1. トップ
  2. 鍋は引き出しに収まる数だけ。片手で取り出せる引き出しのアイデア収納

鍋は引き出しに収まる数だけ。片手で取り出せる引き出しのアイデア収納

  • 2022.10.30
  • 2887 views
鍋は引き出しに収まる数だけ (C)yukiko/KADOKAWA
鍋は引き出しに収まる数だけ (C)yukiko/KADOKAWA

注文住宅で、こだわりを詰め込んだマイホーム。そんな大切な家を、家族みんなが「帰りたくなる」居心地の良い状態にキープするため、常にスッキリ&掃除も行き届いた空間を保ちたい! 誰もが思うことかと思います。

「自分の性格が大雑把なのをわかっている」というブロガー・yukikoさんが、どうしたら家事や収納がラクになり掃除がしやすくなるかを考え、工夫した結果たどり着いたのが 「シンプルにするほど どんどんラクになる!」 ということ。

yukikoさんが試行錯誤しながら見つけた オススメの方法やアイデアをご紹介します。

※本記事はyukiko著の書籍『ほんとうに必要なものしか持たない暮らし Keep Life Simple!』から一部抜粋・編集しました

◆PLAN◆ 片手で取り出せる引き出しのアイデア収納

キッチンカウンター下の仕切りがない大きな引き出しの収納は工夫が必要。

特に鍋やフライパンは形も様々なので難しいアイテムです。

以前、鍋スタンドを使っていましたが、出し入れするたびにガッチャガッチャと鍋同士がぶつかり、その音で寝付いた娘が目を覚まして、私のプチストレスでした。

収納を見直し、塩化ビニール素材のファイルボックスを活用したら、ガチャ音がなくなりました。

▶鍋は引き出しに収まる数だけにしています

鍋は引き出しに収まる数だけ (C)yukiko/KADOKAWA
鍋は引き出しに収まる数だけ (C)yukiko/KADOKAWA

キッチンカウンターいちばん下の仕切りのない引き出し。

鍋はすべてここに収納し、収まる数だけにしています。

隙間にまな板もイン。

▶ソフトな書類ケースなら重い鍋を入れてもガチャ音がしない

静かにスッと出せるって気持ちイイ! (C)yukiko/KADOKAWA
静かにスッと出せるって気持ちイイ! (C)yukiko/KADOKAWA
ソフトな書類ケースなら重い鍋を入れてもガチャ音がしない (C)yukiko/KADOKAWA
ソフトな書類ケースなら重い鍋を入れてもガチャ音がしない (C)yukiko/KADOKAWA

片手鍋やフライパンは折りたたみ式の塩化ビニール製「ファイルボックス/モノトーン」に立てて収納。

ソフトな素材なので持ち手に合わせてはさみでカットも可能。

重い鍋を置いてもガチャ音がしません。

▶醤油・みりんはボトルのままお盆も立てて収納

調味料ボトル、お盆やパスタなども上から見渡せて出し入れが便利 (C)yukiko/KADOKAWA
調味料ボトル、お盆やパスタなども上から見渡せて出し入れが便利 (C)yukiko/KADOKAWA

「奥のものを取り出すために、手前のものをどけて」をしなくていいように深い引き出しを利用した縦の収納。

調味料ボトル、お盆やパスタなども上から見渡せて出し入れが便利。

▶ポリ袋も片手で引っ張り出せる

ポイントはポリ袋の中心に段ボールを1 枚挟んでおくこと (C)yukiko/KADOKAWA
ポイントはポリ袋の中心に段ボールを1 枚挟んでおくこと (C)yukiko/KADOKAWA

ポリ袋は片手で取り出せるよう白の「キッチン消耗品用ケース」に入れ換えます。

ポイントはポリ袋の中心に段ボールを1 枚挟んでおくこと。最後まで型崩れせず取り出せます。

著=yukiko/『ほんとうに必要なものしか持たない暮らし Keep Life Simple!』

元記事で読む
の記事をもっとみる