1. トップ
  2. メイク
  3. 暗髪でも浮かずに映える「メイクの仕上げ方」を伝授

暗髪でも浮かずに映える「メイクの仕上げ方」を伝授

  • 2022.11.18
  • 733 views

ダークトーンの髪色に映える“メイクアップの法則”とは?

メイクアップの法則
出典:byBirth

海外モデルのKendall Jenner(ケンダル・ジェンナー)やTaylor Hill(テイラー・ヒル)のように、流行りに関係なく洗練されたムードを漂わせることができる“暗髪”。

とはいえ意外にメイクアップとのバランスを取るのが難しく、顔だけが浮いた仕上がりになってしまったり、実年齢よりも老けて見られるといったお悩みの声も少なくはありません。

暗髪だからこそ際立つシャープな目鼻立ちや肌の透明感を活かしながら、違和感を残すことなく映えるメイクアップを施すためには、「色選び」や「抜け感づくり」を意識することが大切。さっそくその具体的な方法を見ていきましょう!

バーガンディリップ

バーガンディリップ
出典:byBirth

暗髪にさらなるモードな印象を纏わせるなら、深みのあるソフトマットな「バーガンディリップ」を取り入れてみるのがおすすめ。

このときブラシを用いて上唇の輪郭を丸くオーバー気味に縁取り、アイメイクはあえてヌーディーに仕上げておくことで、近寄りがたい強めな雰囲気を回避することができます。

タイトに結んだポニーテールやジャケットスタイルとの相性も抜群で、子供っぽさや野暮ったさを感じさせないクラシカルな表情を演出することができるはず。

ベージュメイク

ベージュメイク
出典:byBirth

限りなくナチュラルに暗髪に映える仕上がりを目指すなら、まつ毛と眉以外を「ベージュメイク」で統一するのがベター。

とはいえ影の薄い平面顔に見えてしまわないよう、自然な立体感を引き出すための下記のひと手間が欠かせません。

  • 顔全体に艶のあるピンク系の下地を仕込んでから、ニキビなどの肌荒れをコンシーラーで丁寧に隠す。
  • イエロー寄りのベージュチークを頬骨下からこめかみに向かってやや角度をつけながら入れ、境界線をブラシで軽くぼかす。
  • ブラウンベージュのアイシャドウは「クリーム」「パウダー」の2つの質感を使い分けながらアイホールに奥行きを出し、下まぶたの粘膜とまつ毛の間をベージュアイライナーで埋めて目の縦幅を強調する。
ブラウンベージュのアイシャドウ
出典:byBirth
  • ダークブラウンのアイブロウマスカラで眉の毛流れを整えながら、目元の印象を引き締める。
  • 唇はリップライナーで輪郭を描いてから内側に向かってブラシでぼかし、中央にセミマットなベージュリップを塗り重ねる。

複数の色を使わずとも、“影の立役者”であるベージュを主役として取り入れるだけで、カジュアルでありながらも芯のある聡明な顔立ちにアップデートすることができます。

ヌーディーピンクメイク

ヌーディーピンクメイク
出典:byBirth

アイシャドウ・チーク・リップを肌馴染みの良い「ヌーディーピンク」でワントーンにまとめるだけで、お堅い印象を持たれがちな暗髪でも浮いてしまうことなくキュートな雰囲気に早変わり。

漆黒のアイラインを目尻から跳ね上げるように引くことで、甘辛いコントラストがさらに相まって、その魅惑的なギャップに異性からの評価も急上昇するはずです。

ホワイトアイライン

ホワイトアイライン
出典:byBirth

目尻にのみやや跳ね上げた太めの「ホワイトアイライン」を引くことで、空気の澄んだ冬に似合う儚げな存在感が生まれ、シンプルでありながらも暗髪とのモノトーンなコントラストによって目元がより強調されるという嬉しいメリットも。

抜け感を作るためには頬や口元はあえてカラーレスに仕上げ、まつ毛上下には漆黒のマスカラをたっぷりと塗布しておきましょう。

アースカラーメイク

アースカラーメイク
出典:byBirth

自然界が織りなす絶景を彷彿とさせる秋冬らしい「アースカラーメイク」を暗髪で取り入れるなら、ベースメイクはあえて素肌感を残したままにしておくことが鉄則。

その上で凛としたカーキのカラーマスカラと、夕陽のように温かみのある健康的なオレンジチーク、そしてみずみずしい艶めきを放つシアーなオレンジリップを組み合わせることで、ボーイッシュな装いにも映える生き生きとした表情を引き出してくれること間違いなしです。

ピンクブラウンのアーチ眉

ピンクブラウンのアーチ眉
出典:byBirth

暗髪のお堅いイメージを打ち消しながら柔らかな親しみやすさを演出するなら、「ピンクブラウン」のアイブロウペンシルで緩やかなアーチ眉を描くのがおすすめ。

ほんのりピンクみを帯びていることによって、人懐っこさのなかに媚びない色っぽさも感じられ、マスク姿のままでも他者に高い好感度を与えることができるはずです。

ゴールドアイシャドウ

ゴールドアイシャドウ
出典:byBirth

ドレスアップしてお出掛けしたい日に重宝するのが、ジュエリーのように光り輝きながら暗髪に華を添える「ゴールドアイシャドウ」。

ボリュームタイプのマスカラで華麗に飾ったまつ毛と、お風呂上がりのようにみずみずしく透け感のあるベースメイク、そしてベージュ系のチークとリップを組み合わせることで絶妙な調和が生まれ、ホリデーシーズンにも相応しいドラマティックな仕上がりを実現することができます。

いかがでしたか?

品格と知性が感じられ、メイクアップ次第でさまざまな印象を自在に作り出すことができるのが“暗髪”ならではの魅力。

今回ご紹介したメイクアップの仕上げ方を、ぜひレパートリーに追加してみてください。

元記事で読む
の記事をもっとみる