1. トップ
  2. ヘア
  3. 白髪や薄毛…髪のお悩みを改善! ヘアケアのゴッドハンドが教える「辻式育毛マッサージ」

白髪や薄毛…髪のお悩みを改善! ヘアケアのゴッドハンドが教える「辻式育毛マッサージ」

  • 2022.11.19
  • 7475 views
頭皮マッサージ

白髪や薄毛は遺伝、または老化だから仕方ない…と思っていませんか。じつはこれらはひとつの要因でしかありません。髪の毛の若々しさを保つのは、食生活などの生活習慣に加え、“頭皮の血流”が大事になります。今回は髪のスペシャリスト、ヘッドスパ専門店「PULA(プーラ)」の辻敦哉さんの『「髪が増えるしくみ」から考案 頭皮が蘇るすごいマッサージ』から、髪の悩みの9割を解決できるという「辻式育毛マッサージ」をご紹介していきます。

頭皮が蘇る! 辻式育毛マッサージ

頭部を木にたとえると、養分をとり込む根にあたるのが、胸部。葉(髪)の端々まで栄養を届けるために、下流の肩まわりからほぐして、頭皮の血流の「滞り」を改善していきます。まずは肩と胸の筋肉をゆるめましょう。

STEP1 大胸筋ほぐし

 

ほぐす

(1) 人さし指と中指で鎖骨を挟むように手をあて、指をぐっと押し込む。肩甲骨から動かすイメージで、両腕を一緒に前方に1分間まわす。同様に後方にも1分間まわす。

流す

(2)左手の親指を、右胸の鎖骨から指3本ぶん下の位置にあて、ぐっと後方に押し開くイメージで胸の中心から外側に向かってらせんを描きながら1分間マッサージする。親指で押すと痛い場合は4指でさする。反対側も同様に行う。


STEP2 胸鎖乳突筋・ 僧帽筋ほぐし

頭の重さを利用して、ゆっくり首をストレッチしましょう。

ほぐす

(1) 頭を前に倒し、そのまま時計まわりに1周する。頭が前に戻ったら、反時計まわりに 1周する。

 

流す

(2)机やテーブルにひじをつき、左の首と頭蓋骨の付け根(後頭部のきわ)に左手の親指をあて、頭の重みを利用して、後頭部の富士山ラインのくぼみ(上図)に沿ってマッサージをする。滞った疲労物質を押し流すイメージで、痛気持ちいいくらいの強さで押す。1分間マッサージしたら、反対側も同様に行う。

※後頭下筋のマッサージは、頭部にまわる血流がよくなるため、飲酒後は行わない。
※高血圧の人は、投薬治療中であれば行ってOK。投薬治療をストップしている、長期間にわたり薬を飲み忘れている人は親指ではなく、4指でさするだけにすること。


STEP3 側頭筋ほぐし・ 前頭筋もどし

胸と肩、首の血流が改善されたら、いよいよ頭皮をほぐします。

ほぐす

(1)机またはテーブルにひじをつき、頭の重さを利用して力をかけ、もみあげと眼鏡のツルが交差するライン(奥歯を噛むとふくらむ、咬筋の位置)からまゆ尻までの側頭筋を30秒、円を描くように指でマッサージする。次に、こめかみから前髪の生え際に手根(親指の付け根)をあて、前頭筋を30秒ゆっくりと押し上げる。

もどす

(2)机またはテーブルに両ひじをつき、両手を組んで、まゆ毛の上の位置に手根(親指の付け根)をあてる。頭皮と筋肉を中央に寄せるイメージで、頭の重さを利用してぐっと頭皮を中央に寄せながらつむじに向かってA字形にマッサージする。 つむじまできたら、頭頂部をぐっとつかんで10秒キープし、パッと離す。

約2週間で髪の毛への効果を実感できるそう。草木が豊かに実る田畑と同じく、頭皮もふわふわとやわらかい状態が理想的です。フェイスラインがすっきりしたり、目がぱっちりしたりするなどよい変化があれば、それは髪が蘇る“前兆”。毎日続けて、豊かで美しい髪を育てましょう。

参考書籍

書影

『「髪が増えるしくみ」から考案 頭皮が蘇るすごいマッサージ』

文/庄司真紀

辻 敦哉[著]

プロフィール写真
つじ・あつや 1979年、埼玉県浦和市生まれ。埼玉県理容専門学校卒業、東京文化美容専門学校卒業、ロンドンTONI&GUYアカデミー修了。2006年リヴォーン株式会社入社。シブヤ西武百貨「THE REV-OWN」店長、営業推進部長を務める。独自の高い技術が、ゴッドハンドとして業界を賑わす。その後独立し、2011年にヘッドスパ専門店「PULA(プーラ)」をオープン。95%以上の人たちの髪のコンディションを改善して超人気店となり、半年以上予約がとれないほどに。2018年に「カラダの内側から髪を元気にするラボ」を立ち上げ、病的な脱毛症を改善する技術を提供している。2017年にはその実績が評価され、アジアの優れた起業家に贈られる「アジアゴールデンスターアワード2017」で、日本人で2人だけのマスター大賞を受賞した。著書に『世界一簡単な髪が増える方法』『育毛のプロが教える髪が増える髪が太くなるすごい方法』(アスコム)などがある。テレビ、ラジオ、雑誌など様々なメディアに多数出演。

[監修者]
コッツフォード 良枝(こっつふぉーど・よしえ)
美容外科・皮膚科医師、日本抗加齢医学会専門医、銀座禅クリニック院長。
山梨大学医学部卒業後、国際医療センター国府台病院を経て、日本医科大学麻酔科学講座に入局。2011年から皮膚科、美容皮膚科、美容外科に従事する。フジテレビ『バイキング』、毎日放送『林先生が驚く初耳学!』、テレビ東京『なないろ日和!』など多くのメディアに出演、活躍中。

元記事で読む
の記事をもっとみる