1. トップ
  2. ファッション
  3. 【東京都港区北青山】「北陸」をテーマにした“うごく店舗”が登場。職人による実演や手仕事品の販売も

【東京都港区北青山】「北陸」をテーマにした“うごく店舗”が登場。職人による実演や手仕事品の販売も

  • 2022.11.15
  • 210 views

ワールドは、11月16日(水)~20日(日)の期間、グループの拠点となるワールド北青山ビル正面で、「北陸」をテーマに4つのブランド・店舗を集めた“うごく店舗”のイベント「半径2メートル。Neighborhood Contact vol.003」を開催する。

自らが会いに行き、商品を届ける

“うごく店舗”は、軽トラックに積載可能なダイハツ工業の変化自在の荷箱を活用した店舗。コンパクトであること、フレキシブルに世界観を伝えられることなどが特徴だ。

ワールドは、“ファッションには笑顔を届ける力がある”と信じ、自らが会いに行き、商品を届けるべく、この“うごく店舗”を展開。今回で第6弾となり、ワールド北青山ビルでの開催は3回目となる。

半径2メートルで出会う人と人・人とコト

今回の「半径2メートル。Neighborhood Contact vol.003」は、“半径2メートル”をちょうど良い心の関わり感と捉え、来店客一人ひとりと笑顔を共にしようというイベント。

半径2メートルという距離の中で人と人・人とコトが出会う“うごく店舗”に、ワールドグループの自社工場のひとつで新潟県南魚沼市にある「ワールドインダストリーニット ホールファクトリー」の商品や「北陸」というテーマで集めたブランド・店舗が登場する。

出店内容

今回の出店内容を紹介しよう。

縫い目のない縫製技術「ホールガーメント」で作り上げたワールドの「BEAUTE DE OPAQUE(ボーテドオペーク)」から、ホールガーメント リブクルーニット 8,250円(税込)とホールガーメント Vネックカーディガン 9,350円(税込)が登場する。

創業100余年、鋳物という産業に新たな轍を描きつづけている能作も出店。【片口・ぐい呑】盃 3,960円~、【カップ・タンブラー】7,150円~、【平皿・小皿】2,750円~など、テーブルウェア、インテリア、アクセサリーといったさまざまなアイテムを販売する(全て税込)。

また、モバイル工房の中で製造工程の実演を行い、実際に体験できるワークスペースも設ける。

富山県西部観光社 水と匠は、高岡銅器のコースターや和紙の名刺入れ、シルクのストールなど、伝統の技を活かしながら今の暮らしに合ったモダンなクラフト製品や手仕事品を多数紹介。【高岡銅器】モメンタムファクトリー・Orii 3,300円~、KISEN 13,300円~、【みつろうクリーム】尾山製材 828円~などを販売する。

食品では、人にも自然にも優しい一等米のお米とこだわり具材の高級おむすび専門店「OKU(おく)」が出店。

化学肥料や農薬を一切使用しない有機JAS認定、魚沼コシヒカリの中でも最高級の品質と評価され、日本でとれるお米の0.1%といわれるほど希少な塩沢産コシヒカリを使用したおむすびを各種300円~で販売する。

この機会に、“うごく店舗”で北陸の魅力を感じてみては。

■「半径2メートル。Neighborhood Contact」開催概要 場所:ワールド北青山ビル 1階正面 住所:東京都港区北青山3-5-10 時間:10:00~16:00

(Higuchi)

元記事で読む
の記事をもっとみる