1. トップ
  2. 【ダイソー】トング…じゃない!定番グッズが進化♪画期的すぎるアイテムの正体とは?

【ダイソー】トング…じゃない!定番グッズが進化♪画期的すぎるアイテムの正体とは?

  • 2022.11.26
  • 12466 views

こんにちは!

100均を調査し、掘り出し物を見紹介する企画「100均パトロール」のお時間です。

今回のアイテムはこちら!またまた謎なものを見つけてしまいました。複雑な形ですがどこでどんな風に使うアイテムなんでしょう?

形が変わるからますます不思議

こちらのアイテムは伸ばしたり畳んだりできます。

伸ばすとなんだかトングのようにも見えますよね。たたんだり伸ばしたりできるのは何のためなんでしょう?

正解は「キッチンの袋クリップ」!よく使うアレが使いやすく♡

こちらのアイテムはキッチンで大活躍するんです。小麦粉や片栗粉など、保存方法に困っていませんか?そんな時にこれを使えば、いつものパッケージが保管ケースに早変わりしちゃいます。

こちらのアイテムの正体は、口のあいた袋を留めるクリップなのですが、よく見るクリップとの違いはこちら!

なんとこのクリップ、真ん中で折り曲げられるのでクリップをつけたまま口を半分だけ開けられるんです。これは画期的!!

実践してみました!

使い方は以下の通りです。

袋の口を開けきらず、5cmだけカットして取り付けます。

いつも使っている小麦粉にキッチンの袋クリップを取り付けてみました。

一般的な1kgの小麦粉の口に幅がぴったり!長さが12㎝と長めの設計で、小麦粉のために作ったのかと思うほどです。

そしてクリップを半分開けてみると

ちょうどいい口の開き具合!もちろんクリップを開けた状態でいつも通り使えます。

小麦粉がドバっと一気に出すぎることもなく、欲しい量が無事計量できました!

そして小麦粉を使い切った後も、握力を使わずとも簡単に外すことができます。

折り曲げた部分をホールドしてくれて使いやすい

キッチンの袋クリップは、このように先端には両側にツメが付いていて、折り曲げた状態でパチっと留めることができます。

小麦粉の袋を傾けたときに、折り曲げた部分が邪魔になりません。

そして使いやすさもさることながら、

【クリップを外す→置く→しまうときにクリップを探す】

といったプチストレスがありません。中身を使い切るまでクリップを外さなくていいので、忘れっぽい筆者には強い味方になってくれました!

口を留めたクリップをいちいち外すのが面倒、クリップがすぐ行方不明になるとお悩みの人は、ぜひダイソーで探してみてくださいね。

商品情報: キッチンの袋クリップ 110円(税込)/ダイソー
JAN:459131512717
※2022年11月時点の情報です。

写真・文/emicomb

元記事で読む
の記事をもっとみる