1. トップ
  2. おでかけ
  3. 余命2年から骨髄移植によって命を助けられた俳優が自ら演じる命の物語『みんな生きている〜二つ目の誕生日〜』

余命2年から骨髄移植によって命を助けられた俳優が自ら演じる命の物語『みんな生きている〜二つ目の誕生日〜』

  • 2022.11.19
  • 6516 views
余命2年から骨髄移植によって命を助けられた俳優が自ら演じる命の物語『みんな生きている〜二つ目の誕生日〜』
(C)2022「みんな生きている ~二つ目の誕生日~」製作プロジェクト

骨髄移植によって命を助けられた俳優・樋口大悟が自らの経験をもとに企画・原案・主演を務めた映画『みんな生きている〜二つ目の誕生日〜』が、12月10日より樋口の生まれ育った故郷で、本作のロケ地にもなった新潟県糸魚川市にて先行公開、2023年2月4日より全国順次公開されることが決定した。

単なる難病物ではない、新しい医療エンターテインメント

「助かるためには骨髄移植しかありません」。空手講師の桧山大介(樋口)はある日、稽古の最中に倒れて病院に運ばれると、白血病だと診断された。病気は彼の人生を大きく変えた。闘病生活のなかで体力は衰え、空手もそして恋人さえも彼のもとを去って行った。そしてドクターは言った。「助かるためには骨髄移植しかありません」。適合するドナーが見つからない中、彼を救うことができるのは、遠く新潟県糸魚川に住む桜井美智子(松本若菜)という女性だけだった。しかし彼女の家族は彼女がドナーになることに反対していた…。

25歳の時に急性骨髄性白血病で余命2年を宣告された俳優・樋口大悟が、骨髄移植によって命を救われた体験をもとに、自ら企画・原案・主演を務めた「いのち」の物語。白血病の青年と骨髄移植を依頼された女性。決して出会うことのない“患者”と“ドナー”、2人を支える人たちの葛藤を描く。

脚本・監督は、『ナースのお仕事』ほか数々の人気ドラマを手がけてきた両沢和幸。白血病の実態と骨髄移植への理解を深めたいという樋口の熱い思いに賛同し、企画段階から参加。ドナーの美智子役は松本若菜。優しくも強い意志を持つ一児の母を演じる。美智子の夫・高志役の岡田浩暉ほか、武藤令子、大西武志、森下能幸、池田良、中村久美ら実力派俳優たちが集結。また、日本骨髄バンクが初期段階から監修し、実際の医師や看護師の指導のもと撮影が行われた。

実際に苦しい闘病生活を体験した俳優自ら演じる圧倒的なリアリティ。そしてこれまであまり取り上げられることがなかった、骨髄提供者とその家族の葛藤。決して出会うことのない患者とドナーの目に見えないつながり。単なる難病物ではない、新しい医療エンターテインメントが誕生した。

劇場公開決定にあたって、主演の樋口は白血病と診断されてから今までの「20年間の思いをすべて込めました」と述べ、「この映画が一つでも多くの命が救われるきっかけになること、今この瞬間も同じ病気で苦しんでいる人達や、それを支えている人達の勇気や希望になる事を、切に願っています」とコメント。松本は、樋口のこの映画への熱い思いに「計り知れないものだと思いました。私はその気持ちを胸に、カメラの前でしっかりと生きねばならないという感情で居続けました」とつづっている。

『みんな生きている〜二つ目の誕生日〜』は、12月10日より新潟県糸魚川市にて先行公開、2023年2月4日より新宿K’sCinemaほか全国順次公開。

元記事で読む
の記事をもっとみる