1. トップ
  2. おでかけ
  3. 【篠原ともえ連載Vol.19】東京ADC賞受賞!革の着物BOOKをつくる

【篠原ともえ連載Vol.19】東京ADC賞受賞!革の着物BOOKをつくる

  • 2022.11.10
  • 616 views

日本タンナーズ協会との協働で2021年から制作を開始し革きゅんで公開された、エゾ鹿革による着物作品「THE LEATHER SCRAP KIMONO」が、2022年度東京ADC賞を受賞いたしました。

東京ADC賞は日本における広告やグラフィックデザインの最高峰の広告賞で、今年は約6,000点の応募の中から10組の受賞作品が選出されました。

今回の大変光栄な賞は、グラフィックづくりをともに制作した、STUDEOデザイナーの香川真知さんとの連名受賞。デザイナーになり人生で一度でもいいから東京ADC賞を受賞できたらと、憧れすぎていた賞でしたので胸がいっぱいです……!

これに先立ち「THE LEATHER SCRAP KIMONO」は今年5月に国際的な広告賞である第101回ニューヨークADC賞にて、ブランド・コミュニケーション部門・銀賞、ファッションデザイン部門・銅賞を受賞し、おかげさまで大きな反響をいただきました。

東京ADC賞受賞作品は東京・銀座で開催される「日本のアートディレクション展 2022」に11月30日まで展示されています。ここでは革の着物の実物とともにSTUDEOチームで制作したBOOKもご覧いただけます。ADC会員であり今回の東京ADCグランプリを受賞された、アートディレクター・大貫卓也さんによるエントランスのデザイン、フライヤーなども必見です。

東京ADC賞は日本を代表するアートディレクター82名の厳しい審査を経て決定される賞。選び抜かれた受賞作品、優秀作品は展示の後「Art Direction Japan / 日本のアートディレクション」(旧称:『ADC 年鑑』)としてまとめられ、刊行されます。広告界の素晴らしい作品がたくさんご覧いただける貴重な一冊です。

この作品展示は、広告・デザイン界で注目されているイベントのひとつで、日本の広告やグラフィックデザインの先端の動向を反映し、国内外の注目を集めています。同展は来年、長野県・石川県への巡回も予定しています。

展覧期間中には、制作のプロセスを解説するトークイベントも開催させていただきます。モデレーターにADC会員の永井裕明さん(N.G.inc)をお迎えし、香川さんとともに完成に至るまでの制作エピソードを細やかにご紹介していきますのでどうぞお楽しみに!

この度の受賞にあたり、日本の皮革産業の技術力と、受け継がれてきた職人技を世界の舞台で披露し、高い評価をいただくことは本当に光栄だと感じています。是非実物を多くの方にご覧いただきたいです。

『日本のアートディレクション展 2022』会期:2022年11月1日(火)〜11月30日(水)会場:クリエイションギャラリーG8東京都中央区銀座 8-4-17 リクルート GINZA8 ビルhttp://rcc.recruit.co.jp/g8/exhibition/2211/2211.html開)11:00〜19:00休)日、祝入場無料

ADC賞受賞「THE LEATHER SCRAP KIMONO」スタッフトーク日時:11月16日(水)19:10〜20:40会場:クリエーションギャラリーG8出演:篠原ともえ・香川真知(STUDEO)、永井裕明(N.G.inc)事前登録制(先着順)。*YouTubeライブ配信予定。http://rcc.recruit.co.jp/g8/related_post/event/20221101_47263.html

長野巡回展『日本のアートディレクション展 2022』会期:2023年1月8日(日)~ 2月4日(土)会場:市立小諸高原美術館・白鳥映雪館長野県小諸市大字菱平2805−1開)9:00~16:00休)月(祝日の場合は開館)、祝日の翌日入場無料*革着物の実物展示はありません

元記事で読む
の記事をもっとみる