1. トップ
  2. ファッション
  3. 【プロ厳選】レディースダウンコートのおすすめハイブランド!選び方やお手入れ方法も

【プロ厳選】レディースダウンコートのおすすめハイブランド!選び方やお手入れ方法も

  • 2022.11.25
  • 4542 views

レディースダウンコートのおすすめハイブランド

まずは、ダウンコートがおすすめのハイブランドを紹介。ハイブランドに精通したKÓMERU編集長・坊所ならではの視点で、それぞれのハイブランドのダウンコートの魅力や特徴も解説するので、この冬、ハイブランドのダウンコートを購入検討している方はぜひチェックしてみてください!

モンクレール(MONCLER)
モンクレールのダウンコート

言わずと知れた高級ダウンブランド。モンクレール(MONCLER)が使用するダウンはホワイトグースダウンと言って、最高レベルの暖かさと軽さを兼ね備えています。また、ダウンは各部位ごとに1g単位で重鎮量が決まっており、徹底した品質管理のもと製造されているのもポイントです。大量生産が難しく、その分クオリティが高いものが揃っています。

ヘルノ(HERNO)
ヘルノのダウンコート

1949年から続く老舗ダウンブランドのヘルノ(HERNO)。もともとはレインウェアの製造から始まったブランドです。ハンドメイドにこだわりを持っており、伝統的手法での生産工程を現在でも固く守っています。

ラグジュアリーなデザインや、ディテールの細かさからも、ダウンに対する強いこだわりが感じられるでしょう。女性が着こなしやすい上品な印象のニュアンスカラーなども豊富に揃っています。また、ゴアテックスを使用したラミナラインなど、機能性に優れたライン展開もあります。

カナダグース(CANADA GOOSE)
カナダグースのダウンコート

1957年カナダで生まれたカナダグース(CANADA GOOSE)は、質実剛健という言葉がふさわしいダウンブランド。現在でも変わらずMADE IN CANADAにこだわった生産を続けています。

創業当時から、南極探検隊や登山隊などのプロフェッショナルに製品を提供し、彼らのフィードバックをもとに、より良い製品を作り続けています。

タトラス(TATRAS)
タトラスのダウンコート

タトラス(TATRAS)はミラノを拠点にイタリア、ポーランド、日本のコーポレートブランドとして2006年からスタートしたブランドです。ポーランド産のホワイトグースダウンを採用したり、マシンを使わずに人の手でダウンを採取することで高品質な羽毛のみを使用したりといった点から、品質へのこだわりが感じられます。

ダウン90%、フェザー10%という混率もタトラスのダウンコートの大きな特徴です。一般的なブランドに比べてダウンの割合が多く、軽くて空気をたくさん含むことができるため、やわらかい質感を実現しています。

ノースフェイス(NORTH FACE)
ノースフェイスのダウンベスト

1968年にアメリカのサンフランシスコで誕生したブランドのノースフェイス(NORTH FACE)。もともとは寝袋の開発で注目を浴びたアウトドアブランドです。当時のアウトドアファッションは機能性だけを重視したものが主流でしたが、ノースフェイスはおしゃれを取り入れたアウトドアウェアを提案しました。

ラグジュアリーなイメージの低いブランドではありますが、昨今ではシュプリームを始め、グッチやメゾンマルジェラといったラグジュアリーブランドとのコラボが注目されています。

機能性はもちろんのこと、ラグジュアリー×アウトドアと一見組み合わせが難しそうなテイストのコラボ商品も、しっかりとまとまりのあるデザインに仕上がっているのが魅力的です。

レディースダウンコートの選び方

ダウンコートは、3つのポイントを押さえて選ぶと自分に合ったものが見つけやすくなります。ダウンコートを選ぶ際に注目するべきポイントを紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

ダウンの定番色といえばブラック、ネイビー、グレー、ベージュなどの落ち着いたカラーが多いですが、その中でも圧倒的に人気なのはブラックとネイビーの2色。この2色は持っていて間違いない定番色なので、一着目のダウンコートにもおすすめです。

また、冬服は濃い色に偏りがちなので、ベージュのような明るめのカラーを選ぶ人も多くいます。明るいカラーを選ぶ際はグレージュなどのニュアンスカラーを選ぶと、明るくなりすぎず、コーディネートに取り入れやすいでしょう。

色と一緒に、光沢感にも注目してみてください。ダウンはもともとスポーティーなイメージの強いアウターです。光沢のある素材感のものは、スポーティーな印象をより強調しやすくなります。反対に、光沢の少ない素材はスポーティーさを抑えた印象になります。

着心地

着心地を大きく左右する要素は、軽さです。ダウンの暖かさと軽さを重視するのであれば、ダウンボールとスモールフェザーの割合が重要。ダウンボールの割合が多いほど軽く、暖かくなります。ただし、ダウンボールが多いと、その分商品の値段は高くなる傾向です。多くのブランドは、ダウンボールとスモールフェザーの性能やコストを考えたうえで、ダウンボール8:フェザー2の割合を採用しています。

また、ダウンの品質を量る際には、フィルパワーも重要なポイントとなります。フィルパワーとはダウンのかさ高を比べたものです。かさが大きいほど空気を多く含み、上質なダウンと評価されています。ダウンを握って離した時に、すぐに形状が戻るものはフィルパワーが高く上質と判断できます。

着丈

着丈は、自分に合ったダウン選びの大切なポイントです。特に女性は、普段どういったボトムスを履くかで合わせやすい着丈のチョイスが異なります。また、体型などによってもきれいに見える丈は変わるので、試着して慎重に選ぶのがおすすめ。

ロング丈のダウンコートはウエストやヒップを覆うため、防寒性に優れ、体系を隠せるといったメリットがあります。ワンピースやぴったりとしたボトムスに合わせるとバランスが良いです。

ショート丈のダウンコートはカジュアルなムードを作るのが得意です。ワイドパンツやロングスカートなどのボリュームのあるボトムスにも合わせやすいでしょう。小柄な女性は、ショート丈の方がバランスをとりやすいです。

ダウンコートのお手入れ方法

お気に入りのダウンコートを永く愛用するためにも、お手入れは欠かせません。ハイブランドのダウンコートはデリケートな素材を使用していることが多いので、品質を維持するためにも保管の仕方などに気を使いましょう。ここでは、ダウンコートのお手入れや保管方法を紹介します。

着用後は汚れと湿気を取る

ダウンコートを着用した後は、毛がやわらかいブラシでホコリを落とすようにしましょう。ブラシは、静電気除去効果のあるものが特におすすめです。

また、冬は汗をかきにくい季節ではありますが、着用後のダウンコートには汗や皮脂が付着しています。そのままにしていると汚れが蓄積して落ちにくくなるため、固く絞ったタオルなどで優しく拭いて汚れを落とすようにしてください。拭き終えた後はすぐにクローゼットに入れず、風通しの良い場所で陰干しして湿気を取り除きます。

洗濯はクリーニング店に頼む

ダウンコートの洗濯表示に、水洗い可や手洗い可のマークがあれば自宅での洗濯が可能です。ですが、ハイブランドのダウンコートは非常にデリケート。水に弱い素材を使っていることも多いので、自宅での洗濯はあまりおすすめしません。間違った洗濯をして劣化をさせないためにも、クリーニング店を活用してみてください。

ダウンコートのクリーニングが得意な店や、ブランド品専門のコースがある店を選ぶと劣化のリスクを少なくできるでしょう。

保管する時はカバーをかける

オフシーズンでダウンコートを長期間保管する時は、事前にクリーニングで汚れを落としてから、しっかりと乾燥させておきましょう。ハンガーは厚みと幅があるものを選ぶと型崩れしにくく、内部に空間ができてカビを予防しやすいです。

保管時は圧縮袋の使用は避け、不織布のカバーをかけてホコリや汚れを付着させないようにするのもポイント。また、クローゼット内の湿気にも注意が必要です。空間に余裕を保ち、除湿剤を使用したり定期的に空気を入れ替えたりするなどの対策をしておくのがおすすめです。

レディースダウンコートはリユースショップで探すのがおすすめ

ハイブランドのダウンコートでおしゃれを楽しむなら、リユースショップの活用がおすすめ。購入するだけではなく、不要なダウンコートを買取してもらうといった活用方法もあります。リユースショップの活用方法とメリットをチェックしていきましょう。

高額なダウンコートをリーズナブルに手に入れる

ハイブランドのダウンコートは高額です。しかし、リユースショップで探すとリーズナブルな価格での購入が可能。未使用でタグが付いているものも定価より安くなっています。人気で手に入りにくいアイテムも、リユースショップならお得に手に入れられるかもしれません。

ひとつのアイテムが循環していくリユースショップの利用は、ファッションアイテムの無駄な廃棄を防ぐことにもつながります。お得とサステナブルを両立できる、お財布にも地球環境にも優しい選択をしてみてはいかがでしょうか。

似合わなくなったダウンコートはサステナブルに手放す

着る機会がないダウンコートは、ゴミとして捨てずにリユースショップでの買取を検討してみてください。特にブランドのダウンコートの場合は、思わぬ金額がつくことも考えられます。

また、着ないダウンコートは、放置するのではなく早めに査定してもらうと高い金額がつきやすくなります。売ったお金を元手に、ダウンコートを新調してみてはいかがでしょうか。自分が不要であっても、誰かが必要としているかもしれません。捨ててしまうよりも、リユースショップでの買取の方がきっと充足感を得られます。

レディースダウンコートで寒い日もおしゃれを楽しんで

自分に似合うデザインのダウンコートを選べば、寒い日のおしゃれがより楽しくなります。ハイブランドのダウンコートはクオリティの高いものが多いため、お手入れを丁寧に行って永く愛用しましょう。クオリティの高いハイブランドのダウンコートを、サステナブルに楽しんでみてくださいね。

元記事で読む
の記事をもっとみる