1. トップ
  2. メイク
  3. アラフォーさんは要注意!眉がイマイチな人がやりがちな眉メイクのNGステップ4選

アラフォーさんは要注意!眉がイマイチな人がやりがちな眉メイクのNGステップ4選

  • 2022.10.30
  • 7834 views

美容ライターの遠藤幸子です。なかなか思うような眉に仕上がらない…そんな悩みを抱えていませんか?その原因は、もしかしたらステップの順序に問題があるのかもしれません。今回は、アラフォーさんがやりがちなアイブロウメイクのNGステップと、その解決方法をご紹介します。

【アイブロウメイクのNGステップ①】スクリューブラシは仕上げにのみ使う

スクリューブラシは眉を濃く描きすぎてしまったときのぼかしとして使えますが、それだけに使うものではありません。

アイブロウメイクのファーストステップとして、まず眉の毛流れを整える必要があります。スクリューブラシはこの役割を果たすために、最初に使いましょう。

【アイブロウメイクのNGステップ②】眉頭から描く

眉頭から眉尻に向かって描いていく方が多いのではないでしょうか?しかし、この描き方だと眉頭が濃くなってしまい、海苔のようなのっぺりとした眉に仕上がりがちです。

立体感のあるナチュラルな眉に仕上げるためには、眉の中央部分から眉尻、眉頭というように描いていくのがおすすめです。

ただし、眉の足りない部分が多い方や左右対称に描くのが難しい方は、先に眉の形を作ることでバランスが取りやすくなります。

その場合は眉山・眉尻の終わりに軽くペンシルで印をつけ、それを元に輪郭を薄く描くと、理想の眉に仕上げやすくなります。

最後に必ず描いた部分が自然になじむように調整することをお忘れなく!

【アイブロウメイクのNGステップ③】柔らかい印象に仕上げたいのにペンシルで描き始める

眉を濃く描いて意思の強そうな印象に仕上げたいのか、逆に眉を薄く描いて柔らかい印象に仕上げたいのかでアイブロウメイクのステップも変わります。

眉を濃く描いて意思の強そうな印象に仕上げたいなら、ペンシルで描き始め、眉の隙間をパウダーで埋めるのがおすすめです。

しかし逆に、眉を薄く描いて柔らかい印象に仕上げたいのなら、ペンシルで描き始めるのはNG。パウダーで描き始め、後から足りない部分をペンシルで補うようにしましょう。

【アイブロウメイクのNGステップ④】マスカラを重ねて完成

眉の形をパウダーやペンシルで整えておおよそ仕上げたら、アイブロウマスカラの出番。とはいえ、アイブロウマスカラは必ずしも使わなければならないものではありません。

しかし、アイブロウマスカラを重ねることで地眉と描いた部分とをなじませふんわりと見せたり、色のニュアンスチェンジをして垢抜けて見せたりすることができるのでおすすめのアイテムです。

マスカラは、パウダーやペンシルで仕上げたその後に基本的には使うアイテムです。しかし、それでアイブロウメイクが終了するのはNGと言えます。

なぜなら、眉の毛流れを最後に整えたり、マスカラの液を均一になじませる必要が出たりするからです。

最後に必ずスクリューブラシを使い、眉の毛流れを整えてアイブロウメイクのフィニッシュとしましょう。

いかがでしたでしょうか。この機会に眉の形や色だけでなく、ステップの順序についても意識して、ぜひご自分のアイブロウメイクをアップデートしてみてください。

元記事で読む
の記事をもっとみる