1. トップ
  2. レシピ
  3. 食事も運動も!身体づくりのために日課にしている朝習慣3つ

食事も運動も!身体づくりのために日課にしている朝習慣3つ

  • 2022.11.19
  • 9330 views

朝を楽しむ「朝美人アンバサダー」のみなさんに、朝時間にまつわるお話を届けていただく連載です!

おはようございます。朝美人アンバサダーのmarikoです。

6歳と4歳のこどもたちと賑やかな日々を過ごす主婦です。

昨年のコラムは、私の朝の楽しみ方2つ(子供たちと食べる低糖質なおやつ作り、そのおやつを朝の自然光で撮影すること)のご紹介でしたが、今年は朝活について書かせて頂きます。

身体づくりのために日課になった!「モーニングルーティン」3つ

約3年前からパーソナルトレーニング(キックボクシング)を始めて、今春から週2回に頻度を増やしました。

キックボクシング
朝時間.jp

それにより身体づくりへの意識が高まり、健康や身体づくりのための毎日の朝活がルーティンになりました。

【ルーティン1】寝起きの身体や頭がスッキリ!「白湯を飲む」「肩甲骨のストレッチ」

1つ目は、まず体重計にのり、身体の状態を確認し、白湯を飲み、肩甲骨のストレッチをすること。

白湯と肩甲骨ストレッチで身体が温まり、眠気もスッキリします。

【ルーティン2】ヘルシーだけど満足感アリ◎「自家製グラノーラ」もしくは「玄米」を食べる
玄米おにぎり
朝時間.jp

2つ目は、朝ごはんに自家製グラノーラのヨーグルトボウルか玄米を食べること。

野菜、フルーツ、たんぱく質と一緒に、腸活になるオートミールや玄米を食べることで、ヘルシーに満足感のある朝ごはんを楽しんでいます。

おすすめの「スパイスグラノーラ」レシピ

私が無くなっては作ってを繰り返し、常備しているおすすめのの「スパイスグラノーラ」のレシピをご紹介します。

グラノーラ
朝時間.jp
〈材料 つくりやすい分量〉
  • オートミール 160g
  • きび砂糖 50g
  • 米粉 30g
  • 大豆粉 10g(米粉でも可)
  • シナモン 小さじ1程度
  • カルダモン 小さじ2分の1程度
  • クローブ 小さじ4分の1程度
  • お好みの油 30g(太白ごま油、菜種油、米油など)
  • 豆乳 40g(牛乳でも可)
  • ナッツ 50g程度(くるみ、アーモンド、カシューナッツ、パンプキンシード、ピスタチオなどお好みで
  • ドライフルーツ 50g程度
  • 高カカオチョコ 50g程度
〈作り方〉

—下準備—

・オーブンを170度に予熱しておく。 ・天板に、オーブンシートを敷いておく。 ・お好みでナッツを袋に入れて叩き崩しておく(そのままでも良い)。

1) 大きめのボウルに、オートミール、きび砂糖、米粉、大豆粉、シナモン、カルダモン、クローブを入れて、よく混ぜ合わせる。

2) お好みの油を入れて、全体に馴染ませるように混ぜる。豆乳を回し入れてよく混ぜ合わせる。

3) オーブンシートを敷いた天板に(2)を入れて満遍なく広げ、170度に予熱したオーブンで15分焼成する。

4) 一度オーブンから取り出し、焼き加減を均一にするため、スプーンで混ぜながら上下を返したり、真ん中と隅っこの場所を変えて、素早くオーブンに戻し(ローストされていないナッツがあればここで加える)、 160度のオーブンで15分焼成する。(混ぜる作業に時間がかかった場合は、オーブンは再度予熱をする)

5.)焼き上がったら、すぐにローストナッツ、ドライフルーツを加えて、冷まし、消毒した瓶や袋などに入れて、湿気ないように密閉し保存する。(常温4週間程度保存可能)

〈ポイント〉
  • ローストナッツを使用する際は、最後にドライフルーツと一緒に加えてください。
  • オーブンにより焼き加減が異なります。ご家庭のオーブンに合わせて、160度〜180度の間で調整してください。(または焼き時間を調整してください)
【ルーティン3】キッチンでできる!送迎後の「体幹トレーニング」

3つ目は、娘の幼稚園送迎をあえて自転車にし、帰宅後温まったところで、体幹トレーニングを行うこと。仕事でキッチンから離れられないことも多いので、キッチンマットの上でトレーニングをしています(笑)。

低糖質なお菓子作りと自然光撮影が一番楽しいことはずっと変わりませんが、健康管理のために、食事面だけではなく、運動を取り入れることで、より元気に過ごしています。

norikoさんの朝時間コラム
  • 低糖質なおやつ作りではじまる♪わたしの朝の楽しみ2つ

今回ご紹介してくれた朝美人アンバサダーさん

朝美人アンバサダー
朝時間.jp
marikoさん(フリーランス)

夫とこども2人の4人暮らし。家族の健康のため、なるべく無添加、栄養価を考えた食事を心がけています。また行事食、誕生日は欠かさず、力を入れるようにしています。季節の食材を使い、身体にやさしいお菓子、パンをテーマに、ワークショップを開催しています。健康維持のため、週1回キックボクシングに通いトレーニングしています。 ■Instagram:@mariko_lifestyle

朝美人アンバサダー2022のみなさんのプロフィールはこちら >>(https://asajikan.jp/ambassador_2022)

元記事で読む
の記事をもっとみる