1. トップ
  2. ファッション
  3. 【GIRLY派・八木アリサとCOOL派・堀田茜】トレンドのツイードを着まわしバトル♡

【GIRLY派・八木アリサとCOOL派・堀田茜】トレンドのツイードを着まわしバトル♡

  • 2022.11.19
  • 1437 views

英国レディの象徴とも言えるツイードは、ベーシックなアイテムを選ぶと古くさくなってしまうことも。ビスチェなどデザイン自体が旬なものか、サイズ感や色合いでこなれ感を出すなど、選びで洗練されることを着まわしで実証!


BATTLE TWEEDGIRLY派 八木アリサの着こなし

デニム×タートルニットの定番に
華を添える今どきなビスチェ

ビスチェは着まわし、タートルネックトップス¥19,800(BEIGE,/オンワード樫山 お客様相談室)、パンツ¥17,200(ローズバッド/ローズ バッド ルミネエスト新宿店)、バッグ¥55,000(BYFAR/H3O Fashion Bureau)、ブーツ¥26,400(ダイアナ/ダイアナ 銀座本店)

今年らしいリジッドデニムの濃度に対して、ペールトーンのタートルネックニットで透明感を際立たせるテクニック。さらにツイードの暖かみが加われば、秋冬の寒色も寒々しく見えない。

ビスチェ1枚の肌感を
ふんわりニットで包み込む

ビスチェは着まわし、カーディガン¥57,200(バイ マレーネ ビルガー/S&T)、マーメイドスカート¥27,500(TSURU By MARIKO OIKAWA)、バッグ¥90,200(BY FAR/H3O Fashion Bureau)、スニーカー¥10,890(New Balance/ニューバランスジャパンお客様相談室)

肌面積が多くなるビスチェ1枚も、落ち着いた素材のおかげでセクシーになり過ぎない。羽織りは素肌に滑らせるようにニットカーディガンを。ややルーズなトップスだから、ボトムはバランスのいいマーメイドで。

無垢なシャツドレスが目覚める
小さきトラッド柄

ビスチェ&シャツドレスセットは着まわし、ハイソックス¥1,540(Tabio)、バッグ¥42,900(ANTEPRIMA/WIREBAG/ANTEPRIMA JAPAN)、シューズ¥14,300(MERCURYDUO/MERCURYDUO ルミネエスト新宿店)

バルーンスリーブにミニ丈と、レディなあしらいを秘めたシャツドレス。そこにビスチェを重ねることで、トラッドなニュアンスが加わる。さらにウエストまわりをキュッと引き締めてくれるから、必然的にスタイルアップも可能。

【着回したのはコレ!】

グッドガールなツイードがミニ丈ビスチェで愛嬌たっぷりに。シャツドレスとのセットも嬉しい。ビスチェ&シャツドレスセット¥17,600(ダーリッチ)

左:ミニドレスはトレンドのロングブーツでバランスよくコーデ。キャミドレス¥13,970(LILY BROWN / LILY BROWN ルミネエスト新宿店)右:洒落感のあるラップ風デザインかつハイウエスト。どんなトップスとも好相性でこなれる。ミニスコート¥16,500(リランドチュール)

from Stylist 遠島有子さん
普段のコーディネートを変えずにNEOトラッドを取り入れたいなら、ビスチェやラップスカートなど旬なアイテムはもってこい。取り入れるだけで、シンプルコーデがトラッドかつ今っぽく見えます。


BATTLE TWEEDCOOL派 堀田茜の着こなし

ジャケットの品性で
きちんと見せる辛口な黒

ジャケットは着まわし、キャミドレス¥12,100(ACYM)、バッグ¥3,080(SPINNS)、イヤーカフ各¥15,950(共にベベット/ロードス)、ブーツ¥26,400(ダイアナ/ダイアナ 銀座本店)

ブラックのミニドレスに、レザー調のバッグとロングブーツ。これまでならファージャケットやメンズアウターでハズしていたところを、トラッドに引き寄せる新しいレイヤード。ツイード素材ゆえのかしこまった印象はあるけれど、肩落ちのルーズさでこなれ感もキープ。

カジュアルなニット&デニムに
背筋を伸ばすジャケットを

ジャケットは着まわし、ロゴニット¥16,280(ビームス ボーイ/ビームス 銀座)、タートルネックトップス¥9,350(MACPHEE/TOMORROWLAND)、デニムパンツ¥7,700(AZUL by MOUSSY/バロックジャパンリミテッド)、バッグ¥8,900(CHARLES& KEITH / CHARLES & KEITH JAPAN)、シューズ¥24,200(ドクターマーチン/ドクターマーチン・エアウエア ジャパン)

ロゴニットとワイドデニムが、大人かつレディになるジャケットの役どころがポイント。

清楚なジャケットでハズした
Y2Kなショート丈

ジャケットは着まわし、Tシャツ¥3,850(ACYM)、スカート¥14,300(MERCURYDUO/MERCURYDUOルミネエスト新宿店)、キャップ¥7,480(スポーティアンドリッチ/シップス インフォメーションセンター)、バッグ¥12,100(PETA + JAIN/ジャック・オブ・オール・トレーズプレスルーム)、ソックス¥990(靴下屋/Tabio)、ネックレス¥2,970(シースキー/ロードス)、スニーカー¥6,380(コンバース/コンバースインフォメーションセンター)

オーバーサイズから覗く、コンパクトなインナーの可愛さも明白。

【着回したのはコレ!】

柔らかな白に黒をきかせた上品な配色をドロップショルダーでルーズに。ゴールドボタンがアクセント。ツイードジャケット¥19,800(RANDEBOO)

上:ビッグシルエットの長め丈は、ミニスカとミニマルコーデをしてコンパクトにまとめて。ダブルジャケット¥31,900(Mystrada)、下:襟つきのシャツデザインがカジュアルでおハイソ過ぎない。モノトーンとゴールドボタンがクール。ジャケット¥26,400(CADUNE)

発色のいいグリーンと肌見せのデザインが、おしゃれ度を上昇。スカート¥35,200(アイレネ/リステア総合カスタマーサービス)

from Stylist 遠島有子さん
ツイードと言えば、まず最初に浮かぶのがジャケット。古風に見えない秘訣は、ちょっと大きめのサイズ感を選ぶこと。新しいバランスになって、今年のトレンドアイテムともマッチします。

photo_KISSHOMARU SHIMAMURA(model), MAYA KAJITA[e7](still)
styling_YUKO YOSHIMA
hair&make-up_MAYUKO SHIROUZU
model_AKANE HOTTA, ALISSA YAGI
text_ERI UMEDA
web edit_SWEETWEB
※記事の内容はスウィート2022年11月号のものになります。記載されている商品は販売終了している可能性があります。予めご了承ください。
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください。

元記事で読む
の記事をもっとみる