の違いを語った。

ウズベキスタン生まれ、韓国育ち

チャンミはスホンを兄殺しの犯人だと疑うように… 「代理リベンジ」ディズニープラス スターにて独占配信中 (C)2022 Disney and its related entities
チャンミはスホンを兄殺しの犯人だと疑うように… 「代理リベンジ」ディズニープラス スターにて独占配信中 (C)2022 Disney and its related entities

ロモンはウズベキスタンで生まれ、小学生のときに韓国に来た。生粋の韓国人だ。本名の「ソロモン」は、キリスト教ではないが、父親が聖書を読んで、「ソロモン王のように賢く生きてほしい」という思いを込めて付けられたんだそう。芸名の「ロモン」は家族や友だちからの呼び名だ。

彼が芸能界に興味を持ったのは小学生のとき。祭で舞台で踊ったときに受けた拍手が刺激的で、人前に立ちたい、と思ったのがきっかけ。ダンスが好きで、アイドルになることも考えたという。中1のときに現在の事務所を紹介され、演技を学んでみたらどうか、と勧められ、教室に通うように。「初めて演技をしてみたらとても面白くて、学ぶにつれて深くて難しいことを知りました。元々勝負欲があるので、上手くやりたいという気持ちが大きくなって、それが今でも続いているようです」と語った。

子役として活動を始め、2016年に映画「こわい話3」で俳優として正式デビュー。そして「伝説の魔女」や「ドクターズ~恋する気持ち」などに出演し、「番人」ではサイコパスの役も演じて着々と力を付け、ついに「学校」で大ブレイク。ここまで6年かかったが、「人にはそれぞれに“時期”があると思う。与えられた仕事に一生懸命最善を尽くし、結果より過程を重視してやってきました。事務所を信じて熱心に待っていれば、いつかは良い日が来ると思っていました」と、無名時代も焦らずにがんばってきたと語っていた。

そして「情熱と潜在力が僕の武器であり長所。他人より一拍子遅くても、着実に前に進み成長する姿を見せたい」と語り、「うぬぼれて怠け者にならないように。素敵な先輩方は、みんな驚くほど誠実で勤勉です。後悔が残らないように毎瞬間、最善を尽くして、ジャンルを問わず与えられた仕事を熱心にする、態度が良い俳優になりたいです」と、今後の活躍を期待させた。

スホンは脳腫瘍のせいで暴力性に歯止めがきかなくなることが… 「代理リベンジ」ディズニープラス スターにて独占配信中 (C)2022 Disney and its related entities
スホンは脳腫瘍のせいで暴力性に歯止めがきかなくなることが… 「代理リベンジ」ディズニープラス スターにて独占配信中 (C)2022 Disney and its related entities

ロモンやソ・ジフン、シン・イェウンの他にも、イ・スンミンやチョン・スビンなど、演技派の若手俳優が大集結しているこの「代理リベンジ」。ストーリーも半分を超え、新たな登場人物や事件で犯人捜しがますます難しくなってきた。最後には、あっと驚くどんでん返しもあるそう。最後までドキドキしながら楽しみたい。

◆文=鳥居美保/構成=ザテレビジョンドラマ部

元記事で読む
の記事をもっとみる