1. トップ
  2. メイク
  3. 1日中しっとりが続く!「粉吹き肌」を防ぐベースメイクのコツ【応急処置法も】

1日中しっとりが続く!「粉吹き肌」を防ぐベースメイクのコツ【応急処置法も】

  • 2022.11.13
  • 2461 views

おはようございます。コスメコンシェルジュの稲毛登志子です。

お肌の乾燥が気になる季節。せっかくメイクしたのに、夕方頃、気がついたら肌が「粉吹き状態」になっていることも…。

パーティーやイベントなど人と会う機会が増えるシーズン。本格的に寒くなる前に、なんとかしたいものですよね。

そこで今回は、乾燥しにくいベースメイクのコツと、粉吹きしてしまったときの応急処置法をご紹介します。

粉吹きを防ぐ「化粧下地」の塗り方

朝のスキンケア後、すぐに下地を塗ると、メイクがヨレやすくなります。

ベースメイクを始めるベストタイミングは、スキンケアの後、しっとりしているけどベタベタしなくなった時。美容液などを塗った直後ではなく、ベタつきがなくなった頃に下地を塗りましょう。

そして、下地も季節に合わせた衣替えが必要です。

乾燥が気になるこの時期は、保湿成分が入ったうるおいのあるものがおすすめ。

下地
朝時間.jp

今回使ったのはrom&nd(ロムアンド)の「バックミートーンアップクリーム」。

保湿成分としてコメエキスを配合、肌への密着力が高く、次に使うファンデがぴたーっときれいにつくんです。

両ほほ・鼻・あご・おでこの5点に点置きしたら、力を加えないようやさしく伸ばします。

ムラなく伸ばせたら、両手で顔を包み込み、じわっとハンドプレスをしてなじませてくださいね。

ファンデーションも保湿重視で選ぶ

秋冬のファンデーションは、保湿力が高いリキッドやクッションファンデを選びましょう。

ファンデ
朝時間.jp

最近手に取ることが多いのは、TIRTIRの「MASK FIT ALL-COVER CUSHION」です。

日常的にマスクを使っているので、メイク崩れ防止機能が高いのはうれしい!そしてハイカバーだからコンシーラーを塗る手間が省け、忙しい朝にはもってこいです。

クッションファンデをきれいに塗るコツは、なんといってもパフの使い方。

パフをすべらせて塗るとツヤ感が薄れてしまうので、トントンとたたき込むように塗ります。

小鼻などの細かい部分は、パフを折って塗るとしっかりフィットするのでお試しを。

ファンデを塗り終えたら、先ほどと同じようにハンドプレスをして肌になじませましょう。

【応急処置法】粉吹きに気が付いたら…

メイク直し中、粉吹きに気が付いたときは、すぐに応急処置をしましょう。

コットン+乳液
朝時間.jp

コットンに乳液を含ませて優しく拭けば、乾燥してかさついた肌にうるおいを与えることができます。

そのあとフェイスパウダーをふわっとのせれば完成。乳液で拭く時は、強い力を加えないでくださいね。

秋冬に粉吹きがしやすい方は、メイクポーチに乳液とコットンを忍ばせておくと安心できると思います。

***

いかがでしたか?

今回は粉吹き肌を防ぐベースメイクのコツと、メイク直しでの応急処置法をお届けしました。これから寒くなりますが、うるんとした肌で過ごしましょう♪

☆この連載は<毎週日曜日>更新です。次回もどうぞお楽しみに!

元記事で読む
の記事をもっとみる